6月号

司祭のことば 今月の予定 ご報告 その他

司祭のことば
 名前を呼ぶ
  ご縁があって、いくつかの幼稚園や保育園とかかわっている。かかわっているといっても、職員や保護者に聖書のお話をしたり、こどもたちに絵本を読んだり、ミサや祈りの会に出たり、という程度のものである。  しかし、偉いもので(べつに偉くはないか)この春には招かれて四つの卒園式に出た。祝辞などもさせられて、こういうのはどうも苦手だな、と思いながらもうれしいこともあった。
 ある卒園式のなかでのことだが、「卒園生に贈る歌」というのを在園児たちがうたったのである。一生懸命に覚えたんだろうなという感じで、また舌がよくまわらないところもかわいらしかった。しかし、もっともよかったのは歌詞の内容である。卒園するこどもの名前を一人ひとり呼んだのだ。「○○くん、なかよくしてくれてありがとう。○○ちゃん、やさしくしてくれてうれしかったよ。…」
 不覚にも涙がこぼれそうになった。
わたしはクールなので(「冷たい」という言い方をする人もいるが)泣くなどということはめったにないのだが、要するに感動したのである。名前を呼ばれるということがこんなにもうれしいことだと感じたのははじめてである。以来、ことあるごとにだれかれとなく自慢げにこの話をしている。
 さて、わたしたちの教会では、と考えてしまう。  お互いを名前で呼ぶ、ということがどれほど行われているだろう。もともと親しくしている人のことは名前で呼びかけるでしょう。しかし、知らない人に対して、顔は知っているけど名前はまだ、というような人に対しての姿勢はどうなのだろう。
 教会はミサに集い、そこで出会って、互いを知り合い、交わりを深めていくところである。わたしたちは集うところまではするけれども、そのあとの出会い・知り合い・交わりを深める、というのは決して十分とは言えない。はじめて教会を訪れたかた、転入してきたかたが疎外感や孤立感を抱くのもそこのところに原因があるのだろう。
 わたしたちの教会が互いに助け合い、支え合ってともに生きる共同体となっていくための第一歩は相手の名前を覚えること、名前で呼び合うことである。そう言いつつも、わたしはこの教会の担当になって四年目であるが、まだまだお顔と名前の一致しないかたがいる。インタナショナルのミサに集まる人たちはなおさら知らない状態である。情けないことである。
 親しく名前を呼んでくださるおかた(聖書を読むまでもなく)を信じる者として、相手を名前で呼べるようなかかわりを生きていきたい。
主任司祭  立花 昌和   

TOPへ


今月の予定


バザー前日のミサ  6月 1日(土)
 バザー当日、担当業務のためミサにあずかれない方々のために、バザー前日6月1日(土)15:30に行われます。
  一粒会献金  6月 2日(日) 
 今月は2日、第1日曜日のミサ献金の半分を神学生養成のための一粒会献金といたします。ご協力ください。
  初聖体  6月 2日(日)
 10時のミサで行われます。
  粕谷神父特別講座  6月16日(日)
 6月16日(日)10時のミサ後11:15〜12:30、司祭館2階集会室にて、「神様はどこに?」のテーマで講話があります。 皆様のご参加をお待ちしております。
  聖ペトロ使徒座への献金  6月23日(日)
 教皇は毎年世界各地を訪問し、人々の苦しみや悩みを聞き、祈りと具体的な援助を通して全世界の人々に心を注いでおられます。この聖ペトロ献金は教皇の活動のために充てられます。ご協力ください。

TOPへ


ご報告

  ご報告
 広報の日の特別献金204,643円は5月14日に大司教館へ送金いたしました。また、永年小布の会が小布をお届けしていました鬼子母神病院より10,000円の献金を頂きました。皆様のご協力を感謝し、ご報告いたします。

TOPへ


その他

  「2002年世界広報の日教皇メッセージ」 のご紹介
 2002年世界広報の日に教皇ヨハネ・パウロ二世より、新しい福音宣教の場としてのインターネットを捉え、そのメッセージの中で「教会はこの新しいフォーラム(=インターネット)に、平和の君であるキリストの福音を携えて、参入する決意を固めています」と、述べられています。今後も教皇よりインターネットに関する多くのメッセージが発せられると思いますが、広報グループでは適宜このように皆様にご紹介していきたいと思います。
 教皇メッセージの全文はカトリック中央協議会のホーム
ページ(http://www.cbcj.catholic.jp/doc/sc/02sc.htm)に掲載されております。現在コンピュータをお持ちでない方、インターネットに接続していない方は、お気軽に中村、お近くの広報担当者までお声をかけてください。後日、メッセージのプリントを送付させていただきます。
広報グループ
  売店のガラスケースのつぶやき
ただいま売れ筋の三冊の本があります.
お早くお買い求めにならないと売り切れます.

「下町の神父」(大原猛著2400円)
  力作です.
「仲知教会の牧者たち」(下口勲編1000円)
  労作です.
「十字架上の仏陀 −バーミヤン石仏への献花−」
  名作です.(粕谷甲一著880円)
  堅信式 10月20日(日)
 10時のミサで、森司教司式により行われる予定です。
バザーが終了した後に、未だ堅信の秘跡を受けていない方々に案内と申込用紙を発送いたします。
  病人、高齢者への訪問
病気のため、高齢のために教会にいらっしゃることができない方たちのために、御聖体をおもちいたします。ご希望される方、またそのような方をご存じの方は司祭までご連絡ください。

受洗 1名 転入 1名
結婚 転出 3名
帰天   住所・その他変更 7件
詳細は、お知らせ6月号(印刷版)をご覧ください



このぺージTOPへ
各号へジャンプします
2003年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
2002年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2001年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2000年 10月号 11月号 12月号