2月号

司祭のことば 今月の予定 ご報告 その他

司祭のことば
 羊飼いの年

  2015年は羊の年といわれています。羊は群れをなして生活しておりお互いにうまくやっています。しかし一旦群れから離れたり迷子になったりすると、パニック状態になるので、すぐに見つけ出し安全なところに戻してあげねばなりません。ですから羊飼いがいないと、羊は長いこと生きていくことができないのです。ということは、2015年はたんに羊の年というだけではなく、羊飼いの年でもあるのです。2015年、私たちは善き羊飼いイエスキリストのお導きとご指導を、常に心に留め置くことができるでしょう。「主はわれらの牧者わたしはとぼしいことがない」。
 教会では、教皇様が2015年を「奉献生活の年」として考えるように求められました。パパ様はいわれます:「奉献生活者は生活のさまざまな分野における神のしるしであり、より公正で兄弟愛に満ちた社会のパン種であり、小さい人々、貧しい人々と分かち合うことについての預言です。このように理解され、生きられた奉献生活は、その真実な姿をわたしたちに現します。それは神のたまものです。教会に対する神のたまものです。神の民に対する神のたまものです。すべての奉献生活者は、旅する神の民に対するたまものです。」教皇フランシスコの言葉どおり、ヌベール愛徳修道会は目黒教会への神のたまものです。この会の聖なる存在が私たちのなかにあるということは、私たちが大いに祝福されているということです。祈りと働きによって修道女たちは私たちの共同体を啓蒙し鼓舞しています。私が適切な感謝の気持ちを示すことを忘れていたことはそのとおりですが、パパ様のご指摘のお陰で2015年はもっとよく感謝を示したいと思います。
 目黒での「奉献生活」を思うとき、私たちはまた、ベネディクト男子修道会の偉大なる努力に対し感謝を表さずにはいられません。目黒小教区の最初の善き羊飼いはヒルデブランド神父とヨゼフ神父でした。お二人の献身と先見性は、あのたいへんな苦難と困窮の時代に、ここ目黒に新しいキリスト者の社会をもたらしたのです。聖堂に入るたびに、私は、いま私たちが頼りにしている強固な基礎を築いてくださったこの方々の信仰と犠牲に対し、感謝を捧げています。ですから12月に、ベネディクト会三位一体修道院が富士見を去りアメリカにかえることになると聞いたとき、たいへん悲しく思いました。移転の準備には若干の時間がかかると思いますので、最終的な離別は多分2016年の秋となりましょう。しかし私は、私たちがベネディクト男子修道会からいただいた沢山の贈物に対し感謝の念を示すべきと思います。そこで目黒教会では、奉献生活の年はベネディクト男子修道会の歴史と役目を見直す年としようではありませんか。全員で、私たちにとってのベネディクト会の特別の遺産とともに私たちを更に深い信仰の仲間に導く方法を考えましょう。巡礼、講演会、祈り、分ち合い、などから2015年を聖ベネディクトとその共同体の年にしませんか。
主任司祭 レオ・シューマカ  

TOPへ


今月の予定


一粒会献金   2月 1日(日)
今月は1日、第1日曜日のミサ献金の半分を神学生養成のための一粒会献金といたします。ご協力ください。
典礼連絡会   2月 1日(日)
11:30より集会室(1)で行います。関係者はご出席ください。
納骨堂維持会総会   2月15日(日)
10時ミサ後集会室(1)(2)で行います。
灰の水曜日(大斎・小斎)   2月18日(水)
ミサ 7:30、19:00
*昨年頂いた枝は2月15日(日)までに聖堂後ろに用意した箱にお入れください。
*灰の式は2月22日(日)のミサでも行います。
洗礼志願式   2月22日(日)
10時のミサで行います。
    
TOPへ


ご報告

 
新年鏡開き
 1月1日11時のミサ後、アンセルモホールにて『鏡開き』が行われました。今年のお屠蘇は、森一弘司教様からいただいた樽酒。神父様方の打ち出の小槌により、めでたく開き配られました。今年も皆、健康で幸多き年となりますように。

TOPへ


その他

訃報
 聖ベネディクト修道院のシスター ヨハネ久保燿子様が2014年12月31日午前0時半、入院先の室蘭太平洋病院で帰天されました。83歳でした。神のみもとでの永遠の安息をお祈りください。通夜、葬儀ミサ・告別式は聖ベネディクト修道院聖堂にて執り行われました。
シスターの略歴
 1931年7月18日 東京に生まれる
 1957年12月24日 目黒教会にて受洗
 1962年 入会
 1965年 初誓願
 1969年終生誓願
 1989年〜1997年聖ベネディクト修道院院長
愛の募金
四旬節中、愛の実行として行われる募金活動にご協力をお願いします。聖堂入り口の特設献金箱にお入れください。
十字架の道行
 四旬節中、2月20日(金)から3月27日(金)まで毎週金曜日、午後7:00から、ご復活祭をより良く迎える準備として十字架の道行を行います。
 十字架の道行は、カトリックの信者に最も親しまれている伝統的な信心業です。初めは、巡礼者がエルサレムまで巡礼の旅に出かけ、キリストの苦しみと死に関連したいろいろな場所を訪ねていました。それを模して、各地の教会でイエスの生涯の最後の出来事を象徴する絵を掛けて祈るようになりました。
ヌヴェール会シスター送別会
 コーヒーサンデーグループのシスター岡田、シスター片岡、シスター岩村が京都の修道院へ移動されます。お礼と感謝を込めて2月15日(日)10時ミサ後、コーヒーサンデー会場で送別会を行います。
 皆様どうぞご参加ください。
コーヒーサンデーグループ  
オリーブの会よりお知らせ
■ 病人・高齢者の訪問
 「オリーブの会」では、病気や高齢のため教会に来られない方の訪問・お便りによる交流をしています。ご希望があればご聖体もおもちいたします。教会事務所までご連絡ください。交通費などのお心遣いは必要ございません。
東日本震災プロジェクトより
■ 福島やさい畑
次回の野菜販売は2月1日(日)8:30からご協力よろしくお願いいたします

受洗 転入
結婚 転出 2名
帰天 1名   住所・その他変更 5件
詳細は、お知らせ2号(印刷版)をご覧ください



このぺージTOPへ
各号へジャンプします
2015年 1月号
2014年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2013年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2012年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2011年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2010年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2009年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2008年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2007年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号  12月号
2006年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2005年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2004年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2003年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2002年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2001年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2000年 10月号 11月号 12月号