2月号

司祭のことば 今月の予定 ご報告 その他

司祭のことば
 「微笑(ほほえみ)」をめぐる断章種を植える…

★先日、車を走らせながらラジオを聴いていますと、「ヨン様」ことペ・ヨンジュンさんの「微笑」について、番組の出演者が意見を闘わせていました。曰く「真実説」、「営業スマイル説」、色々な説が出ていましたが、世の奥様方をはじめとする多くの人があの「ヨン様スマイル」に魅せられ、安らぎを感じているのは間違いないようです。
★確かに「微笑」には、人の気持ちを和ませ、安心させる作用があると思います。今時の少年少女たちは「ヘラヘラしててやだ!」と言うかもしれませんが、誰だって相対している人が怒ったり、沈んだりしているより、微笑んでいてくれた方がいいわけで、「微笑」は潤滑な人間関係を築くためにも大切なものでしょう。
★「微笑」といえば、福者マザー・テレサの微笑も(私はブラウン管を通してしか見たことがありませんが)、とても魅力的でした。勿論、この世の苦しみ、悲しみ、貧しさを見つめるときの彼女の目はとても厳しいものでした。にもかかわらず、何故私たちはあのマザーの微笑に惹かれるのか。それは飢え、渇き、病に倒れた極限状態の人々とふれあい、共に生きた人だけが持つことのできる「真実の喜び」が、そこに見えるからなのではないでしょうか。「本当の喜び」を知っている人に対する、ある種のうらやましさもあるかもしれません。
★昔、図書館で『イエスは笑ったか』という題の本を見たことがあります。「見た」と書いたのは、実はタイトルを見ただけで、その本を読まなかったのです。果たしてどんな内容だったのか、今もってその時読まなかったのが悔やまれてなりません。確かに福音書には「イエスは笑った」、「イエスが微笑んだ」等と記されている箇所は一つもありません。「怒った」、「涙を流した」と書かれている箇所はあるのに、考えてみれば不思議です。イエス様は本当に笑ったことがなかったか…そんなことはないでしょう。徴税人や罪人たちと食事をしたとき、きっとイエス様は大いに食べ、大いに飲み、そして大いに笑ったことでしょう(「大食漢の大酒飲み」と陰口を叩かれたくらいですから)。子供たちが自分の所へ来たときも、間違いなくイエス様は微笑んだはずです。あの映画『パッション』の中でも、イエス様は笑っていたではありませんか。「罪の他は全て私たちと同じになった」イエス様が、笑わなかったはずはないのです。
★今日も私たちはミサの中でイエス様と出会い、イエス様の尊いからだをいただきます。ミサは神様に感謝し、平和のために祈る神聖な式です。と同時にミサは食卓、私たちがイエス様と共に食事の席につく「一家団欒」の場でもあるのです。イエス様は私たちにやさしく語りかけてくださいます。そして私たちと一つに交われる喜びに満ちて「ご自分」を与えられます。ミサはイエス様と私たちの喜びです。そしてご聖体は大きな大きな喜びです。ご聖体、イエス様の喜び、微笑みながらご自分を与えられるイエス様に応えて、私たちも大きな喜びのうちに、微笑みながら、ご聖体を拝領したいものです。
助任司祭   林 正人   

TOPへ


今月の予定


一粒会献金  2月 6日(日)
 今月は6日、第一日曜日のミサ献金の半分を神学生養成のための一粒会献金と致します。ご協力下さい。
  灰の水曜日(大斎・小斎)  2月 9日(水)
 ミサ 午前7:30、10:00
*昨年頂いた枝は2月6日(日)までに聖堂後ろに用意した箱
にお入れください。
*灰の式は2月13日(日)のミサでも行います。
愛の募金  
 四旬節中、愛の実行として行われる募金活動にご協力をお願いします。聖堂入り口の特設献金箱にお入れください。
  洗礼志願式  2月13日(日)
 (四旬節第1主日)10時のミサで行います。
  家庭を祝福する祈りと集い  2月19日(土)
 午後2時より。安らぎの場である家庭に祝福がありますように、当教会で挙式された方々と共に祈るつどいを行ないます。家庭をかえりみるよい機会になると思われますので、皆様どうぞご出席ください。
    
TOPへ


ご報告

 
  ご報告
 宣教地司祭育成献金165,636円は12月28日大司教館へ送金、ミサ献金の中の外国のコインは1月22日ユニセフへ持参いたしました。
ご協力ありがとうございました。
  新成人の祝福と新年会
 1月19日(日)10時のミサで今年成人式を迎えられる、海口愛実さんと大洞秀二さんの祝福がありました。祝福の言葉「この書物を取って味わいなさい。神の言葉をふさわしく生きるために、神があなたの身も心も清めてくださいますように」に従い二人に聖書が渡されました。
 ミサ後成人式のお祝いとともに新年会が行われました。いつものように立花神父の誕生祝いも行い200名以上の参加者が楽しいひとときを過ごしました。来賓として夕陽会、金武会長夫妻、権之助坂商店街振興組合、森、高橋両副理事長および奥山広報部長の参加をいただき、アトラクションとして第6地区の橋元夫妻のフルートとピアノ演奏が花を添えました。今回の当番は第1、2地区でした。

TOPへ


その他

半日黙想会
3月6日(四旬節第4主日)
港・品川宣教協力体合同堅信式
 今年は5月22日(日)麻布教会で行われます。
該当者には四旬節にはいりましたらご案内と申し込み用紙を発送いたします。
初聖体
 5月29日(日:キリストの聖体)10時のミサの中で子どもたちの初聖体を予定しています。初聖体は子どもたちにとって大きな恵みの時です。この恵みを子どもたちが喜びのうちに迎えることができますようご協力ください。初聖体を受けることができるのは現在小学校1年生以上で、初聖体をまだ受けていない子どもです。初聖体のための準備は日曜学校の中で行われます。なお、日曜学校に参加できない場合は、林神父に遠慮なくご相談ください。
  病人、高齢者への訪問
 病気のため、高齢のために教会にいらっしゃることができない方たちのために、御聖体をおもちいたします。ご希望される方、またそのような方をご存じの方は司祭までご連絡ください。

受洗 1名 転入 7名
結婚 転出 2名
帰天 1名   住所・その他変更 8件
詳細は、お知らせ2月号(印刷版)をご覧ください



このぺージTOPへ
各号へジャンプします
2005年 1月号
2004年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2003年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2002年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2001年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2000年 10月号 11月号 12月号