3月号

司祭のことば 今月の予定 ご報告 その他

司祭のことば
 「あなたにお任せします!」、と言いつつも…

 2月1日、東京教区の2006年(第一次)人事異動が発表され、私は4月の復活祭で目黒教会を離れることになりました。二年間の目黒教会での生活、振り返れば信徒の皆様にはお世話になりっぱなしでした。恩返しの意味でも「もう少し居たかったな」というのが偽らざる心境ですが、私の働く場を決めるのは私ではなく、教区長(大司教)、延いては天の神様ですから、素直に従うほかありません。…とは言うものの、次の仕事の内容を二人の司教から聞かされたとき、「素直に」従うにはあまりにも重い「留学準備」という言葉に、意識がホワイトアウトしかかったのも、紛れもない事実であります。
 私のような若手(一応)司祭たちは、神学生のときから先輩司祭たちに、「君たちのうち最低一人は、将来外国で勉強することになるよ。間違いない!」と言われ続けてきました。私自身も「そうなんだろうなー」なんて、ぼんやり思ってはいましたが、まさかそれが自分の身に降りかかってこようとは考えもしていませんでした。勉強ができて、外国語にも堪能な司祭は他にも沢山いるのに、何で私? 「私、頭悪いですよ」、何度も大司教に念を押しました。しかし、その「頭が悪い」という他に断る理由が…正直言って見つからなかったのです。先行きは勿論メチャクチャ不安でしたが、最終的に「お任せします」と言うしかありませんでした。
 思えば二年前の叙階式のとき、恒例の赴任先の発表が私にはありませんでした。熟慮に熟慮を重ねてくださったのか、単に貰い手がなかったのか、叙階された当人としては、チョッピリ寂しい思いをし、そしてチョッピリ不安を感じたのは事実です。しかし先日、あるシスターから、「二年前、この教会に新司祭が来ますって立花神父様がミサの中で仰ったとき、すごい拍手が起こったんですよ」と聞かされました。私が先行きに不安を抱いていた同じ時、この目黒教会で、私を温かく迎え入れる準備をしてくださっていた事実を知り、思わず涙が出そうになりました。人が不安や恐れに捕らえられるときも、その裏で、神様はその人を導いてくださる道を必ず備えてくださいます。その道が私にとって「留学」なのかは、やってみなければ分かりませんが、選んでいただいた以上、自分のできる範囲のことは一生懸命やって、あとは導き手である神様にお任せしたいと思います。神の平和の道具となれるよう祈るばかりです。
 しかし、しかしですね、現実はキビシーのですよ! すぐに海外に飛べるわけでは勿論ないのです。先ず日本で学んだ哲学・神学の単位が向こうの学校で認められるために、「総合試験」というものを日本で受けなければならないので、試験のある秋までは、神学院で授業を受ける等して試験勉強することになります。外国語も平行して勉強しなければならないでしょう。そして「勉強だけして、後は何もしなくてよい」なんて虫がいいことには、間違ってもならないわけで、主日には方々の教会にお手伝いに行くことになると思います。「おめでとう!」「がんばってね!」、人事が発表されて以来、何回となく言われましたが、まだまだ前途多難、そもそも件の「総合試験」にパスしなければ、留学の話自体がパアなのであります! どうか皆様、私のために祈ってください。「試験に受かりますように」と祈っていただかなくても結構です。私が怠けずに勉強するようお祈りください。
 そして今月には、私の後任でこの目黒教会に赴任される司祭の発表も(多分)あるでしょう。私が言うのも僭越ですが、新しく来られる神父様のためにも、どうぞお祈りください。
 そして何よりも、来月の復活祭までは、まだ私は目黒に居りますので、どうぞ皆様ご贔屓に!
助任司祭   林 正人   

