2月号

司祭のことば 今月の予定 ご報告 その他

司祭のことば
 宮崎翔太郎神学生の宣教司牧実習

 昨年、岡田大司教様から目黒教会主任の任命を使命として受け取りました。まだ千葉寺教会にいる時でしたが、大司教様からもう一つの使命も受け取りました。一年間、宣教司牧実習のために千葉寺教会に週末に来ていた宮崎翔太郎神学生を、週末だけではなく一年間、先輩司祭のもとでの共同生活と司牧実習のため、福岡キャンパスに進学する前に私のもとに預けたいというものでした。自分の弱さを感じて戸惑いながらも、神様の助けを信じ、大切な使命として受けとりました。
 旧約聖書には弟子であるサムエルが師であるエリのもとで学ぶ場面があります。「少年サムエルはエリのもとで主に仕えていた」(1サムエル3章1節)。
しかし私は宮崎君にとって師でもなければ教師としてでもなく、ただ44年間、喜びと感謝の内に司祭職を果たしてきた高齢者の司祭です。私にあったの
は、司祭として教会に奉仕するだけでなく、良き牧者であるキリストの姿を身につけることを教えたいという気持ちだけでした。私にとって司祭職は職業ではなく、生き方です。
 宮崎神学生は東京キャンパスでの2年間の哲学の学びを終えています。そして目黒教会での一年間の生活の後、福岡キャンパスへ行かなければなりません。これから4年間、神学の勉強があります。しかし神学生としての勉強を卒業しても、司祭になるためには神様とともに、司教様の呼びかけも必要になります。司祭叙階式の式次第の中には、こういう言葉があります。
司祭団の代表「司教様、母なる教会は、この兄弟を司祭に叙階してくださるように願っています。」
司教「この兄弟は司祭にふさわしい人ですか。」
司祭「これまでこの兄弟をはぐくみ、生活をともにしてきた共同体の皆さんと司祭養成にかかわってきた方々にご意見をうかがったうえで、この兄弟が司祭にふさわしい者であることを証明いたします。」
司教「それでは、主なる神とわたしたちの救い主イエス・キリストの助けによって、この兄弟を、司祭団に加えることにします。」
この1年間、少しでも彼の助けになれたことを信じながら、宮崎神学生の司祭叙階のときを、私は喜びのうちに待っています。
 一年間目黒教会の生活の中で体験したこと、高木神父様とCTICの皆さんの熱心な関わりの中における御父の憐れみの証し、子供の光る眼、中高生の喜び、青少年の希望、大人の信仰の光、高齢者の信仰の深さ、これらすべてが宮崎神学生の心にいつまでも残りますように、お祈り致します。

すべて神に感謝。
主任司祭 マルコ・アントニオ・マルティネス  

TOPへ


今月の予定


病者と共に捧げるミサ   2月 4日(土)
 毎月第1土曜日、11:00から小聖堂にて
 教会にいらっしゃることが困難な方はご聖体をお持ちしますので教会事務所までご相談ください。
神学生養成のためのロザリオの祈り   2月 5日(日)
 毎月第一日曜日10時のミサの前に新学生養成・召命祈願のためのロザリオの祈りを行います。
9時20分より聖堂で行います。
一粒会献金   2月 5日(日)
 今月は5日、第1日曜日のミサ献金の半分を神学生養成のための一粒会献金といたします。ご協力ください。
典礼連絡会   2月18日(土)
 16:00より集会室@Aで行います。関係する方はご出席ください。
納骨堂維持会総会   2月26日(日)
 今年の納骨堂維持会総会は2月26日10時ミサ後集会室ABで行います。お知らせが行きますが、予定しておいていただければ、幸いです。多数の方のご出席をお願い致します。
灰の水曜日(大斎・小斎)   3月 1日(水)
 ミサ 7:30、19:00
*昨年頂いた枝は2月26日(日)までに聖堂後ろに用意した箱にお入れください。
*灰の式は3月5日(日)のミサでも行います。
    
TOPへ


ご報告

 
新年会・新成人の祝福パーティー報告
 ミサで祝福を受けた若々しいお二人を囲み、1月8日新年会が和やかに開催されました。マルコ神父様・高木神父様と150名余りの出席者の前で挨拶された新成人お二人が、祖父母の代から3代にわたり活躍なさったご家族だったことも、感慨深いものが有りました。
 「出来るだけ大勢の方に少しづつ手伝いを」という趣旨を理解して下さり32名の方が1品持ち寄りに参加、賑やかな食卓となり感謝致します。「1年間掲示版に揚げたみ言葉」の掲示と折鶴の装飾は、新年らしいと好評でした。皆様のご協力に御礼申し上げます。
D地区委員 

TOPへ


その他

教皇の声
 フランシスコ教皇様は、インターネット上で毎日ツイート(つぶやき)をされています。これを見ることにより教皇様のお考えや思いに触れることができます。ここにいくつか載せますが、中央協議会のホームページに和訳が載りますので、皆様ぜひご覧になってください。    主任司祭 

 洗礼によって始まる信仰と愛の道においてイエスに従えるよう、おとめマリアの助けを願い求めましょう。(2017/1/8)

 イエス・キリストと一致していたいという私たちの渇望は、イエスへの信仰の深みから生まれるものです。(2017/1/19)

 神が私たちになさった不思議なわざをともに告げ知らせる時、愛の一致は実現します。(2017/1/22)

 「恐れるな。私はあなたがたと共にいる」。この時代に、希望と信頼を伝えましょう。(2017/1/24)
A地区の皆様
 2月4日(土)9時30分より聖堂掃除とその後“病者と共に捧げるミサ”の準備を行います。(11時より病者と共に捧げるミサが行われます)お寒い中ですが地区の皆様のお顔あわせのよい機会です。新しい電気掃除機もあります。ご一緒に教会をきれいにしましょう。
 新年度4月16日復活祭のパーティーはA地区の担当です。今後ともよろしくお願い致します。
A地区委員  
オリーブの会よりお知らせ
病人・高齢者の訪問
 「オリーブの会」では、病気や高齢のため教会に来られない方の訪問・お便りによる交流をしています。ご希望があればご聖体もおもちいたします。教会事務所までご連絡ください。交通費などのお心遣いは必要ございません。
東日本震災プロジェクトより
福島やさい畑
次回の野菜販売は2月7日(日)8:30からご協力よろしくお願いいたします

受洗 転入 1名
結婚 転出 1名
帰天 1名   住所・その他変更 1件
詳細は、お知らせ2号(印刷版)をご覧ください



このぺージTOPへ
各号へジャンプします
2017年 1月号
2016年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2015年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2014年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2013年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2012年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2011年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2010年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2009年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2008年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2007年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号  12月号
2006年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2005年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2004年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2003年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2002年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2001年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2000年 10月号 11月号 12月号