4月号

司祭のことば 今月の予定 ご報告 その他

司祭のことば
  二年間をありがとうございます

 皆さんご存じのように、私ヘロニモは復活祭から高輪教会の主任司祭になります。目黒教会での二年間、皆さんのおかげで、特に立花神父さんのおかげで無事にすごして幸せでした。この二年間は私にとって大切な時期でした。四国の愛媛県から都会である東京に変わる事が大変でした。精神的にも、生き方も、環境も変って、49歳で新しい冒険をはじめるのは容易なことではありません。また、その上に去年になってから、先ずお母さんが亡くなって、うちの修道院の親しい神父さんも死んで、そして12月に二ヶ月間白血病を患って一番よい友達の司祭もとられた事はこの二年間の大きな試練でした。でも、目黒教会の歓迎と尊敬と支えのお陰で、元気よくこの二年間を終りました。私の司祭銀祝の祝いをしていただいて、いつも認められて理解され、そして評価された事は大きな助けになり心から感謝しております。本当にありがとうございます。
 私は司牧の面ではいつも皆さんにチャレンジして、クリスチャンである喜びを一層感じさせるように働いて来ました。私には信者であることが、いつも人間として、人間らしく生きるように助け、又幸せの源となっています。わたしは宣教の為に、国と文化と友達などを失いましたが、その代わりに日本に新しい友達、文化などを見付けて、それは恵みと力になりました。私自身もこちらに合わせるようにチャレンジしました。今、過去を振りかえってみると、その全ては私の中に人間と司祭そして宣教師を育てて、支えとなりました。皆さんありがとうございました。
 キリスト教の一番大切な時期聖週間は近いです。聖週間の祝いにイエズス・キリストの強い愛をもって、その受難と死去と復活を記念します。クリスチャンの従来がここにあります。皆さんがその祝いをしながら、信仰を改めて、そして大きな恵みを戴くように祈ります。死ぬ事によって新しい命が生まれて来ます。これは全ての人間のミステリではないでしょうか。幼児時代から青年期になる、青年から大人に、成熟して威厳がそなわり、あとは死から永遠の命に入ります。この神秘の内に私達は生きて来ます。自分のエゴイスム、罪、闇に死んで、愛、正義、光に移り変って生きるように招かれています。皆さんはこの神秘の内に成長しながら幸せな人間になるように祈ります。
 目黒教会からそんなに遠くないので、どうぞいつでも高輪教会に寄って下さい。あなた達の祈りを願いながら、皆さんのために祈ります。
助任司祭 ヘロニモ神父   

TOPへ


今月の予定


  愛の募金   
 四旬節中、愛の実行として行われる募金活動にご協力をお願いします。聖堂入口の特設献金箱にお入れください。
  一粒会献金  4月 1日(日)
今月は1日、第1日曜日のミサ献金の半分を神学生養成のための一粒会献金といたします。ご協力ください。
  地区ごとの集まり  4月 1日(日)
本年より地区内の親睦を深めることを目的として、地区ごとの集まりが開催されます。最初の回として4月1日のコーヒーサンデーの会場で第1地区の集まりが開催されますので、第1地区の方は奮ってご参加ください。
  復活祭前の大掃除  4月 7日(土)
10時より、復活祭を気持ちよく迎えるために皆様で大掃除をいたしますので、お手伝いよろしくお願いいたします。聖堂入口の掃除当番表にご記入ください。
  イースター・エッグ  4月14日(土)
10:00〜12:00、アンセルモホールにてイースターのたまご作りをいたしますので、多数の方々のお手伝いをお願いします。お手伝いくださる方は、聖堂入口の掲示板に用意しました表にご記名ください。また、お知り合いの病人やお年寄りに差し上げたい方はお申し出ください。
  イースターパーティー  4月15日(日)
10時のミサの後、アンセルモホールにて
ご復活祭をお祝いし、小教区全員で喜びを分かちあいましょう。また、このパーティーでは新しく受洗された方、及びこの一年間に当小教区に転入された方々の歓迎と、この度、高輪教会主任となられるヘロニモ神父様へのお礼も兼ねて行いますので皆様ご出席ください。
  聖アンセルモの祝日  4月21日(土)
当教会の保護の聖人、聖アンセルモの祝日です。ミサは7:30です。

TOPへ


ご報告

  東京大聖書展報告
キリスト降誕2000年を記念して、東京のプロテスタント・カトリック教会が、教派の違いを越えて企画した「東京大聖書展」の最終報告書が届きました。入場者数55,324人。ボランティア動員数2,239人(述べ人数)。収入計(協賛金、チケット代、広告費他)1億8千万円。支出計(展示関連費、印刷、事務経費)1億7千8百万円。残額2百万円。(日本聖書協会に寄付)。皆様のお祈りとご協力のお蔭で3年にわたる企画が無事終了致しました。心から感謝いたします。

TOPへ


その他


  初聖体
 6月17日(日:キリストの聖体)10時のミサの中でこどもたちの初聖体を予定しています。初聖体はこどもたちにとって大きな恵みの時です。この恵みを子どもたちが喜びのうちに迎えることができますようご協力ください。初聖体を受けることができるのは現在小学校1年生以上で、初聖体をまだ受けていないこどもです。初聖体のための準備は日曜学校の中で行われますのでご出席ください。なお、日曜学校に参加できない人は立花神父に遠慮なくご相談ください。
病人、高齢者への訪問
病気のため、高齢のために教会にいらっしゃることができない方たちのために、御聖体をおもちいたします。ご希望される方、またそのような方をご存じの方は司祭までご連絡ください。

受洗 1名 転入 1名
帰天 1名 転出 4名
詳細は、お知らせ4月号(印刷版)をご覧ください


このぺージTOPへ
各号へジャンプします
2001年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号
2000年 10月号 11月号 12月号