5月号

司祭のことば 今月の予定 ご報告 その他

司祭のことば
 「よろしくおねがいします!」

 「えー、目黒教会に、決まりましたー」岡田大司教様にそう言われたのは、叙階式の翌日のこと。普段は叙階式の式中に発表のある新司祭の赴任先が今回は発表されず(私は発表されないことは前もって知っていましたが)、式後、たくさんの方から「おめでとう」の言葉とともに「どこの教会に行くの?」と質問されました。「いやー、まだ私も知らされてないんですー」と平静を装い笑っていたものの、そこは私も人間、「どこになるんだろう」と内心ドキドキしていたのです。
 この目黒教会は、昨年助祭研修でCTICめぐろに来ましたから、場所は知っていましたがそれくらいなもので、「目黒」と聞いて思い浮かんだのは「サンマ」と「明和の大火」だけという有様。正直言ってほとんどこの教会についての知識はなかったのです。そのような訳で赴任先が決定した当初は少し不安も持っていましたが、大司教館で初めて立花神父様と打ち合わせをしたとき(私は叙階の前後は大司教館に寝泊まりしていました)、師は例の優しい笑顔で「よろしく。みんな楽しみに待ってるよ」と言ってくださり、一気に不安が吹き飛んだように感じました。それに考えてみれば、目黒にはレオ神父様はじめ多くの神父様たちが住んでいる。神学校で共に過ごした川口神父様(CTIC事務局長)も目黒に来られる。なんだ、頼もしい先輩たちがいっぱいいるじゃないか。またまた安心。
 そしていよいよ車に荷物を詰め込んで、聖週間中の聖水曜日に目黒教会に到着。過越の三日間を皆様とともに過ごし、復活の主日には新受洗者の方々と一緒に歓迎パーティーをしていただきました。猪俣委員長はじめ皆様に笑顔で迎えていただき、とても感激しました。「ああ、この方々とともにここで神様のために働くんだなぁ」喜びとともに身の引き締まる思いでした(もっともお酒が廻って頬は緩みっぱなしでしたが)。温かく受け入れてくださったことを本当に感謝しています。
 この原稿を書いている時点で、赴任から一週間が経ちました。連日忙しく飛び回る立花師とレオ師を見ながら、「オレはこんなにのんびりしていていいのだろうか」と心配になることも度々です。しかし先輩神父たちに言えば「そんな心配するのは十年早い!」と言われるのがオチでしょうし、「そんなことより、俺たちの整理を早くせい!」と、石ならぬ段ボールに詰まったままの私の荷物が叫び声をあげるでしょう。当分は立花師とレオ師の働き、そして皆様の活動を見させていただきながら勉強していきたいと思っています。相変わらず荷物整理は未完了ですが、いただいた新館二階北側の部屋だけは何とか部屋らしくなってきました。「みんなが遊びに来てくれたらいいな」と思っている今日この頃です。
 最後に私の“データー”を載せておきます。1968(昭43)年9月19日、東京生まれの現在35歳。1980(昭55)年の復活祭に受洗。立川教会出身。霊名:使徒ヨハネ。趣味:下手なギター、ベース、キーボードを弾くこと(仲間求ム!)と読書(愛読書は泉鏡花の小説とディック・ブルーナの絵本)。スポーツ:バスケットとソフトボールを少々。好きな食べ物・飲み物:カレーライスとコーヒー(お酒も好きですが、飲んでいるうちに寝てしまいます)。好きな言葉:「神は愛」「お陰様」。神学校時代の成績は…言わないでおきましょう!
 こんな私ですが、目黒教会の兄弟姉妹の一人に加えさせていただきます。ともに手を携えて父である神を讃えていきましょう。どうぞよろしくおねがいします!
助任司祭    林 正人  

TOPへ


今月の予定


  召命祈願日  5月 2日(日)
 神は、すべての人が誠実に自分の生涯を過ごすように招いて
います。ある人は社会の中で働く人として、またある人はよい家庭人として、ある人は神と人とに仕える司祭、修道者となるように招かれています。「召命祈願日」には司祭、修道者への招きに1人でも多くの人がこたえることができるように祈りましょう。この日は1964年教皇パウロ六世により制定されました。
  献堂記念日  5月 3日(月)
 当教会の記念日です。
  世界広報の日  5月16日(日)
 イエスは「全世界に行って、すべての造られたものに福音をのべ伝えなさい」(マルコ16・15)とお命じになりました。福音を宣教することは、わたしたちの使命です。世界広報の日は新聞、雑誌、テレビ、映画などの広報機関を用いて行う宣教について、教会全体として考え、反省し、祈り、犠牲をささげ、献金する日です。
「世界広報の日」は、第2バチカン公会議で定められ、1967年以来、毎年、特別のテーマが決められ、教皇メッセージが出されています。
  地区集会  
5月2日(日)第6、第7地区―コーヒーサンデー会場 
  16日(日)第1地区―集会室@,第2地区―集会室A
    
TOPへ


ご報告

 
  ご報告
 四旬節愛の献金192,212円、聖地への献金(日本語ミサは聖木、金曜日に実施)122,817円は4月20日大司教館へ送金いたしました。ご協力ありがとうございました。
  ご受洗おめでとうございます
 4月10日・復活徹夜祭で18名、4月11日・復活の主日・10時のミサで4名のお子さん、また中目黒ミカエル修道院で3名、合計25名の方々が受洗なさいました。

TOPへ


その他

  バザー開催のお知らせとお願い
本年のバザーは6月6日(日)11時〜15時です。
*フリーマーケット出店のお願い
 例年どおりフリーマーケットの出店を募集します。出店希望の方は要領をご了解の上、5月21日(金)までにお申し込み下さい。
*バザー前日、当日のお手伝いを募集します。
 聖堂入り口のお手伝い表に、お名前をご記入下さい。
  東京・ケルン友好50周年記念 チャリティーコンサート
5月29日(土)PM6:30開演
当教会 聖堂
自由献金

曲目
ああイエスの甘い名(ハインリヒ・シュッツ)
ああ美しいバラよ(ブックスハイムオルガン曲集)
トッカータ(ディートリッヒ・ブクステフーデ)
小フーガト短調(J・S・バッハ)
フルートソナタ 変ホ長調(J・S・バッハ)
無伴奏フルートのためのパルティータ イ短調(J・S・バッハ)、他
出演
ソプラノ:花井尚美
フルート:勝俣敬二
オルガン:花井哲朗
  病人、高齢者への訪問
 病気のため、高齢のために教会にいらっしゃることができない方たちのために、御聖体をおもちいたします。ご希望される方、またそのような方をご存じの方は司祭までご連絡ください。
  初聖体
 6月13日(日) キリストの聖体の祭日 10時のミサの中でこどもたちの初聖体を予定しています。

受洗 25名 転入 2名
結婚 1組 転出 3名
帰天 1名   住所・その他変更 4件
詳細は、お知らせ5月号(印刷版)をご覧ください



このぺージTOPへ
各号へジャンプします
2004年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
2003年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2002年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2001年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2000年 10月号 11月号 12月号