7月号

司祭のことば 今月の予定 ご報告 その他

司祭のことば
 新しい一歩のための提案
 6月30日(日)に『福音的使命を生きる −新しい一歩のための提案− 』(東京大司教区再編成プロジェクトチーム)が小教区にて配布されました。皆さまの手もとに届いていますでしょうか。お読みいただいてますでしょうか。
 昨年6月、東京教区長・岡田武夫大司教のメッセージ『新しい一歩 −21世紀の福音宣教にむけての小教区再編成− 』が発表されました。このなかで大司教は小教区の再編成をすることをあきらかにしました。大司教のメッセージを受けて、各小教区や地域協力体において話し合いが行われ、地域協力体ごとに意見がまとめられて教区本部事務所に集められたのが昨年の12月のことです。
 大司教と司祭によるプロジェクトチームでは寄せられたさまざまな意見、提案、疑問をしっかりと読みました。そのうえで話し合いを重ね、先の提案をすることになった次第です。
 提案の文章の要点は二つあります。一つは改革の意図・目的を明確にすること。もう一つは改革の内容を具体的に示すことです。

 (1)改革の意図・目的 小教区の再編成にともなう改革によって目指しているものは「宣教の活性化」です。宣教する共同体、弱い立場の人々の救いとなる共同体として教会が刷新されるためには、小教区のありかたを根本的に見直すことが不可欠なのです。イエスがことばと行動によって、当時の救いに飢え乾く人々に神への信頼と希望を呼び覚ましていったように、わたしたちの教会が、今を生きる人々にとって救いと希望のしるしになるということ、この「福音的使命を生きる」ことがわたしたち東京教区の教会の改革の目標なのです(本文3〜6ページ)。
 (2)改革の内容 (a)小教区の再編成は具体的には3〜4の小教区が一つのグループとなることからはじまります。〈宣教協力体〉の名で呼ばれるこのグループ単位で福音的使命を生きることを目指していきます。これまでの小教区は聖堂を中心とする共同体ということで「聖堂共同体」と呼ばれます。いくつかの聖堂共同体の司祭・信徒・修道者が集まって、一緒に福音的使命を見つめながら歩んでいきます。最終的にはこの宣教協力体が小教区になっていきます。もちろん、そうなるためには長い時間がかかります(同6〜11ページ)。目黒教会は高輪、麻布と同じグループです。
 (b)教区としての働きを強化していきます。教区として取り組んでいく優先課題を3つに絞り込みました。(@)教会の福音的使命にたずさわる信徒の養成。(A)外国人の司牧と困難を抱えた外国人へのサポート。(B)心の病や心の傷を負った人々へのサポート(同11〜14ページ)。

 改革を行っていくためには解決しなければならないさまざまな問題が多くあります。一つ一つ丁寧に取り組んでいくしかないでしょう。わたしたち一人ひとりの意識改革と自立が今まで以上に求められます。どうぞ皆さま、プロジェクトチームから出された提案をよくお読みになって意見や提案をお寄せください。なお、目黒教会では信徒の話し合いの場を設けます(7月21日 10時のミサ後)。
主任司祭  立花 昌和   

TOPへ


今月の予定


一粒会献金  7月 7日(日)
今月は7日、第1日曜日のミサ献金の半分を神学生養成のための一粒会献金といたします。ご協力ください。
  小教区集会をします  7月21日(日) 
 7月21日(日)10時ミサ後、地区ごとに分かれて話し合いをしますので、多数ご参加ください。
 小教区再編成へ向けて、教区のプロジェクトチームより提案された『福音的使命を生きる −新しい一歩のための提案− 』を受けての話し合いです。東京教区のこれからの歩みにかかわることですので、皆さまの積極的な発言・提案をお願いします。
主任司祭  

TOPへ


ご報告

  初聖体おめでとう
 6月2日、キリストの聖体を祝う10時のミサの中で、22人の子どもたちが初聖体のお恵みをいただきました。

TOPへ


その他

  平和祈願祭に参列しましょう
 8月10日(土)「平和を願うミサ」が今年も千鳥ヶ淵戦没者墓苑で行われます。(詳しい予定は来月掲載)
  堅信式 10月20日(日)
 10月20日(年間第29主日)10時のミサに森司教様をお迎えして堅信式を行います。堅信を受けることが出来る方々へはご案内を送りましたので、希望する方は申し込んでください。申込みの締め切りは7月末日です。なお、堅信を受ける方には準備のための講座を受けていただきます。
  広報グループより
 雑誌「Casa BRUTUS」7月号に当教会が紹介されました。そのために電話およびインターネットによる建物の見学や写真撮影の依頼が多く来ています。
 当教会聖堂はアントニン・レイモンドの設計、聖堂内の照明は石井幹子の設計で、いずれも建築界では有名です。
  病人、高齢者への訪問
病気のため、高齢のために教会にいらっしゃることができない方たちのために、御聖体をおもちいたします。ご希望される方、またそのような方をご存じの方は司祭までご連絡ください。

受洗 1名 転入 2名
結婚 1組 転出 3名
帰天 2名   住所・その他変更 3件
詳細は、お知らせ7月号(印刷版)をご覧ください



このぺージTOPへ
各号へジャンプします
2003年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
2002年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2001年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2000年 10月号 11月号 12月号