12月号

司祭のことば 今月の予定 ご報告 その他

司祭のことば
 「インマヌエル」

 聖書の中に好きな言葉や文章が幾つもある。
 「インマヌエル」もその一つ。インマヌエルとは「神は我々と共におられる」という意味のヘブライ語である(イザヤ7.14,8.8,マタイ1.23参照)。
 ”神がともにいてくださる”何と力強くうれしい言葉であろうか。信仰者にとってこれ以上の励ましはない。 しかし、神はいったいどのような仕方でわたしたちと共にいてくださるのだろう。いろいろな人がさまざまに説明をしている。その一つ一つは、「なるほど」と思うが、何となく自分の中ではしっくりしていなかった。
 九月のある日、大阪教区の松浦悟郎司教さまがお書きになった短い文章を読んで、「あっ、これだ!」と思った。以下はその文章である。

 先日、新聞の切抜きで「ちょっといい話」という記事を見せてもらった。ちょっとどころか、最高の話だった。次のような内容だ。「公園で、一人の幼い子どもが転び、急に泣き出しました。そこへ四歳くらいの女の子がそばへ走り寄りました。こんなとき、皆さんはどうしますか。助け起こすか、励ますか...。
 ところが、その女の子は倒れた子のそばまで行くと、自分も倒れたのです。そして倒れている子を見て、にっこり笑いました。倒れていた子もそれを見て泣き止み、そして笑いました。その女の子は『立とうね』と言いました。『うん』二人は一緒に立ち上がりました。これは命令でもなければ、激励でもありません。相手との共感であり、共通の場に生きることです。わたしはそのとき、神様か仏様がその女の子に宿ったのかと思いました。」
 倒れた子は、無理やりでなく、仕方なくでもなく、自分の意志で起き上がった。きっと駆け寄ってきた女の子の”ともに生きよう”とする心に触れたからに違いない。
 ともに生きる心とは、相手の痛みを共感することであり、また友として一緒に歩みたいと真に望むことであろう。人がこの心に突き動かされて、見える行為におよんだとき、たとえそれが理解しがたい行為、愚かと思える行為であっても、人を動かし、生かす力となるのである。(以下略)

 日々の生活なかで苦しみ悩み、倒れてしまうことがある。そのとき、誰よりも早くわたしたちのそばに走り寄り、自らも倒れてくださるお方。「立とうね」と励ますだけではなく、立ち上がることができるようになるまで辛抱強く待っていてくださるお方。わたしたちと共にいてくださるお方とは、まさしくそのようなお方なのである。
 イエスさまは「神は我々と共におられる」ということが嘘ではないことを証するために生まれ、あのように生き、あのように死んで復活された。
 もうすぐクリスマス。わたしたちは二千年前にイエスさまが生まれたという過去の出来事を祝うのではない。今もわたしたち一人ひとりのなかに、あの女の子に宿ったように、神は生まれ続けてくださっていることを喜び祝うのである。わたしたちと共にいることを望んで、今日も生まれ続けてくださるお方に出会うことができますように。
主任司祭   立花 昌和   

TOPへ


今月の予定


宣教地司祭育成の日の特別献金 12月 5日(日)
 この日の献金はローマ教皇庁に集められ、全世界の宣教地の司祭育成のために援助金として送られます。なお、一粒会献金は今月はお休みです。
半日黙想会 12月 5日(日)
指導 吉 池 好 高 神父(東京教区)
〜プ ロ グ ラ ム〜   
午前10時   ミ サ
個別のゆるしの秘跡(ミサ後より)
昼 食
午後1時30分 講 話 (アンセルモホール)
午後2時30分 結びの祈り

*主の降誕を迎える準備としてご利用ください。
黙想会の間にゆるしの秘跡を受けることができます。
なお、昼食は各自でご用意ください。
  クリスマスツリーの飾りつけに参加してください 12月 9日(木)
祭壇脇のツリーの飾りつけは、楽しくまた大変な仕事です。高いはしごに登れる若い方(特に男性)のご協力をお願いいたします。  15時30分頃より、
クリスマス前の大そうじ 12月23日(木)
日時:12月23日(木)午前10時〜12時
掃除箇所:聖堂内のガラス窓、入口ドア、聖堂周辺、トイレなどを中心に行いたいと思います。
◎ ご参加いただける方は、聖堂入口の「大そうじ当番表」にお名前をご記入ください。
◎各自、ぞうきん2〜3枚、軍手、ビニール袋などをご持参ください。皆様のご協力をお願いいたします。
  クリスマス・チャリテイ−コンサート 12月 4日、18日(土)
於聖堂
入場無料 (自由献金)

○12月4日(土)午後6時00分開演
〜インドの子ども達の教育のため〜
「Light our Way」 道を照らしてください
聖アンセルモ・インターナショナル聖歌隊と
サンデースクールによるクリスマスキャロルと聖劇

○12月18日(土)午後7時開演
〜新潟県中越地震被災者救援のため〜
出演:カトリック目黒教会聖歌隊、聖アンセルモ・グレゴリオ聖歌隊、聖アンセルモ室内合奏団〔コンサートマスター今卓也〕目黒学園室内合奏団 西谷衣代〔ソプラノ〕 目良節子、楠寿美子〔パイプオルガン〕 勝俣敬二〔指揮・フルート・歌〕
    
TOPへ


ご報告

 
  お祈りください −帰天−
 11月3日 ベネディクト会のニール・ヘンリー・ローレンス神父様がご帰天なさいました。神父様は1960年叙階後、永年にわたり日本のために尽くされました。どうぞお祈りください。詳しくは
  ご報告
 世界宣教の日の献金205,130円は11月2日、大司教館へ送金いたしました。ご協力ありがとうございました。
  品川区社会福祉協議会より感謝状
 バザー収益金の一部を品川区の作業所へ寄附したことに対し、10月29日継続寄付者として感謝状と記念品を贈呈されました。

TOPへ


その他

なりすまし詐欺(オレオレ詐欺)にご注意 !!
最近何人かの方々へ「教会へのまとまった寄付(名目はいろいろ)を取りまとめているので、これこれの口座にお金を振り込んでください」という電話がかかっています。
教会あるいは教会の関係者で、このような方法で寄付をあつめることは全くありません。これは世間でいわれている「なりすまし詐欺」(オレオレ詐欺の一種)ですので、絶対に支払あるいは振込をしないようにご注意ねがいます。
  病人、高齢者への訪問
 病気のため、高齢のために教会にいらっしゃることができない方たちのために、御聖体をおもちいたします。ご希望される方、またそのような方をご存じの方は司祭までご連絡ください。

受洗 1名 転入 5名
結婚 転出
帰天   住所・その他変更 2件
詳細は、お知らせ12月号(印刷版)をご覧ください



このぺージTOPへ
各号へジャンプします
2004年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号
2003年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2002年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2001年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2000年 10月号 11月号 12月号