9月号

司祭のことば 今月の予定 ご報告 その他

司祭のことば
無原罪の聖母 (バルトロメ・ムリジョ作)

 前にいた教会の何人かの信者と上野の美術館へ行きました。その時スペインのマドリードの El Prado「エル・プラド」美術館から来た有名な油絵の展示があり、素晴らしい絵がたくさんありました。そのなかで最も目立った絵が画家ムリジョの傑作、無原罪の聖母で、私はその前で息が出来ないほど感動しました。マリア様の手、顔、目が見事に無原罪を表しており、そしてマリア様の周りの良く見ると曇って見える小さな天使がその無原罪を守っていることを画家ムリジョは自分の技術として描いたのです。この無原罪の絵に又見事な金箔の額縁がついているのですが、その額の下の左角にあまり目立ない小さな傷がありました。
 ところが、一緒にいた信者の一人が無原罪のマリア様の絵よりも額の小さな傷ばかり見て言ったのです「あらぁ!もったいない、立派な金箔の枠にこんな傷があって残念ですね」。その時私はその方に言いました。「私たちは千葉駅までバスに乗って、総武線に乗って、東京駅で乗り換えて、やっと上野駅まできて、高い入場料を払って、一時間並んで、そのどうでもいい額の傷を見る為に来たのではないんですよ」と。かわいそうな方だと思いました。
 残念ですが、時には我が教会にも典礼を通して神様から自分に又色々な人に頂いた恵みを見ないで、小さな間違いに心を惑わされている人がいます。
 主イエス様の時に、ファリサイ派、立法学者がいました。悪い人々ではなく、祈り、そして戒めを守るだけで救われると思っていました。自分だけ完璧な人間だと思い、心を固くして他の人の小さな間違いも許す事ができなかったのです。その人達に福音の中で主イエス様の一番厳しい言葉があります。

“律法学者たちとファリサイ派の人々、あなたたち偽善者は不幸だ。薄荷、いのんど、茴香の十分の一は献げるが、律法の中で最も重要な正義、慈悲、誠実はないがしろにしているからだ。これこそ行うべきことである。(マタイ 23/23)”

 主日のミサの典礼、又は特別なイベントに司祭と色々な信者が奉仕をいたします。司祭でも、奉仕者でも、人間だから時には間違う事がありますが、その時こそ教会の典礼の素晴らしさを味わい、神様に賛美を捧げ、そうして頂く恵みを、信仰の光と喜びの内に素直な心で頂くべきです。そして、祈り、聖書朗読、讃美歌の教えを中心にして、上野の美術館で素晴らしい無原罪の聖母の絵を見ないで、その金箔枠のちいさな輝きばかりを見ていた人のような目ではなく、教会で行う典礼とイベントを明るい目と広い心で与りましょう。

*参考として:(マタイ23/13-32)読んでください。
主任司祭  マルコ・マルティネス 

TOPへ


今月の予定


病者と共に捧げるミサ   9月 2日(土)
 毎月第1土曜日、11:00から小聖堂にて
 教会にいらっしゃることが困難な方はご聖体をお持ちしますので教会事務所までご相談ください。
一粒会献金   9月 3日(日)
 今月は3日、第1日曜日のミサ献金の半分を神学生養成のための一粒会献金といたします。ご協力ください。
神学生養成のためのロザリオの祈り   9月 3日(日)
 9時20分より聖堂にて。
 毎月第1日曜日10時のミサの前に神学生養成・召命祈願のためのロザリオの祈りを致します。
先唱者とりまとめ:オリーブの会  
人生の実りに感謝する集い   9月17日(日)
 10時のミサで特別の祝福を受け、共にお祈りをしたのち、アンセルモホールで簡単なパーティーを行います。多数ご参加ください。パーティー担当はB地区です。
世界難民移住移動者の日の献金   9月24日(日)
 この日は、各小教区とカトリック施設が、国籍を超えた神の国を求めて、真の信仰共同体を築き、全世界の人々と「ともに生きる」決意を新たにする日です。日本では日本カトリック難民移住移動者委員会が世界の協力グループと共に活動しております。そのための霊的支援である祈りと物的支援である献金をささげます。ご協力ください。
    
TOPへ


ご報告

 
「地域のふれあい」参加報告
 7月30日(日)権之助坂商店街主催の「地域のふれあい第33回 盆踊り大会」に今年もフランクフルトソーセージと生ビールの模擬店で参加しました。天候にも恵まれ売れ行きも順調で時間内に完売できました。
 今年も目黒学園カルチャースクールには長時間にわたりご協力いただきました。感謝いたします。
平和旬間プログラム報告
 8月5日(土)当教会にて中央地区のプログラムとして港・品川宣教協力体企画運営で作家の石井光太さんの講演会「みんなのチャンス〜ぼくと路上の4億人のこどもたち〜」と五大陸のロザリオの祈りが約300人の参加で行われました。

TOPへ


その他

教皇の声
 フランシスコ教皇様は、インターネット上で毎日ツイート(つぶやき)をされています。これを見ることにより教皇様のお考えや思いに触れることができます。ここにいくつか載せますが、中央協議会のホームページに和訳が載りますので、皆様ぜひご覧になってください。    主任司祭 

 それぞれの社会に不可欠な、人間的、宗教的遺産を継承するため、家庭生活における祖父母の存在は大切です。(2017/7/27)

 何か苦しいことがあれば、心の中のイエスの声を聞きましょう。「恐れるな!前に進め!わたしはあなたとともにいる!」(2017/8/11)

 聖母マリアを見れば、謙遜は弱い人の徳ではなく、強い人の徳であることが分かります。そうした人は、自分が偉いと感じるために他人をひどい目に遭わせたりしません。(2017/8/13)

 悲しかったり、すべてがうまくいかないように感じる時は、このことを思い出してください。「神はわたしを愛しておられます。決してわたしを見捨てません」(2017/8/22)

 人間が生きるためには希望が必要であり、その希望を持つためには聖霊が必要です。(2017/8/25)
東日本震災支援プロジェクトより
 福島やさい畑 復興プロジェクト
次回の野菜販売は9月17日(日)8:30から
ご協力よろしくお願いいたします

受洗 転入 3名
結婚 1組 転出
帰天 2名   住所・その他変更 2件
詳細は、お知らせ9月号(印刷版)をご覧ください



このぺージTOPへ
各号へジャンプします
2017年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号
2016年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2015年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2014年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2013年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2012年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2011年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2010年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2009年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2008年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2007年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号  12月号
2006年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2005年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2004年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2003年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2002年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2001年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2000年 10月号 11月号 12月号