1月号

司祭のことば 今月の予定 ご報告 その他

司祭のことば
 ローマのクリスマス

 みなさん、主のご降誕と新年のお祝いを申し上げます。
 今回はまずローマのクリスマスの様子を少しお話したいと思います。
御多分に漏れず、ローマの街でも待降節に入る頃から通りに面したお店はショーウィンドウの飾り付けに凝り始め、大通りの電飾の飾り付けもはじまり、日に日にローマの街全体が華やいでいきます。クリスマス前後になると夜の街を彩る電飾の美しさはピークを迎え街の賑わいも一層増していきます。ところがクリスマスの前夜、つまり12月24日の夕方になると、普段の街の喧騒はどこかへ消え、街灯の明りもまばらで薄暗く、普段なら広場や大通りにいる人々の姿も、またタクシーやバスもあまりみられなくなります。日本の感覚では多くのお店は今や稼ぎ時だというのに、ローマではスーパーも含めてお店のほとんどがお休みになります。ローマの街はこうして静かにクリスマスの夜を迎えます。それは、まるで「沈黙の静けさが全てを包み、夜が速やかな歩みで半ばに達した時、あなたの全能の御言葉が天の玉座から下った」という聖書の言葉が降誕祭直後の典礼で聞かれるあの雰囲気にぴったりでした。恐らくこの現象は、普段教会に行っていないイタリア人でもクリスマスの時くらいはミサに出かけるからなのかもしれません。しかしそれは何よりもイタリア社会にとってクリスマスが商売を抜きにして皆がそれぞれの家庭で日本の正月のように家族や友人たちと一緒に心から喜びをもって心穏やかに過ごせる特別な時であり続けたからなのだと思います。普段は混沌とした雰囲気さえあるローマの街全体が大きな静けさに包まれる中で主の降誕が祝われていく、教会や家々には灯がともり人々の穏やかで喜ばしい声が聞こえるという現実に何か不思議と厳かな雰囲気さえ感じました。それは単に正月だから仕事を休んで一年の幸福を神社に祈願しに行く、どんちゃん騒ぎをする、福袋を買いに走り回るというような刹那的な行事とは違い、一年を神様に感謝しながら、お互いにテーブルを囲んで愛情と喜びを分かち合い、生活は大変だけど希望をもって新しい年を生きようと励まし合うという深いキリスト教的精神を感じさせる時、それがローマの伝えてきたクリスマスなのかなと思いました。
 私達はどのように私たちが信じていることを表現し、生きているでしょうか?今年こそ、私たちも私達なりに信仰を生活の中で示す、実際に信仰を生きる術を探究し試行錯誤していく必要があると思います。この一年、みなさんの信仰生活にも何かしら新しさ、発展がありますように。目黒教会が福音宣教の重要さに早く目覚め、信仰共同体として成長していけますように。主の変わらぬいつくしみに信頼して新たな一歩を踏み出しましょう。
助任司祭  田中 昇  

TOPへ


今月の予定


元日ミサ(守るべき祝日)   1月 1日(金)
神の母聖マリア・世界平和の日 0時(英語)、11時
11時のミサ後アンセルモホールでお鏡開きを行います。
一粒会献金   1月 3日(日)
今月は3日、第1日曜日のミサ献金の半分を神学生養成のための一粒会献金といたします。ご協力ください。
新年会   1月10日(日)
10時のミサ後、新年会をアンセルモホールで行います。皆様お誘い合わせの上、多数ご参加下さい。(パーティー担当はB地区)
新成人の祝福   1月10日(日)
10時のミサで新成人の祝福を行ないます。
 1995年4月2日から1996年4月1日までに生まれた方々にはすでに往復はがきでご案内いたしましたが、もし別の数え方で該当する方がおられましたら、遠慮なく教会事務所に申し出て、ご参加下さい。ご連絡は早めにお願いいたします。
信徒総会   1月24日(日)
 10時のミサ後、信徒総会を行います。
2015年度の活動報告、決算報告 および2016年度新委員の承認、予算の承認等を行います。皆様どうぞご参加ください。
カトリック児童福祉の日   1月31日(日)
 子どもたちが使徒職に目覚め、思いやりのある人間に成長することを願って制定されました。この日はまず第一に、子どもたちが自分たちの幸せだけでなく世界中の子どもたちの幸せを願い、そのために祈り、犠牲や献金をささげます。毎日のおやつや買いたいものなどを我慢してためた子どもたち自身のお小遣いの中から献金することが勧められています。日本では、各教会だけでなく、カトリック系の幼稚園や保育園の大勢の子どもたちがこの日の献金に協力しています。
 この日の献金は全世界からローマ教皇庁に送られ、世界各地の恵まれない子どもたちのために使われます。 ご協力ください。
    
TOPへ


ご報告

 
ご報告
 11月15日ミャンマーデー特別献金254,140円は11月30日に、12月6日宣教地司祭育成献金286,310円は12月14日大司教館へ送金いたしました。ご協力ありがとうございました。
「クリスマスを迎える集い」報告
 12月20日(日)10時のミサ後開催。レオ神父さまとご一緒にお祈りから始まり、日曜学校の皆さんにはイエスさまご降誕の紙芝居と聖歌の合唱を元気な声で、田中神父様にはゲストのピアニストの方と共にフルートとピアノの軽快な曲調のレパートリーの演奏を、そして典礼聖歌グループの皆さんには美しいハーモニーをご披露頂きました。お菓子作りや会場設営にも沢山の応援を頂き、今年も待降節最後の日曜日のひと時を、静かに主を待ち望む心をひとつにできたような、心温まる集いとなりました。ご協力ありがとうございました。
オリーブの会  

TOPへ


その他

事務所からのお願い
12月30日(水)から1月3日(日)まで事務所は休みます。各種手続きは1月5日以降にお願いします。
神学生養成のためのロザリオの祈り
 毎月第1日曜日10時のミサの前に新学生養成・召命祈願のためのロザリオの祈りを致します。次回は1月3日(日)9時20分より。
先唱者とりまとめ:オリーブの会  
オリーブの会よりお知らせ
■ 病人・高齢者の訪問
 「オリーブの会」では、病気や高齢のため教会に来られない方の訪問・お便りによる交流をしています。ご希望があればご聖体もおもちいたします。教会事務所までご連絡ください。交通費などのお心遣いは必要ございません。
東日本震災プロジェクトより
■ 福島やさい畑
 お正月はお休みです。2月からよろしくお願いします。

受洗 転入
結婚 1組 転出
帰天 3名   住所・その他変更 4件
詳細は、お知らせ1月号(印刷版)をご覧ください



このぺージTOPへ
各号へジャンプします
2015年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2014年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2013年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2012年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2011年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2010年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2009年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2008年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2007年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号  12月号
2006年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2005年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2004年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2003年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2002年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2001年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2000年 10月号 11月号 12月号