8月号

司祭のことば 今月の予定 ご報告 その他

司祭のことば
  ヒマラヤ帰りの神父様

 以前、ネパールを旅した時にお世話になったイエズス会の大木章次郎神父様が、日本カトリック神学院のすぐ隣にあるイエズス会上石神井修道院に滞在しておられると伺い、さっそくご挨拶に駆けつけました。
 大木神父様は、ヒマラヤの麓ネパールのポカラという町で、ハンディキャップをもつ子供たちの教育に三十年以上も携わってこられた方で、八十三歳になった今年、サバティカルで帰国されたのです。伺えば、ネパールでの三十余年はまさに苦難の連続で、禁じられている宣教活動を疑われて官憲に出頭を命じられたり、体制に荷担していると決めつけられて反政府勢力に暗殺を予告されたりもしたそうです。ところが、どう対処していいか分からないまま神様にすべてを委ねると、不思議にも思いがけない解決が与えられ、「何をどう言おうかと心配してはならない。そのときには、言うべきことは教えられる」という聖書の御言葉は今もいきているのだと実感されたそうです。
 ネパールでは、昨年の革命でようやく信教の自由が認められるようになり、再来年には念願の聖堂を建てることが決まって、大木神父様の帰国はその資金調達のためでもあるようでした。
 「では、ネパールにはいつお戻りになるのですか?」と伺うと「さぁ、分かりません」と意外なお返事、「だって教会を建てたらミサをしないとだめでしょう?」と問うと、神父様は「それは神様が決められること、この隣にあるロヨラハウス(イエズス会の老司祭の家)に行けとお命じになるかもしれません」とこともなげに仰るのでした。
 話を伺って、私は雷に撃たれたようになりました。すべてを、自分の夢や希望も含めてあらゆることを神様に委ね、その成否をも神様の御意思として引き受ける、そのような態度こそ真のキリスト者の在り方であると気づかされると同時に、自分の好みばかりを優先し、苦労に対して不平しか出てこなかった己の不明に深く恥じ入らされたからです。
 そんなわけで、目黒教会での私の一年間の助祭奉仕も、すべて神様に委ね、捧げていく決意でおりますので、皆様どうぞよろしくお願い申し上げます。
 助祭  伊藤 淳  

TOPへ


今月の予定


一粒会献金  8月 2日(日)
  今月は5日、第1日曜日のミサ献金の半分を神学生養成のための一粒会献金といたします。ご協力ください。
初金ミサ  8月 7日(金)
 10時より小聖堂にて行います。
聖母被昇天の祭日  8月15日(土)
ミサは7:30、19:00。
平和旬間2009
「平和を実現する人々は幸い」
− 貧困と闘い、平和を築く −
2009年8月6日(木)〜15日(土)
平和旬間2009にあたって
 1981年、教皇ヨハネ・パウロ二世は、広島の地で「戦争は人間の仕業です」と説き、全世界に向かって平和を呼びかけられました。これに応え、日本の司教団は、広島の原爆記念日(8月6日)から、長崎の原爆記念日(8月9日)を挟んで、終戦記念日(8月15日)までの10日間を『平和旬間』と定め 、平和のために祈り、平和について学び、行動する期間としました。
 そして、2009年、教皇ベネディクト十六世は『世界平和の日』にあたってのメッセージを、「皆様の心を広げて、貧しい人の必要にこたえ、可能なあらゆる実践的手段を用いて貧しい人を助けてください。『貧困と闘うことが、平和を築く』。だれもこの格言の真理にあがらうことはできません。」と結んでいます。この教皇の言葉と私たちを取り巻く現実とをふまえて、東京教区の平和旬間委員会は今年のテーマを「貧困と闘い、平和を築く」とすることにしました。
※行事の詳細はパンフレットまたは掲示板をご覧ください。
    
TOPへ


ご報告

 
  ご報告
 聖ペトロ聖座への特別献金185,740円は、7月7日大司教館へ送金いたしました。ご協力ありがとうございました。
ペットボトルのキャップ第16回目の回収報告
 6月はじめに回収された分の報告をいたします。
  今回は、135kg(約54,000個)で
  ポリオワクチン、67.5人分
  CO2削減、524.3kgです。

 教会に届けてくださるキャップを大きな袋に入れかえながら「ちりもつもれば山となる」という諺が浮かんできます。小さなビニール袋に5、6個入っているものなどなどさまざまあり皆さまが心をかけて集めてくださっていることが伝わってきます。
 これくらいでは役に立たないだろうとか、これくらいは棄ててしまおうと、小さいもの、些少なことをおろそかにしないでいきたいものと教えられています。
ヌヴェール愛徳修道会 目黒共同体  

TOPへ


その他

港・品川宣教協力体合同堅信式
 10月18日(日)岡田大司教司式のもと10:00より目黒教会でおこなわれます。
 中高生の対象者には堅信勉強のご案内と申込書、2003年以降の成人受洗対象者には申込書をすでに発送いたしました。申込締切日8月30日(日)までに、必要欄をすべて記入の上、事務所にご提出ください。締切日厳守です。その他の受堅希望者は、聖堂うしろに用意しました申込書のA、B欄を全て記入の上、ご提出ください。
第3地区と第5地区の打合せ
 9月6日(日)11時頃より約1時間くらい、コーヒーサンデーの会場で「人生の実りに感謝する集い」パーティーのための打合せを行います。関係される方はご出席ください。
教会事務所の夏休み
 教会事務所は8月の水曜日、木曜日と12日(水)から21日(金)までお休みいたします。種々の手続きは、この期間を除いた日にお願いします。この期間中、維持費はミサ中に廻される献金籠の中に入れるか、司祭に直接お 渡しください。
病人、高齢者への訪問
 病気のため、高齢のために教会にいらっしゃることができない方たちのために、御聖体をおもちいたします。ご希望される方、またそのような方をご存じの方は司祭までご連絡ください。
「DV・トラウマについて、女性のためのこころのcare講座」
    12回目 「自尊心」
場所:当教会 司祭館1階集会室
日時:8月7日(金) 10時〜12時 (事前の申込は不要)
主催:NPO法人レジリエンス  
映画『日本26聖人』上映会
 ラブステップの活動5周年記念として映画上映会を行います。26殉教者をテーマに昭和6年に撮影されたものです。当時の豪華俳優陣が出演しています。大変貴重な映像でもありますので皆様にご覧頂きたく企画いたしました。どうぞお越しください。
  日時:8月30日(日) 11:20頃より
  場所:アンセルモホール
 ラブステップ  

受洗 1名 転入
結婚 転出
帰天 2名   住所・その他変更 1件
詳細は、お知らせ8月号(印刷版)をご覧ください



このぺージTOPへ
各号へジャンプします
2009年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号
2008年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2007年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号  12月号
2006年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2005年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2004年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2003年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2002年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2001年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2000年 10月号 11月号 12月号