3月号

司祭のことば 今月の予定 ご報告 その他

司祭のことば
「喜びと感謝」

 キリストが復活しなかったなら、わたしたちの宣教は無駄であるし、あなたがたの信仰も無駄です。           (Tコリント信徒への手紙 15;12-20)
 3年前、岡田大司教様の主任司祭の任命によって宮崎神学生と一緒に、13年間過ごした千葉寺教会の思い出を背負って、この目黒教会に来ました。千葉寺教会で初めて会った子どもが13年後には青年になりました。また、青年は結婚して子どももいます。結婚した二人の喜びは今でも心に残っています。天国に召された皆さんの忘れられない思い出もあります。一度も千葉寺教会には戻っていませんが、何人もの信徒がこの目黒教会まで訪ねてきてくれました。私は昔の感謝と尊敬の気持ちで迎えました。今度は目黒の主任司祭から離れることになります。しかし、千葉寺のお別れとは違う点があります。菊地大司教様から頂いた任命は麻布教会の協力司祭です。それに、東京オリンピックの時に海外から来る兄弟姉妹の信仰の喜びを分かち合うことができるように、その時の司牧のプロジェクトチームの任命も受けました。そしてこれからも港・品川宣教協力体に残ります。また、新しい主任司祭の招きがあればいつでも目黒を訪ねます。
 神様のために特別な時間と場所はありません。すべては現在です。毎年主イエス・キリストの復活の典礼によって新たな喜びになります。昔の出来事の思い出だけではなく教会の典礼によって、信仰に新たな喜びが与えられます。主イエス・キリストは生きているのです。一人ひとりの信者の心にご聖体として存在しています。使徒パウロの言葉にあるように主イエス・キリストが復活しなかったなら私たちの信仰は虚しいものです。しかし、主イエス・キリストは生きているのです。その信仰は私たちに光、喜び、希望を与えます。目黒教会の使命の終わりにこの3年間支えてくださった信徒の皆さんに感謝しています。岡田大司教様にはこんな後期高齢者にその任を与えてくださったことに特に感謝しています。この目黒教会には二つの共同体があります。日本人の共同体とインターナショナルの共同体です。しかし、小教区は一つです。この二つの共同体で教会に尽くしてくださった教会委員長をはじめ聖体奉仕者、祭壇奉仕者、そしていろいろな奉仕をしてくださった皆さんに感謝します。感謝する皆さんの名前はここには書けません。しかし心に刻んでいきます。高木神父様には日本の共同体のために協力してくださり感謝しています。そして、エドウィン神父様のインターナショナルの共同体のための司牧的な指導で、皆は教会は一つの家族のようだと感じています。
 これから、新しい主任司祭の宮下神父様の指導によってこの聖アンセルモカトリック目黒教会は新しいビジョンが始まります。彼の指導によってきっと目黒教会は今までどおり世の光となり続けます。主日のミサの説教や聖書と典礼に必ず出る言葉、感謝、あかし、分かち合い、の実践を皆さんにお勧めします。これからも皆さんに与えられた信仰の喜びを伝え、どこにいても、どんな生活をしていてもキリストの復活の喜びのあかし人になってください。キリストの復活はいのちと信仰の泉です。今年の復活の喜びがいつまでも輝くようにお祈りいたします。
 この高齢者の司祭に感謝と尊敬を表してくださった皆さんに心から喜びと感謝の気持ちを申し上げます。
主任司祭  マルコ・アントニオ・マルティネス 

