3月号

司祭のことば 今月の予定 ご報告 その他

司祭のことば
「二本の電話」

 3月は卒業があったり、引っ越しがあったり4月から新しい生活を始める人にとって準備の期間であり、期待や不安を抱きながら過ごす時なのではないかと思います。この時期になると思いだすのが、以前いた高幡教会でのことです。ある年この時期に教会に一本の電話がありました。それは京都でカトリック系の学校をやっている修道会の神父様からでした。その神父様のお話しは「今度うちの生徒が東京の大学に行くことになりました。近くの教会を調べたら高幡教会だったので電話しました。彼はとても信仰熱心な子ですので、私は神父になったらよいと思っているくらいですが、とにかくそちらに行きましたらどうぞよろしく」というものでした。高幡教会の周りには大学がいくつかあるのです。しばらくしてまた別の電話がありました。今度は熊本県にある教会の男性からで、「今度うちの息子が東京の大学に行くことになりました。近くの教会を調べたら高幡教会だったので電話しました。田舎の子は都会に出ると教会に行かなくなることも多いので、うちの子もどうなるかはわかりませんが、もし教会に行きましたらどうぞよろしく」というお話しでした。その年に限って2件続けて、故郷を離れる子を案じる人から電話があったのです。教会に電話してきたその方々の思いは、子供たちが教会に行くかどうかを心配するという以上に、送り出す前に、今出来ることは何でもしておきたいということなのだろうと感じました。とは言え、親の心子知らずだからどうなるかわからないよね、などと教会の方と話していました。しかし、それからあまりたたない日曜日のミサに見慣れない青年が一人来ていました。小さい教会なのですぐにわかります。ミサ後に話してみると、言葉の感じからすぐに京都の子だとわかりました。「君の学校の神父さんから、よろしくって電話があったよ」と伝えると、「そうなんですよね。その神父さんは僕を神父にしようとしてはるんです。僕はそのつもりはないんですけどね」という答え。それでもとにかく彼は教会にやってきました。それからしばらくたってまた別の青年が来ました。「ひょっとして熊本からきたんじゃない?」と聞くと、「どうしてわかったですか?!」と彼。「君のお父さんから電話があったんで」。「へえ。親父そんなことしてたんですか」。それから二人とも青年の仲間にはいって教会学校をてつだってくれました。今年もこの時期、多くの人が愛する者を遠くに送り出すことでしょう。その方々と心を合わせて祈りたいと思います。「いつくしみ深い父よ、あなたの子がどこにいても、すべてあなたのもとに呼び寄せてください」(第三奉献文)。新しい生活を始める人たちが、どこにいても神様の愛を見出すことが出来ますように。そして教会がそのための道具になれますように。 
協力司祭  高木 健次 

TOPへ


今月の予定


愛の募金
 四旬節中、愛の実行として行われる募金活動にご協力をお願いします。聖堂入り口の特設献金箱にお入れください。
病者と共に捧げるミサ   3月 3日(土)
 毎月第1土曜日、11:00から小聖堂にて
 教会にいらっしゃることが困難な方はご聖体をお持ちしますので教会事務所までご相談ください。
神学生養成のためのロザリオの祈り   3月 4日(日)
 3月4日(日)9時20分より聖堂で行います。
 毎月第一日曜日10時のミサの前に新学生養成・召命祈願のためのロザリオの祈りを行っています。
一粒会献金   3月 4日(日)
 今月は5日、第1日曜日のミサ献金の半分を神学生養成のための一粒会献金といたします。ご協力ください。
先唱者とりまとめ:オリーブの会  
十字架の道行
 四旬節中、2月16日(金)から3月23日(金)まで毎週金曜日、午後7:00から聖堂にて、ご復活祭をより良く迎える準備として十字架の道行を行います。
 十字架の道行は、カトリックの信者に最も親しまれている伝統的な信心業です。初めは、巡礼者がエルサレムまで巡礼の旅に出かけ、キリストの苦しみと死に関連したいろいろな場所を訪ねていました。それを模して、各地の教会でイエスの生涯の最後の出来事を象徴する絵を掛けて祈るようになりました。
四旬節と聖週間の典礼     
 3月25日(日)受難の主日 7:30、10:00、17:00
         枝の行列(10時ミサ中)
   29日(木)聖木曜日
         主の晩餐のミサ 19:00
   30日(金)聖金曜日 主の受難 19:00
         *大斎・小斎
   31日(土)聖土曜日 復活の徹夜祭 19:00
             光の式、洗礼式
 4月1日(日)復活の主日 7:30、10:00、17:00
         10時ミサ後パーティー
    
