1月号

司祭のことば 今月の予定 ご報告 その他

司祭のことば
  「幼子ひとり今宵生まれ、男児(おのこ)ひとりをわれらは受けた」

 「あかちゃんは ただ居るだけで 人をなごます」その繊細な感性を脅かすことが、なければ、自分のいのちも存在も完全に委ねて安らいでくれる、差し出す腕に、抱きとる胸に……。近づくのにも何の構えも・衒いもいらない。神の御独子(おんひとりご)は、このように訴えながら 人間の世界に現れてくださった。威圧感を与える王宮にではなく、暖かな安住の吾が家にでもなく、人里に近くはあっても住家ではない 家畜が雨宿りする洞穴に……。
 固く粗末な家畜の餌箱も、両親が精一杯に整えた干草の上に暖かな布にくるまれ、更に暖かな愛と感謝の息吹に包まれて安らかに眠る新生児。救主は何故このような姿をお選びになったのだろうか?…ここまで書いて来て筆が止まる。脳がマッ白になってしまった。原稿締切の時刻はとうに過ぎている。ちょうどこの時、恩師 奥村一郎神父様が御恵贈下さった近著“祈りの心”を受け取った。目次を見ると 第1章「幼子に学ぶ」その第2項が「無心の微笑」思わず惹きつけられる。そうだ これを改竄紹介させて頂こう。
 《さる3月初め、尼崎の山名氏宅に二人組の強盗が入った。主人は入院中で、風邪気味の坊やに母親マスエさんがそい寝をしていた。強盗は坊やには刃物を突きつけ「金を出さぬと、この子を殺すぞ」と脅迫。マスエさんはもらって来たばかりの給料二万円を差し出した。その時 眠っていた坊やは目を覚まし、父親が帰って来たと思ったのか、突きつけられた刃物をオモチャとでも見たのか、自分をあやしてくれるとでも思ったのか、いかにもうれしそうに キャッキャッと笑った。驚いた強盗は、刃物をしまい、二万円の中から二千円を返し「坊やにミルクでも買ってやれ」と言い残し 春の宵ヤミに消えていった。
 一週間後、一紳士が尼崎署に「坊やのミルク代や家計の足しに、山名さんに届けて欲しい」と 名も告げずに二万円を奇託して行った。》

 今年もクリスマス。幼子イエスの無心の微笑に触れて邪心から浄められ、多くの人の慈悲心が呼び覚まされますように。  
助任司祭    川村 マ司   

TOPへ


今月の予定


  元旦のミサ  1月 1日(日)
 神の母聖マリア・世界平和の日午前0時、午前11時(日本語・英語共通)
 ミサ後アンセルモホールでお屠蘇をどうぞ。
  一粒会献金  1月 6日(日)
 今月は6日、第一日曜日のミサ献金の半分を神学生養成のための一粒会献金といたします。ご協力ください。
  新年会・成人祝賀会  1月 6日(日)
 10時のミサ後、新年会、成人の祝賀会を兼ねてアンセルモホールでパーティーを行います。皆様方お誘い合わせの上多数ご参加ください。
  カトリック児童福祉の日  1月27日(日)
 子供たちが使徒職に目覚め、思いやりのある人間に成長することを目的として制定されました。子供たちが自分たちの幸せだけでなく世界中の子供たちの幸せを願い、そのために祈り、犠牲や献金をささげます。毎日のおやつや買いたいものなどを我慢して貯めた子供たち自身のお小遣いの中から献金することが勧められています。ご協力ください。
  信徒総会  1月27日(日)
 10時のミサ後、信徒総会を行います。2001年度の活動報告、決算報告および2002年度新委員の承認、予算の承認等を行いますので多数ご参加ください。

TOPへ


ご報告

  ご報告
 11月27日にミャンマーの教会のための献金197,672円、12月11日に宣教地司祭育成献金223,118円を大司教館へ送金いたしました。また、12月16日教皇様のよびかけに応えての断食献金71,310円は12月25日送金の予定です。クリスマスコンサートより教会会計へ20,000円の献金がありました。ご協力ありがとうございました。
  半日黙想会の報告
 12月15日、上杉神父様を講師にお迎えして半日黙想会がありました。10時のミサのあと、ゆるしの秘跡、1時30分から講話、ベネディクションがあり、3時すぎに終了しました。上杉神父様からご自身の体験が素直に語られ、私達もありのままの自分を神様の前にさし出す勇気を頂きました。「神様が私の中にきてくださらなければ、私は満たされることはありません」というお言葉は待降節にかみしめたい言葉だと感じました。

TOPへ


その他

  お休み
 新年1月2日(水)〜5日(土)まで朝7:30のミサはお休みです。
  事務所からのお願い
 12月28日から1月4日まで事務所は休みます。 各種手続きは1月5日以降にお願いします。
  小布の会より
 このたび都合により、小布の会は解散いたしました。長い間のご協力ありがとうございました。なお、材料用の古布は今後お持込みくださいませんようにお願いいたします。
  活動グループに参加しましょう
当教会には下記のような活動グループがあります。どこに参加するのも、何ヶ所に参加するのも自由です。新しく参加なさりたい方は用紙を準備いたしますのでお申し込み下さい。
祭壇奉仕,聖歌隊,聖堂案内,香部屋,照明音響,清掃,冠婚葬祭,日曜学校,広報,コーヒーサンデー,共助組合,納骨堂
  病人、高齢者への訪問
 病気のため、高齢のために教会にいらっしゃることができない方たちのために、御聖体をおもちいたします。ご希望される方、またそのような方をご存じの方は司祭までご連絡ください。


改宗 1名 転入 4名
帰天 1名 転出 0名
  結婚 2組   住所・その他の変更 8件
詳細は、お知らせ1月号(印刷版)をご覧ください



このぺージTOPへ
各号へジャンプします
2003年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
2002年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2001年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2000年 10月号 11月号 12月号