1月号

司祭のことば 今月の予定 ご報告 その他

司祭のことば
 2014年

 私たちは2014年に何を期待しましょうか。言うまでもなく冬期オリンピックがすぐにソチで開かれ、そこで日本のフィギュアースケーターたちが立派な成績を収めるでしょう。そして夏にはサッカーワールドカップがブラジルで行われます。でも日本は厳しいグループにいるので、本当に私たち皆の応援が必要でしょう。
 地元に目を向けると、首都高速中央環状線が、大井から五反田、中目黒経由(渋谷近くの)大橋までの最終区間で完成するでしょう。この区間は目黒教会から交通渋滞をさけてすばやく抜け出すのにとても役にたちそうです。
 典礼を見ますと2014年はマタイの福音書の年です。2014年の主日ミサの福音朗読は殆どがマタイの福音です。多分一番伝統的な福音家であるマタイにとって、イエスは新しいモーセでしょう。モーセはイスラエルの奴隷たちをエジプトから連れ出し、シナイ山に導きました。モーセの説教と彼らが受け取った新しい掟を通して、この放浪徒たちは人間となったのです。この長旅と彼らが受け取った新しい掟が選ばれた民の基礎でした。
 マタイが福音書に書く流儀によれば、イエスもまた人々を奴隷と罪から解き放し新しい生命に導くものとして表わされています。有名な山上の説教でイエスは、モーセの掟を上回る新しい掟を宣言しました。「あなたがたも聞いているとおり、『目には目を、歯には歯を』と命じられている。しかし、わたしは言っておく。悪人に手向かってはならない。だれかがあなたの右の頬を打つなら、左の頬をも向けなさい。」(マタイ5:38−39) 昔の人は何とかと命じられている、しかしわたしは言っておく、新しい掟は赦しと愛に基づいており、免除や法的遵守ではないと。教えと模範によってイエスは人々を罪と暗闇から神の赦しと愛に導いたのです。そしてそこで、イエスは新しい選ばれた人たち、そこには全てのものが呼ばれる、人たちを創られたのです。
 マタイとその福音は、いまなお世界中で広められている伝承の上にしっかりと根付いています。それは私にとって目黒小教区もこのように表していこうということなのです。
主任司祭   レオ・シューマカ  

TOPへ


今月の予定


元日ミサ   1月 1日(水)
神の母聖マリア・世界平和の日 0時(英語)、11時
11時のミサ後アンセルモホールでお屠蘇をどうぞ。
一粒会献金   1月 5日(日)
今月は5日、第1日曜日のミサ献金の半分を神学生養成のための一粒会献金といたします。ご協力ください。
新年会   1月12日(日)
 10時のミサ後、新年会をアンセルモホールで行います。皆様お誘い合わせの上、多数ご参加下さい。
(パーティー担当はD地区)
新成人の祝福   1月12日(日)
 10時のミサで新成人の祝福を行ないます。
 1993年4月2日から1994年4月1日までに生まれた方々にはすでに往復はがきでご案内いたしましたが、もし別の数え方で該当する方がおられましたら、遠慮なく教会事務所に申し出て、ご参加下さい。ご連絡は早めにお願いいたします。
信徒総会   1月26日(日)
 1月26日 10時のミサ後、信徒総会を行います。
2013年度の活動報告、決算報告 および2014年度新委員の承認、予算の承認等を行います。皆様どうぞご参加ください。
カトリック児童福祉の日   1月26日(日)
 子どもたちが使徒職に目覚め、思いやりのある人間に成長することを願って制定されました。この日はまず第一に、子どもたちが自分たちの幸せだけでなく世界中の子どもたちの幸せを願い、そのために祈り、犠牲や献金をささげます。毎日のおやつや買いたいものなどを我慢してためた子供たち自身のお小遣いの中から献金することが勧められています。日本では、各教会だけでなく、カトリック系の幼稚園や保育園の大勢の子供たちがこの日の献金に協力しています。
 この日の献金は全世界からローマ教皇庁に送られ、世界各地の恵まれない子供たちのために使われます。
ご協力ください。
    
