5月号

司祭のことば 今月の予定 ご報告 その他

司祭のことば
 「パパ様、おつかれさまでした」

 この原稿を書き起こそうとしている正にこの時、バチカンではコンクラーベ(教皇選挙)前のミサが、これからシスティーナ礼拝堂に入る枢機卿たちの共同司式によって行われています。そしてこの一文が皆様の目に留まる頃には、恐らく新しい教皇様も誕生していることでしょう。巷の関心も「新教皇」に移りつつある現在ですが、ここで私たちは今一度、26年間の長きに渡って私たちを導いてくださった、「前教皇」ヨハネ・パウロ二世を思い、心から感謝の祈りを捧げたいと思います。
 「もういいですよ! 引退してゆっくり休んでくださいよ!」。晩年の教皇様の「ぼろぼろ」の姿を見て、世界中のキリスト者がそう思っていたのではないでしょうか。よく世間で誤解されているようですが、ローマ教皇は「終身制」ではありません。『カトリック教会法典』には、「ローマ教皇が辞任する場合には、辞任が自由になされ、かつ正しく表明されなければ有効とはならない。ただし、なんぴとかによる受理は必要でない。(Can.332§2)」とあります。つまり相応の理由があり、他者の強制ではなく、本人によって正しく表明されるのであれば、ローマ教皇は自ら辞任することができるのです。実際、発表された教皇様の遺言書(必ずしも「晩年」に書いたものではないようですが)によって、教皇様自身も、「引退」を全く考えていなかったわけでないことが明らかになりました。
 しかしヨハネ・パウロ二世は、結果的に最後まで教皇職に留まり続けました。自分の「ぼろぼろ」の姿を世界中の人々に晒し続けました。それは、既に多くの人が語っているように、「ぼろぼろ」の姿になっても十字架に留まり続けたイエス様の苦しみに、自分も与るという決意の表れだったのでしょう。「無実の方」が十字架上で苦しみのうちに息を引き取られたとき、それを見た多くの人は心打たれ、「胸を打ちながら」帰っていったと『福音書』にはあります。みなさんは、身体を震わせ、十字架の付いた牧杖にすがるようにして祈り、ミサを捧げていた教皇様の姿から何を受け取ったでしょうか。
 キリストが歩まれた道を自らも歩み続け、今84年の生涯を終えたヨハネ・パウロ二世。教皇様の人生に思いを馳せつつ、私たちもこれまでの自分の歩みを振り返り、そこに与えられた神様の多くの恵みに感謝し、これからも主イエス・キリストに従って歩んでいく決意を新たにしたいと思います。それこそが、教皇様がご自分の姿を通して、私たちに伝えたかったことなのではないでしょうか。
 「パパ様ありがとう。本当に長い間おつかれさまでした」
助任司祭   林 正人   

TOPへ


今月の予定


  一粒会献金
 今月は第1日曜日が世界広報の日の特別献金とかさなりますのでお休みいたします。
世界広報の日  5月 1日(日)
 イエスは「全世界に行って、すべての造られたものに福音をのべ伝えなさい」(マルコ16・15)とお命じになりました。福音を宣教することは、わたしたちの使命です。世界広報の日は新聞、雑誌、テレビ、映画などの広報機関を用いて行う宣教について、教会全体として考え、反省し、祈り、犠牲をささげ、献金する日です。
「世界広報の日」は、第2バチカン公会議で定められ、1967年以来、毎年、特別のテーマが決められ、教皇メッセージが出されています。
  献堂記念日  5月 3日(火)
 当教会の記念日です。
  港・品川宣教協力体合同堅信式  5月22日(日)
  今年の堅信式は5月22日(三位一体の主日)、午前9時半より岡田大司教の司式で麻布教会で行われます。
地区集会  5月22日(日)
 11:15〜12:30集会室Aで行います。大勢の方の参加をお待ちしております。
    
TOPへ


ご報告

 
  ご報告
四旬節愛の献金 212,348円(個人寄付含む)、聖地への献金57,851円は4月12日大司教館に送金いたしました。ご協力ありがとうございました。
  ご受洗おめでとうございます
 3月26日・復活徹夜祭で12名、3月27日・復活の主日10時のミサで4名のお子さんが受洗なさいました。
  復活祭パーティー報告
 3月27日(日)復活を祝うパーティーを立花神父の送別会を兼ねて10時ミサ後に行った。立花神父のご挨拶の後、林神父の乾杯の音頭でパーティーが始まり、300名が会場を埋め尽くした。受洗者、転入者の紹介、聖歌隊の協力の歌など、盛況の中にお開きとなった。後かたづけは、皆様の協力で短時間で終わった。事前の予算の打ち合わせを運営、財務と密にし、全般にもう少し節約すべきではないかとの反省点が残った。
担当:第3、5地区  

TOPへ


その他

港・品川宣教協力体合同堅信式
 今年の堅信式は5月22日(三位一体の主日)、午前9時半より岡田大司教の司式で麻布教会で行われます。
初聖体
 5月29日(日:キリストの聖体)
10時のミサの中で子どもたちの初聖体を予定しています。
  病人、高齢者への訪問
 病気のため、高齢のために教会にいらっしゃることができない方たちのために、御聖体をおもちいたします。ご希望される方、またそのような方をご存じの方は司祭までご連絡ください。

受洗 16名 転入 3名
結婚 転出 4名
帰天 3名   住所・その他変更 5件
詳細は、お知らせ5月号(印刷版)をご覧ください



このぺージTOPへ
各号へジャンプします
2005年 1月号 2月号 3月号 4月号
2004年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2003年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2002年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2001年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2000年 10月号 11月号 12月号