TOPへ


今月の予定


  愛の募金  
 四旬節中、愛の実行として行われる募金活動にご協力をお願いします。聖堂入り口の特設献金箱にお入れください。
  灰の水曜日(大斎・小斎)  3月 1日(水)
 ミサ 午前7:30、10:00
※灰の式は3月5日(日)のミサでも行います。
  洗礼志願式 3月5日(四旬節第1主日)
 10時のミサで行います。                 
  一粒会献金  3月 5日(日)
 今月は5日、第一日曜日のミサ献金の半分を神学生養成のための一粒会献金と致します。ご協力ください。
  叙階式  3月 5日(日)
 午後2蒔より、東京カテドラル聖マリア大聖堂においてマリア フランシスコ赤岩聰、イグナチオ・デ・ロヨラ渡辺泰男氏の叙階式が行われます。神の慈しみのうちに叙階される新司祭のためお祈りください。
  半日黙想会  3月26日(日)
日時:3月26日四旬節第4主日
   指導:エドワード神父(ベネディクト会)
         〜プログラム〜
     10:00 ミサ(司式と説教)
     11:00 第一の講話(聖堂)
     11:40 食事 個別ゆるしの秘跡
     12:45 第二の講話(アンセルモホール)
     13:30 ベネディクション(聖堂)
  ランチサンデー  3月26日(日)
 今月のランチサンデーは3月26日10時のミサ後に行います。皆様のお越しをお待ちいたしております。
    
TOPへ


ご報告

 
  信徒総会報告
 2006年信徒総会は、1月29日(日)10時のミサ後約100名の信徒の出席のもとにアンセルモホールで開催された。2005年度活動報告(猪股委員長)、決算報告(松本財務委員長)、監査報告(松本監査委員、栗田監査委員)が原案通り承認された。また、教会役員選挙結果報告(佐野選挙管理委員長)があり、新教会委員が承認された。2006年度教会委員長が志立敬三に、財務委員長が吉田道一に決定したことが報告された。引続き、2006年度活動予定(志立新委員長)、新年度予算(松本財務委員長)の提案があり、審議後承認された。決算、予算、新役員は、当日配布された資料のとおり。〔配布資料:2006年信徒総会資料〕
  ご報告
 カトリック児童福祉の献金266,582円は2月7日、大司教館へ送金いたしました。ご協力ありがとうございました。
  講演会報告
 2月19日(日)10時のミサ後、アンセルモホールにて港品川宣教協力体・福祉連絡会主催の講演会が行われました。DV(ドメスティックバイオレンス:女性が,夫や恋人などの身近な立場の男性から受ける,様々な暴力行為)によるトラウマを抱えた女性をサポートする「レジリエンス」という団体の代表中島幸子氏を講師に迎え、50名ほどの参加者のもと、近年若い男女の間にも広まっているといわれる身体的、性的、精神的、感情的などさまざまな暴力について、またその被害から立ち直る難しさについてお話を伺いました。性別や年齢に関係なく、人間としてお互いの違いを真に尊重しつつ、相手をそして自分を大切にするということについて考えるよい機会となりました。

TOPへ


その他

  初聖体
 6月18日(日:キリストの聖体)10時のミサの中で子どもたちの初聖体を予定しています。初聖体は子どもたちにとって大きな恵みの時です。この恵みを子どもたちが喜びのうちに迎えることができますようご協力ください。初聖体を受けることができるのは現在小学校1年生以上で、初聖体をまだ受けていない子どもです。初聖体のための準備は日曜学校の中で行われます。なお、日曜学校に参加できない場合は、林神父に遠慮なくご相談ください。
  港・品川宣教協力体合同堅信式
 6月25日(日)午前10時目黒教会で行われます。受堅希望者は聖堂うしろに置きます用紙を利用して4月16日までに申し込みください。なお、中高生と新信徒には3月に入ってからご案内と申し込み用紙を送付します。
  病人、高齢者への訪問
 病気のため、高齢のために教会にいらっしゃることができない方たちのために、御聖体をおもちいたします。ご希望される方、またそのような方をご存じの方は司祭までご連絡ください。

受洗 転入 1名
結婚 1組 転出
帰天 1名   住所・その他変更 5件
詳細は、お知らせ3月号(印刷版)をご覧ください



このぺージTOPへ
各号へジャンプします
2006年 1月号 2月号
2005年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2004年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2003年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2002年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2001年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2000年 10月号 11月号 12月号