TOPへ


ご報告

 
ご報告
 世界こども助け合いの日の特別献金237,130円は2月16日大司教館へ送金いたしました。ご協力ありがとうございました。
侍者クリスマス会報告
 昨年12月23日にマルコ主任司祭主催による侍者クリスマス会がありました。
 10時、12時、17時ミサで侍者をしているメンバー20人以上が参加し、聖堂でお祈りした後、マルコ神父、高山助祭、メキシコの神父様方が作られた心尽くしのメキシコ料理やケーキをいただきました。その後、皆で踊ったり、外に出てピニャータをして楽しいひとときでした。

TOPへ


その他

教皇の声
 フランシスコ教皇様は、インターネット上で毎日ツイート(つぶやき)をされています。これを見ることにより教皇様のお考えや思いに触れることができます。ここにいくつか載せますが、中央協議会のホームページに和訳が載りますので、皆様ぜひご覧になってください。    主任司祭 

 キリスト者の喜びはお金で買うことはできません。それは信仰からもたらされるものであり、イエス・キリストとの出会いからもたらされます。イエスこそ、わたしたちの幸福の根拠です。(1月27日)

 わたしたちに問題を引き起こさない信仰は、問題ある信仰です。わたしたちを成長させない信仰は、成長すべき信仰です。(2月2日)

 自分の惨めさを自覚し、謙虚に目線を下げている人は、その人に向けられた神のいつくしみ深いまなざしを感じられます。(2月5日)

 謙遜に、誠実に、自分の罪を告白する人はゆるしを受け、神との、また兄弟姉妹とのきずなを新たにします。(2月14日)

 自らの誤りを認め、ゆるしを願うことができる人だけが、他者からの理解とゆるしを得られるのです。(2月19日)
D地区の皆様へ
 3月3日(土)9:30よりD地区による聖堂掃除を行います。皆様のご参加をお待ちしております。
 3月18日の10時のミサ後4月1日に行われます「イースターパーティー」を今年はD地区が担当いたしますので、その打合せをコーヒーサンデーの会場で行います。
多くの方々の参加をお待ちしております。
D地区委員  
オリーブの会よりお知らせ
●神学生養成のためのロザリオの祈りの参加希望者を募集しております。参加ご希望の方はオリーブの会メンバーにお問い合せください。

●「私の最期のときのために」のカードの名称を「緊急連絡先」に変更し、できしだい差し替えます。 目黒教会の連絡先などを記載したカードです。 ご希望の方は、教会事務室にお問い合せください。

●病人・高齢者の訪問
 病気や高齢のため教会に来られない方の訪問・お便りによる交流をしています。ご希望があればご聖体もおもちします。教会事務所までご連絡ください。交通費などのお心遣いは必要ございません。
東日本震災支援プロジェクトより
 福島やさい畑 復興プロジェクト
 次回の野菜販売は3月18日(日)8:30から
 ご協力よろしくお願いいたします

受洗 転入 3名
結婚 転出 5名
帰天 2名   住所・その他変更 1件
詳細は、お知らせ3号(印刷版)をご覧ください



このぺージTOPへ
各号へジャンプします
2018年 1月号 2月号
2017年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2016年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2015年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2014年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2013年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2012年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2011年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2010年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2009年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2008年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2007年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号  12月号
2006年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2005年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2004年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2003年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2002年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2001年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2000年 10月号 11月号 12月号