TOPへ


今月の予定


愛の募金
 四旬節中、愛の実行として行われる募金活動にご協力をお願いします。聖堂入り口の特設献金箱にお入れください。
病者と共に捧げるミサ   3月 2日(土)
 毎月第1土曜日、11:00から小聖堂にて
 教会にいらっしゃることが困難な方はご聖体をお持ちしますので教会事務所までご相談ください。
神学生養成のためのロザリオの祈り   3月 3日(日)
 3月3日(日)9時20分より聖堂で行います。
 毎月第一日曜日10時のミサの前に新学生養成・召命祈願のためのロザリオの祈りを行っています。
一粒会献金   3月 3日(日)
 今月は3日、第1日曜日のミサ献金の半分を神学生養成のための一粒会献金といたします。ご協力ください。
先唱者とりまとめ:オリーブの会  
灰の水曜日   3月 6日(水)
 ミサ7:30、19:00
※灰の式は3月10日(日)のミサでも行います。
洗礼志願式   3月10日(日)
 四旬節第1主日 10時のミサで行います
十字架の道行
 四旬節中、3月8日(金)から4月12日(金)まで毎週金曜日、午後7時から、ご復活祭をより良く迎える準備として十字架の道行きを行います。
 十字架の道行は、カトリックの信者に最も親しまれている伝統的な信心業です。初めは、巡礼者がエルサレムまで巡礼の旅に出かけ、キリストの苦しみと死に関連したいろいろな場所を訪ねていました。それを模して、各地の教会でイエスの生涯の最後の出来事を象徴する絵を掛けて祈るようになりました。
四旬節の半日黙想会   3月10日(日)
  テーマ:『教皇様の私たちへのメッセージ』
  指 導:森一弘司教 (東京教区)
         〜プログラム〜
    10:00 ミサ(司式と説教)
    11:00 第一の講話(アンセルモホール)
    11:50 食事
    12:45 第二の講話(アンセルモホール)
    13:30 わかちあい(アンセルモホール)
  ゆるしの秘跡 8:30から10時ミサ終了まで聖堂にて
四旬節と聖週間の典礼     
 3月6日(水)灰の水曜日 
         ミサ・灰の式 7:30、19:00
         *大斎・小斎
   10日(日)四旬節第1主日 
         洗礼志願式 10時ミサ中
         半日黙想会 10時ミサより
 4月14日(日)受難の主日 7:30、10:00、17:00
         枝の行列(10時ミサ中)
   18日(木)聖木曜日
         主の晩餐のミサ 19:00
   19日(金)聖金曜日 主の受難 19:00
         *大斎・小斎
   20日(土)聖土曜日 復活の徹夜祭 19:00
             光の式、洗礼式
   21日(日)復活の主日 7:30、10:00、17:00
         10時ミサ後パーティー
    
TOPへ


ご報告

 
ご報告
 世界こども助け合いの日の特別献金260,730円は2月4日大司教館へ送金いたしました。ご協力ありがとうございました。
ご報告
 2月10日10時の御ミサは、昨年7月に叙階された大阪大司教区のパウロ酒井俊弘補佐司教様の司式で行われ、目黒教会の信者だけではなく、司教様所縁の方々も来られ、総勢約320名で与りました。お説教の中で「私たちは、この世の最後の瞬間まで、神様の呼びかけに応えていくこと」など多くのメッセージを頂きました。
 ミサ後メリーホールで、司教様を囲んでささやかな歓談の会が、和やかな雰囲気で開かれました。

TOPへ


その他

教皇の声
 フランシスコ教皇様は、インターネット上で毎日ツイート(つぶやき)をされています。これを見ることにより教皇様のお考えや思いに触れることができます。ここにいくつか載せますが、中央協議会のホームページに和訳が載りますので、皆様ぜひご覧になってください。    主任司祭 

 愛されているものだけが救われます。抱かれているものだけが変われるのです。(1月28日)

 この数日人々とともに過ごし、再びこのワールドユースデーを体験する機会を与えてくださった神に感謝します。祈りでわたしたちを支えてくださった皆さん、努力と激務で助けてくださったすべての皆さんに感謝します。(1月28日)

 ドン・ボスコは、現実を人の目と神の目で見る勇気をもっていました。司祭一人ひとりもそれに倣い、現実を人の目と神の目で見ることができますように。(1月31日)

 祈りは、後ずさりする心を清めます。心からの祈りは兄弟愛を再生させます。(2月5日)
  
 真福八端は、わたしたちの人生の地図です。心を清く保ち、柔和と正義を行い、すべての人にいつくしみを示し、神と一致して苦しみを生き抜くよう、真福八端はわたしたちを招きます。(2月5日)

