12月号

司祭のことば 今月の予定 ご報告 その他

司祭のことば
  教会の入口

 ヨーロッパの大きなカテドラルでは、洗礼盤は常に教会堂の入口(玄関)にあります。以前には、教会の神聖な場所に入る前に、誰もが洗礼を受ける必要がありました。洗礼を通して人々は神の子供となり、そしてはじめて神の家に入ることが出来たのです。ですから玄関は単に教会の入口だけではなく神の王国への進入路でもあったのです。目黒教会も同じ様に、教会の後部に洗礼盤をおくよう、設計されました。
 当教会の洗礼盤のある小さな場所は極めて暗いです。ですからそこが教会の入口だとなかなか認識することができません。しかしこの待降節の時期にあたり、そこをもっと詳しく見るために少々時間をとってみてはどうでしょうか。左手には、自分の犯した罪のためにエデンの園をおわれるアダムとエバの画が、中央には出エジプト時に海を渡った後のモーセの画が、そして右手にはヨハネより洗礼をうけるイエスの画があります。これが伝えることは、罪によって我々は神への近づきを失うが、それにも関わらずイスラエルの民が選ばれたものとなり神との契約を結ぶ、しかしこれは罪から解放されたものではない、むしろ洗礼こそが、我々が罪から解放されイエスキリストとともに新しい生命にはいり、もう一度神を、わが父を呼ぶことが出来るようになったということを伝えているのです。
 待降節の間、この場所は待降節のリース(花輪)で飾られます。このリースには、降誕祭のために我々が特別に準備する期間である待降節を象徴する4本のパープルのローソクが付けられます。第一週に最初の一本が灯され、そして救世主の降臨を待ちこがれ煌煌と輝く4本になるまで、毎週一本ずつ増えていきます。同様に待降節のあいだ我々は祈ります。我々のハートがクリスマス、すなわちキリストのミサ、を待ち焦がれ煌煌と燃え広がることでしょう。
 洗礼が教会に入るしるしであるように、リースはクリスマスシーズンに入るしるしです。我々が罪から解き放されるために、信仰を強めるのに役立つ神の特別の祝福をいただきます。古い年から解き放されるために、新年を導いてくださる神の光を我々はお願いします。
        
 主任司祭    レオ・シューマカ  

TOPへ


今月の予定


初金ミサ  12月 4日(金)
 10時より小聖堂にて行います。
宣教地司祭育成の日の特別献金  12月 6日(日)
 この日の献金はローマ教皇庁に集められ、全世界の宣教地の司祭育成のために援助金として送られます。なお、一粒会献金は今月はお休みです。
クリスマス前の大そうじ  12月19日(土)
 午前10時〜 クリスマスを気持ち良く迎えるため、多くの方のご協力をお願いいたします。雑巾をお持ちください。
第1、4地区合同集会  12月20日(月)
  10時ミサ後コーヒーサンデーの会場で、来年1月10日の新年会の打ち合わせを行いますのでお集まりください。
    
TOPへ


ご報告

 
  ご報告
 11月15日のミャンマー教会のためへの特別献金175,490円は、11月27日に大司教館へ送金いたしました。ご協力ありがとうございました。
品川区社会福祉協議会より感謝状
 バザー収益金の一部を品川区の作業所へ寄附したことに対し、10月23日継続寄付者として感謝状と記念品を贈呈されました。
ペットボトルのキャップ第20回目の回収報告
10月22日に回収された分の報告をいたします。
  ポリオワクチン、70人分
  CO2削減、424.3kgです。

 皆さまがいつも心をこめて集めてくださるおかげでここ数ヶ月ほぼ今回同様の支援が続けられます。皆さまのご協力に感謝いたします。
 今後ともよろしくお願い致します。
ヌヴェール愛徳修道会 目黒共同体  

TOPへ


その他

目黒教会クリスマスコンサート
12月5日(土) Christmas Charity Concert
開演:17:15 聖劇とキャロル
     18:30 英国大使館、合唱団
         入場無料(自由献金)
家族そろってお楽しみください

12月19日(土)クリスマス・チャリティーコンサート
〜クリスマスのクラシック音楽と世界のキャロル〜
開場:17:30  開演:18:00  入場無料(自由献金)
目黒教会聖歌隊、聖アンセルモ・グレゴリオ聖歌隊
病人、高齢者への訪問
 病気のため、高齢のために教会にいらっしゃることができない方たちのために、御聖体をおもちいたします。ご希望される方、またそのような方をご存じの方は司祭までご連絡ください。
交通費などのお心遣いは必要ございません。

受洗 1名 転入 2名
結婚 1組 転出
帰天   住所・その他変更 3件
詳細は、お知らせ12月号(印刷版)をご覧ください



このぺージTOPへ
各号へジャンプします
2009年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号
2008年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2007年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号  12月号
2006年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2005年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2004年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2003年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2002年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2001年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2000年 10月号 11月号 12月号