12月号

司祭のことば 今月の予定 ご報告 その他

司祭のことば
 洗礼者ヨハネと待降節

 主を待ち望む心でクリスマスに備える待降節になりました。聖書にはこの待降節を象徴するような人物がいます。洗礼者ヨハネです。4つの福音書全てが、人々の前にイエスが登場する前に、洗礼者ヨハネが活動していたことを語っています。ヨハネは救い主の到来を予告し人々に神に心を向けるように呼びかけました。そして多くの人がその言葉に耳を傾け、尊敬されていました。しかし彼は言います。「わたしの後から来る方は、わたしよりもすぐれておられる。わたしは、その履物をお脱がせする値打ちもない」。また、ヨハネは自分の弟子たちにイエスを示し、彼らが自分から離れてイエスに従うようにしました。そして言います。「あの方は栄え、わたしは衰えねばならない」。ヨハネは人々を自分のもとに集めるのではなく、あくまで神への通過点としてふるまったのです。ところで待降節に入る前の11月中の福音朗読では、やがて訪れる大きな苦難をイエスが予告する場面があります。イエスの言葉の中にこんな一節があります。「惑わされないように気をつけなさい。わたしの名を名乗る者が大勢現れ、『わたしがそれだ』とか『時が近づいた』とか言うがついて行ってはならない」。洗礼者ヨハネはイエスが警告したこのような偽物たちとは全く違い、神から自分に託された役割を誠実に果たした、本物の預言者だったのです。
 ところで、教会はここに集う皆が神の民の仲間であると信じます。この民は顔と顔を合わせて神と出会う日まで地上を旅しています。そんな私たちはお互いに対して洗礼者ヨハネの役割を担いあっているのではないでしょうか。一人ひとりが神を待ち望むと同時に、神がどこから私たちを呼んでいるのかを互いに示しあう。時には、神への歩みがあまりにも果てしなく思えることがある。そこで私たちは今、目に見える他の誰かに、手っ取り早く神様になりかわって何かを言ってもらいたいと期待することがあるかもしれません。あるいはまた、場合によっては誰かに対して神様に成り代わってあげることが愛であると思うこともあるかもしれません。しかしこういうことこそ、イエスが「惑わされないように気をつけなさい」と注意された事態なのではないでしょうか。なぜなら、そこで惑わされれば神への歩みが止まってしまうからです。
 一方、これとは逆に、私は洗礼者ヨハネのようには他の人に正確に神を指し示すことなどとても出来ないとしり込みするかもしれません。しかしその時には、毎年クリスマスの8日前に朗読されるマタイの福音書の冒頭のアブラハムからイエスに至る系図を思い出すべきでしょう。系図を構成する一人ひとりは必ずしも完全な信仰、正しい神との関係を保った人ばかりではありません。しかしそういう不完全な人と人のつながりを用いて、神が救い主へと私たちを導いて下さることを、この系図は思い出させてくれます。だから私たちが多少的外れでも神が軌道修正してくださることに信頼してよいのだと思います。
 最後には神が完成してくださることに信頼して、今、自分に出来ることをする。私は洗礼者ヨハネと共にこんな気持ちで待降節を過ごしたいと思います。 
協力司祭 高木健次 

TOPへ


今月の予定


病者と共に捧げるミサ  12月 3日(土)
 毎月第1土曜日、11:00からアンセルモホールにて
宣教地司祭育成の日の特別献金  12月 4日(日)
 この日の献金はローマ教皇庁に集められ、全世界の宣教地の司祭育成のために援助金として送られます。なお、一粒会献金は今月はお休みです。
半日黙想会  12月 6日(日)
日 時:12月4日 待降節第2主日
テーマ:「御父の慈しみ 高山右近の証し」
指 導: 大塚喜直 司教(京都司教区)
      〜プログラム〜
 10:00 ミサ(司式と説教)
 11:00 第一の講話(アンセルモホール)
 11:50 食事 休憩
 12:45 第二の講話(アンセルモホール)
 13:30 わかちあい(アンセルモホール)
ゆるしの秘蹟 8:30から10:00ミサ終了まで聖堂にて
クリスマス前の大そうじ  12月24日(土)
 午前10時から、クリスマスを気持ち良く迎えるため、多くの方のご協力をお願いいたします。雑巾をお持ちください。
    
TOPへ


ご報告

 
ご報告
 10月23日世界宣教の日特別献金232,100円は11月14日大司教館へ送金いたしました。ご協力ありがとうございました。
七五三
 11月15日(日)10時のミサで、子ども達が七五三の祝福をうけました。

TOPへ


その他

教皇の声
 フランシスコ教皇様は、インターネット上で毎日ツイート(つぶやき)をされています。これを見ることにより教皇様のお考えや思いに触れることができます。ここにいくつか載せますが、中央協議会のホームページに和訳が載りますので、皆様ぜひご覧になってください。    主任司祭 

 ゆるしは愛の本質であり、それによって過ちを理解し、訂正してあげられるのです。(2016/11/5)

 神と出会いたいのなら、神が隠れているところを探してください。助けを必要としている人、病者、飢えている人、監獄にいる人の中を。(2016/11/14)

 無関心のウィルスに侵された世界では、いつくしみのわざこそが最良の解毒剤です。(2016/11/14)

 慈善のわざを行うのに、遠くに出かけ、大きな計画を用意する必要はありません。一番近くにいる人が助けを必要としているものです。(2016/11/16)
「神学生養成のためのロザリオの祈り」
 毎月第1日曜日10時のミサの前に神学生養成・召命祈願のためのロザリオの祈りを致します。次回は12月4日(日)9時20分より聖堂にて。
(先唱者取りまとめ:オリーブの会)  
オリーブの会よりお知らせ
病人・高齢者の訪問
 「オリーブの会」では、病気や高齢のため教会に来られない方の訪問・お便りによる交流をしています。ご希望があればご聖体もおもちいたします。教会事務所までご連絡ください。交通費などのお心遣いは必要ございません。
オリーブの会  
東日本震災プロジェクトより
福島やさい畑
 12月6日(日)8:30〜です。ご協力よろしくお願いいたします。
ブックセール
 毎年恒例の女子パウロ会のブックセールは12月11  日(待降節第3主日)に行います。クリスマス前となりますので本を始めカード、カレンダー、メダイなどプレゼントにもご利用ください。                  
図書グループ  
D地区の皆様
 聖堂掃除・病者と共に捧げるミサの準備を、12月3日(土)9時半より。新年会・成人のお祝い会打ち合わせを、12月18日(日)10時のミサ後、コーヒーサンデーの会場で致します。年末のお忙しい中恐縮ですがどうぞご参加ください。新年会・成人のお祝い会は2017年1月8日(日)10時のミサ後です。(お手伝い担当の集合は9時)ご協力下さい。
D地区委員  

受洗 3名 転入 2名
結婚 転出
帰天   住所・その他変更 1件
詳細は、お知らせ12月号(印刷版)をご覧ください



このぺージTOPへ
各号へジャンプします
2016年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2015年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2014年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2013年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2012年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2011年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2010年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2009年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2008年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2007年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号  12月号
2006年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2005年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2004年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2003年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2002年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2001年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2000年 10月号 11月号 12月号