TOPへ


ご報告

 
  ご報告
 11月17日のミャンマー教会のための献金285,010円は11月25日に、12月1日の宣教地司祭育成献金283,540円は12月9日大司教館へ送金いたしました。またフィリピン台風援助金として11月24日のミニバザーより70,000円を12月12日レオ神父を通してフィリピンへ送金いたしました。ご協力ありがとうございました。
フィリピン台風被害への義捐金
 先般、皆さまから寄せられた台風被害への義捐金に対し、PREDA(下記参照)代表者 Shay Cullen 神父および当教会インターナショナルコミュニティー元委員長 George Hong よりそれぞれ礼状が届きましたのでお知らせします(要約)。
1.シェイ・カレン神父より(2013年12月18日)
  レオ神父様および目黒小教区のみなさま。
  ナザレのイエスにより教えられ実践された本当のキリスト者の真価は、私たちを信仰と行動の中に結びつけています。ここフィリピンにおいて皆様方の贈物はとても有難く、いま私たちはそれを最も必要としている人たちに配り続けています。マニラに飛行機で送られた人もおり、私たちはその方のお世話もしています。
  私たちは、ご寄付を台風で村中の家を流されそして高波で漁船も破壊されてしまった人々の復旧プロジェクトにも使うつもりです。
  ここに、皆様方の贈物をいただいた人々の心からの感謝をお届けしたいと思います。
2.ジョージ・ホン氏より(2013年12月6日)
  有難うございます。今までに288,800円受け取りました。これを次のように使っています。
 1)ボホール島沖のアルマール島
  このアルマール島という小さな島には約220家族の漁民が住んでいます。ここは10月15日の地震で食物に大変不自由な思いをしました。本土からの仕入れは高価になり、一方毎日獲っていた魚は海中の変化により非常に少なくなっていたのです。そこに台風ヨランダ(日本名:台風30号)が襲来し更なる損害が生じました。海での生活、漁具の破損です。政府の援助は最小限しかなく、住民は助けを求めてきました。
 私たちはこの島の「ファチマの聖母教会」を通して81,000円を届けました。その金で米18袋を買い、それを更に小分けして220家族に配りました。それはこの人たちの一週間分の食べ物となりました。全ての家族が目黒教会のご援助に感謝しています。
 2)レイテ島タクロバン市
  台風ヨランダ(台風30号)により最も被害を受けたのがこの地域です。私たちは91,000円をイエズス会が運営しているSLBという援助グループを通して提供しました。この資金は11月第3週作戦として援助隊の活動費用と被害地の中心での援助物資の支給に使われました。
 3)レイテ島イザベル市
  台風ヨランダ(台風30号)で悲惨な損害を受けたもう一つの場所がここです。私たちは35,000円を市長のメディナ氏を通して寄付しました。この資金はこの地域の被災を受けた家族への米を買うために使われました。

  上記の結果。12月2日現在81,800円の残金があります。私たちは被災地の復旧計画をよく見極め、緊急に必要なものに使えるよういま手元においています。

 (PREDA:Peoples Recovery, Empowerment and Development Assistance.「人々の回復や発展の支援」という組織で1974年アイルランドの Shay Cullen神父とフィリピン人のヘルモソ夫妻で設立、子どもや女性、貧困層の人々を差別、虐待、搾取から守り、奨励、訓練、融資で社会に送出す活動をしている。www.preda.org)
「クリスマスを迎える集い」報告
 12月15日(日)10時のミサ後に開催した。目黒教会は大きな共同体ですので、なかなか個人的に話す機会がありません。「クリスマスを迎える集い」として美味しい飲み物とお菓子、そして楽しい会話をご馳走に「交流の場」を計画いたしました。クイズと素敵な賞品をご用意くださいましたレオ神父様、ご協力いただいたコーヒーサンデーの方達、時間を調整して集まってくださった聖歌隊・フォローアップの皆様に支えられ、100名近いご参加で和やかな時をもちました。共同体のお仲間として手を繋いで共に祈り、派遣の祝福で「主のご降誕」に向けスタートいたしました。神に感謝。
オリーブの会  
チャリティーコンサート報告
 12月21(土)に目黒教会聖歌隊によるチャリティーコンサートが開催されました。合唱、フルートアンサンブル、クラリネット演奏、アヴェマリアの独唱など、盛りだくさんのプログラムで楽しい演奏会でした。150名以上のお客様が聴きにこられ楽しまれていました。当日集まりました献金約123,000円は、東日本大震災被災地向けに使用いたします。ご協力ありがとうございました。

TOPへ


その他

事務所からのお願い
 12月31日(火)から1月4日(土)まで 事務所は休みます。各種手続きは1月6日以降にお願いします。
オリーブの会よりお知らせ
■ 病人・高齢者の訪問
 「オリーブの会」では、病気や高齢のため教会に来られない方の訪問・お便りによる交流をしています。ご希望があればご聖体もおもちします。教会事務所までご連絡ください。交通費などのお心遣いは必要ございません。
■ オリーブの部屋
 1月第2日曜日は新年会と重なりますので、オリ
 ーブの部屋はお休みです
■ ペットボトルキャップ第48回目の回収報告
   ポリオワクチン  100人分
   CO2削減  630kg
 10月8日に回収された分の報告です。今回の報告からオリーブの会が担当になりましたが、ご報告が大変遅れましたことをお詫び申し上げます。今後ともどうぞよろしくご協力をお願いいたします。
東日本震災プロジェクトより
■ 福島やさい畑
 1月は5日(日)8:30〜です。ご協力よろしくお願いいたします。
インターナショナルコミュニティーより
 サンデースクール中高生クラスと保護者によるチャリティ・コーヒー・アンド・フードにご協力ありがとうございます。12月の送金は、以下のように行ないました。
  フィリピン台風被災者支援:71,280円
  シリア難民支援、第二回目の送金:30,000円
  インド子供教育支援、第二回目の送金:70,000円
 皆様のご支援、深く感謝いたします。来年度も第二日曜日に開催の予定です。

受洗 2名 転入 2名
結婚 1組 転出 3名
帰天 5名   住所・その他変更 6件
詳細は、お知らせ1月号(印刷版)をご覧ください



このぺージTOPへ
各号へジャンプします
2013年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2012年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2011年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2010年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2009年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2008年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2007年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号  12月号
2006年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2005年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2004年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2003年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2002年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2001年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2000年 10月号 11月号 12月号