4月号

司祭のことば 今月の予定 ご報告 その他

司祭のことば
 トルコ巡礼
 主の御復活おめでとうございます。

 私の初めての巡礼は、修道会に入る96年の春にサンチャゴ・デ・コンポステラで100q徒歩での体験でした。今回は、2回目の巡礼で、2月27日から2週間かけて、パウロの足跡とヨハネの教会への巡礼に行ってまいりました。現在のトルコ共和国です。今年は、ワールドユースデー(WYD)というのがオーストラリアで開催され、青少年委員として東京教区司祭としての参加が余儀なくされるので、予行練習を兼ねて先輩神父が行けなくなった代行神父としての参加となった次第でした。
 巡礼参加者は、真生会館に出入りする学生と社会人、フリーターの面々で、シガレ神父様と私の総勢15人でした。巡礼は、本来足を動かし、汗を流し、同行の人たちとの分かち合い、祈りながら聖地に向かって行く旅ですが、パウロが第2回、第3回の宣教旅行で立ち寄った地に赴き、その場所(遺跡)で皆で聖書読み、分かち合いをしながらのバス移動巡礼でした。徒歩に比べると楽は楽ですが、何にせ青年たちとの交流会が深夜に及ぶことがなければ楽勝です。1日バスの移動が2〜4時間、最高7時間もの移動で、バスの中での仮眠なくしては体が持たない旅でした。総行距離は優に2,400kmを超しました。
使徒言行録にあるパウロの痕跡を辿りながらの巡礼で、行く先々使徒言行録を紐解き、朗読し、短い説教をすべてシガレ神父様から振られ、させて頂きました。遺跡として残っているところ、全く何も残っていないところもありました。ただ、看板だけがある遺跡でただの丘になっていました。また、ヨハネが作った教会にも足を運び、ヨハネ黙示録に出てくる7つの教会の遺跡に全て行ってきました。
 中でも、聖母マリア様が晩年過ごされたというマリアの家にも行って来ました。このマリアの家は、18世紀にドイツのアンナ・カテリーナというシスターが天啓を受け、訪れたことのないエフェスの石造りの家の様子を語り出し、その後何人かの聖職者により家探しが始まり、アンナの語った通りの家を1891年に探し当てました。その後の調査では、家の土台は1世紀のものであることがわかっています。1967年にローマ法王パウロ6世がここでミサを行い、この家の存在が世界に認められたという経緯があります。中は小さな御聖堂になっており、イスラム教の方々も祈っておられました。ルルドと同じように、泉がわき、奇跡を起こすとされています。また、短冊のようなものに願い事を書くと叶えられるとされていました。今は、シスター方が管理しておられるようでした。
 ガイドさんの体験ですが、ある日本人の婦人たちを聖母の家に案内したところ、家の中で珍しく白のスカーフで白装束の人が、ヘブライ語の祈りの本を片手に祈っていたそうです。その日本人たちは、彼女に会釈して、その家を見学し、そこからエフェソの広大な遺跡に移ろうとしたとき、彼女たちは、ガイドさんにこう云ったそうです。「今日は、もうマリア様にお会いできたので満足ですので、後の見学はキャンセルします。」と。ガイドさんが事情を良く聴くと、このツアーの一人の人が、昨晩夢でマリア様とお会いできると伝えられたそうで、皆半信半疑で行ったところ、まさに夢で伝えられたように白装束で祈っておられる聖母にお目にかかることが出来、皆心の中からの充実感のような満足感を体験されたので、これ以上の見学はしたくないと思いキャンセルしたいと聴かされたといっておられました。
 聖母マリア様は、神様によって被昇天されましたから、まさに永遠のときを生きておられるのですから、今なお私たちの前にお姿を現しても不思議ではないと私は思いました。WYDの予行練習にはとても良い巡礼で、トルコ料理、ハマム(トルコのサウナ)に支えられたよき時を過ごさせていただきました。
  助任司祭   渡邉 泰男 

TOPへ


今月の予定


  一粒会献金  4月 6日(日)
 今月は6日、第1日曜日のミサ献金の半分を神学生養成のための一粒会献金といたします。ご協力ください。
聖アンセルモの祝日  4月20日(日)
 10:00よりベネディクト会の司祭と一緒に祝日のミサを捧げます。
地区集会  4月20日(日)
 10:00のミサ後、第1地区の集会をコーヒーサンデーの会場にて行いますので第1地区の方はご出席下さい
    
TOPへ


ご報告

 
  ご報告
 四旬節愛の献金はヌヴェール会よりの献金を含めて207,132円、3月18日大司教館に送金いたしました。
ご協力ありがとうございました。
ペットボトルのキャップ集めにいつもご協力ありがとうございます。
 第2回目は59.8Kg集まり3月1日にお渡しいたしました。今回の分は「世界の子どもにワクチンを」日本委員会に30人分のワクチン代として寄付することができました。これからも第1、第3日曜日コーヒーサンデーの会場にお持ちください。よろしくお願いいたします。
ヌヴェール愛徳修道会  

TOPへ


その他

  病人、高齢者への訪問
 病気のため、高齢のために教会にいらっしゃることができない方たちのために、御聖体をおもちいたします。ご希望される方、またそのような方をご存じの方は司祭までご連絡ください。
「DV・トラウマについて、女性のためのこころのcare講座」
    8回目 「人との関係  2.コミュニケーション」
場所:当教会 司祭館1階集会室
日時:4月4日(金) 10時〜12時 (事前の申込は不要)
※くわしくは聖堂入口の掲示板をご覧ください。
主催:港品川宣教協力体福祉連絡会  
初聖体
 5月25日(日:キリストの聖体)10時のミサの中で子どもたちの初聖体を予定しています。初聖体は子どもたちにとって大きな恵みの時です。この恵みを子どもたちが喜びのうちに迎えることができますようご協力ください。初聖体を受けることができるのは現在小学校1年生以上で、初聖体をまだ受けていない子どもです。初聖体のための準備は日曜学校の中で行われます。なお、日曜学校に参加できない場合は、渡辺神父に遠慮なくご相談ください。
英国大使館合唱団チャリティーコンサート
 「音の架け橋〜日英の合唱曲」
 パイプオルガンによる英国教会音楽
   日時:5月31日(土)午後6時開演
   会場:カトリック目黒教会 聖堂
   指揮:スティーブン・モーガン
   合唱:英国大使館合唱団
   入場無料:皆様からの献金は目黒教会で支援し
   ている各団体に寄付いたします
 主催:カトリック目黒教会インターナショナル共同体
 協力:カトリック目黒教会バザー委員会
2008年度バザー開催のお知らせ
  今年のバザーは「ひとつの心、ひとつの世界」をテーマに世界の平和を祈りつつ、次の通り開催いたします。実り豊かな、楽しいバザーにするためにも皆様のご参加をお待ちしております。
 日時:2008年6月1日(日)午前11時〜午後3時
お送りしております「お楽しみ抽選会付き飲み物券」 のご購入、フリーマーケットへのご出店のお申し込みをよろしくお願い申し上げます。
 バザー委員会   

受洗 16名 転入 3名
結婚 1組 転出
帰天 2名   住所・その他変更 8件
詳細は、お知らせ4月号(印刷版)をご覧ください



このぺージTOPへ
各号へジャンプします
2008年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
2007年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号  12月号
2006年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2005年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2004年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2003年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2002年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2001年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2000年 10月号 11月号 12月号