12月号

司祭のことば 今月の予定 ご報告 その他

司祭のことば
 ちょっとだけよ(休暇の報告)

 サラリーマンの人から見れば信じられないような長い休暇をいただきました。別に報告の義務はないのですが、何人もの方に「いかがでしたか」と聞かれ、それにいちいち答えるのも煩わしくなってきたので、この場を借りて報告することにします(本当はただ単に自慢したいだけなんですけど)。
 8月1日から休暇になだれ込むことになっていたのですが、好事魔多しというやつで前々日に右足ふくらはぎの肉離れを起こし(このことはミサの説教でもふれたので省きます)、一週間ほどどこにも行けず悶々としておりました。病院に行っても治療するわけではなく、自然に治るのを待つだけなので、二度目の通院のとき「先生、もう来なくてもいいでしょう」と言って、その日のうちにキャンプ道具などをまとめて車に積み、次の日の朝早くには高速道路を西へ向かって走っておりました。
 一泊二日の時間をかけて鹿児島まで行き、そこからフェリーに乗ってお気に入りの島へ渡ります。台風が去った直後で、船の欠航明けということもあり、人も車もいっぱいで乗船できるかどうか心配でしたが、キャンセル待ちで運よく乗ることができました。レオ神父さんはわたしが「沖縄へ行った」とミサのなかでお知らせしてくださったそうですが、そんなに南ではありません。鹿児島から船で4時間ほどです(高速船だと2時間弱)。この島には神父になった年(16年前)にはじめて行って以来、もう数えきれないくらい訪れています。
 世界遺産に登録されてから、この島に来る観光客は増えつづけ、NHKのドラマ「まんてん」の舞台となったことでさらにその数は多くなっているようです。ドラマのタイトルにちなんだ土産物だけではなく、「まんてん」という民宿まであったのには笑ってしまいました。日本中どこへ行ってもやること考えることは同じなのだなとつくづくそう思いました。
 小説「浮雲」(林芙美子著)の舞台でもあるこの島は、その作品のなかで「一月に三十五日雨が降る」と言われているように雨量の多いところです。案の定、着いてしばらくすると雨模様のすっきりしない天気に変わりました。何もする気になれず、「いろいろなことから解放されて自由の身になったことだし、まあ、そんなに慌てなくても時間はたっぷりあるもんね」ということで、乗って行ったワゴン車のなかに芋虫状態でおりました。
 しかし、何もしないのも案外辛いもので結局は本を読んでいました。ご存じ池波正太郎の三大シリーズ「剣客商売」、ハカセ、モーちゃん、ハチベエのキャラクターが楽しい「ずっこけ三人組」、読みながら泣き、泣きながら読んだ「Deep Love」、目からウロコ本の「バカの壁」、そうか、そうだったのか!やはり神さまがいるからこうなったのだと確信する「生命40億年全史」。
 雨の五日間が終わると、こんなこともあるのかというほどの晴天がこの後十日間も続きます。それはわたしにとってこの島での至福の時となりました。その話はまた別の機会にいたします。
 それでは皆さま、「ちょっとだけのつもりが(休暇の報告A)」でお会いしましょう。 
主任司祭    立花 昌和  

TOPへ


今月の予定


  クリスマスツリーの飾りつけに参加してください 12月 5日(土)
 祭壇脇のツリーの飾りつけは、楽しくまた大変な仕事です。高いはしごに登れる若い方(特に男性)のご協力をお願いいたします。
日時: 12月5日(金)17時 より。
  宣教地司祭育成の日の特別献金 12月 7日(日)
 この日の献金はローマ教皇庁に集められ、全世界の宣教地の司祭育成のために援助金として送られます。なお、一粒会献金は今月はお休みです。
  半日黙想会 12月 7日(日)
指導 松 浦 信 行 神父(大阪教区)
〜プ ロ グ ラ ム〜   
午前10時   ミ サ
個別のゆるしの秘跡(ミサ後より)
昼 食
午後1時30分 講 話 (アンセルモホール)
午後2時30分 結 び の 祈 り

 *主の降誕を迎える準備としてご利用ください。
 黙想会の間にゆるしの秘跡を受けることができます。
  なお、昼食は各自でご用意ください。
  クリスマス前の大そうじ 12月20日(土)
日時:12月20日(土)午前10時〜12時
掃除箇所:聖堂内のガラス窓、入口ドア、聖堂周辺、トイレなどを中心に行いたいと思います。
◎ ご参加いただける方は、聖堂入口の「大そうじ当番表」にお名前をご記入ください。
◎各自、ぞうきん2〜3枚、軍手、ビニール袋などをご持参ください。皆様のご協力をお願いいたします。
  クリスマス・チャリテイ−コンサート 12月 6日、13日(土)
○12月6日(土)午後6時30分開演
聖アンセルモ・ソロイストによるクリスマス音楽
聖アンセルモ・シンガーズとサンデースクールによる
  クリスマスキャロルと聖誕劇
曲目 ヘンデル:メサイアより、A.アダン:「ノエル」
   M.デユプレ:シンフォニ−パッションより
   メンデルスゾーン:「天には栄え」 他
○12月13日(土)午後7時開演
〜コロンビア国内の紛争による難民の子供たちの為に〜
曲目 グレゴリオ聖歌:クリスマス徹夜ミサの固有唱
 J.S.バッハ:パイプオルガンの為の前奏曲とフーガ 
  ハ長調BWV531、管弦楽組曲第2番ロ短調BWV1067 他
 クリスマス・キャロル「みつかい歌いて」他
出演:合唱/カトリック目黒教会聖歌隊、聖アンセルモ・グレゴリ オ聖歌隊 弦楽/エルムの鍾弦楽合奏団、目黒学園室内合奏 団 パイプオルガン、チェンバロ/米沢陽子、目良節子他
フルート、指揮/勝俣敬二
    
TOPへ


ご報告

 
  ご報告
 世界宣教の日の献金200,495円は、10月28日に大司教館へ送金いたしました。ご協力ありがとうございました。

TOPへ


その他

  病人、高齢者への訪問
 病気のため、高齢のために教会にいらっしゃることができない方たちのために、御聖体をおもちいたします。ご希望される方、またそのような方をご存じの方は司祭までご連絡ください。

受洗 5名 転入 5名
結婚 2組 転出
帰天 1名   住所・その他変更
詳細は、お知らせ12月号(印刷版)をご覧ください



このぺージTOPへ
各号へジャンプします
2003年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号
2002年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2001年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2000年 10月号 11月号 12月号