 わたしたちは皆、いやされることが必要です。そして謙遜で柔和であれば、つまりよいことばと、忍耐と、まなざしをもっていれば、人をいやすことが、皆できます。(2月7日)

 人身取引は人間の尊厳を著しく傷つけるものです。この恥ずべき害悪に目を開き、これを撃退するために力を尽くしましょう。(2月9日)

 神への愛と隣人愛とは不可分で、同じ一つのコインの二つの面です。この二つが生きられてこそ、信者の真の力となるのです。(2月9日)

 病者に向けた寛容な態度こそ、地の塩、世の光です。どうかルルドの聖母が、わたしたちがこれを実践できるように助け、苦しむすべての人々のために、平和といやしを手に入れられますように。(2月11日)

 キリスト者は平和を促進します。いま暮らしている共同体から始めて。(2月17日)
C地区のみなさまへ
2018年6月にC地区の活動記録をみんなで共有できるようにとフェイスブックに「カトリック目黒教会C地区の広場」を立ち上げました。フェイスブックでは「非公開」に設定しましたのでタイトルのみは一般の人でも検索できますが書き込み内容はグループの承認を受けた人しか見ることができません。

広場の目的は次の通りです。
 1.C地区の活動記録
 2.情報提供
 3.意見交換(教会委員会へのご要望や質問もこちらでどうぞ)
 4.近況報告
 5.教皇フランシスコ、菊地大司教様ツィート情報など

この機会にC地区でフェイスブックのアカウントをお持ちの方は「カトリック目黒教会C地区の広場」へご登録して情報を共有しませんか。既存メンバーによる招待が必要となりますのではじめての方はまずはメールにてご連絡を。
また、教会委員会が基本的に毎月一回開催しています。教会へのご意見、質問、要望などございましたらお気軽にメールにてご連絡ください。
みなさまからの貴重な提言として教会委員会へ申し伝えます。
管理者:C地区委員
D地区のお知らせ
 19年度地区当番予定
聖堂掃除 5月4日(土)、10月5日(土) 9時30分開始
パーティー 新年会 2020年1月12日(日)
 毎月コーヒーサンデーの会場で交流の機会を持つことにしました。委員会の報告、ご意見、パーティーの打合せ等々その時々に合わせて地区の皆様と話し合うことができればと思います。どうぞご協力よろしくお願いします。
D地区委員  
納骨堂
納骨堂管理委員会について:この度、主任司祭推薦による1名、教会委員長、維持3名による、今年度の「納骨堂管理委員会」を立ち上げました。
納骨堂維持会総会につて:納骨堂維持会総会を3月24日(日)10時のミサ後開催いたします。ご案内は3月初旬維持会員に送付致します。
多数の方の出席をお願い致します
図書グループより
 読書会“玉手箱”は2月28日木曜日2時から集会室で行います。
今月のテキストは、J・グリーンの『モイラ』です。
キリスト教文学の世界Tに入っています。図書室にあります。
オリーブの会よりお知らせ
●神学生養成のためのロザリオの祈りの参加希望者を募集しております。参加ご希望の方はオリーブの会メンバーにお問い合せください。

●「私の最期のときのために」のカードの名称を「緊急連絡先」に変更し、できしだい差し替えます。 目黒教会の連絡先などを記載したカードです。 ご希望の方は、教会事務室にお問い合せください。

●病人・高齢者の訪問
 病気や高齢のため教会に来られない方の訪問・お便りによる交流をしています。ご希望があればご聖体もおもちします。教会事務所までご連絡ください。交通費などのお心遣いは必要ございません。
東日本震災支援プロジェクトより
 福島やさい畑 復興プロジェクト
 次回の野菜販売は3月18日(日)8:30から
 ご協力よろしくお願いいたします

受洗 転入 1名
結婚 1組 転出 1名
帰天   住所・その他変更 4件
詳細は、お知らせ3号(印刷版)をご覧ください



このぺージTOPへ
各号へジャンプします
2019年 1月号 2月号
2018年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2017年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2016年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2015年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2014年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2013年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2012年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2011年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2010年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2009年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2008年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2007年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号  12月号
2006年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2005年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2004年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2003年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2002年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2001年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2000年 10月号 11月号 12月号