4月号

司祭のことば 今月の予定 ご報告 その他

司祭のことば
 「わたしは万物を新しくする」(黙示録21:5)

 この三月は、教会にいくつかの新しい出来事が生まれた月でした。そのなかで最も有名なのは、もちろん新しい教皇フランシスコ教皇を迎えたことでしょう。名前に以前に使われていたものでなく新しいものを選ばれたのと同様に、教皇はヴァティカンに新しい精神、奉仕と開かれた精神をもたらされました。毎日のように私たちは、人々が驚きをもって見るような簡素で慎み深い教皇の写真を目にします。教皇は、教会の普通の人たちが権威のあるものから切り捨てられないように、多大の努力をされています。そしてまた、教会として我々が行っている全てのことの中心はキリストである、ということを再認識するように特別な努力をされています。
 目黒教会にとって、三月におこなわれたもう一つの特別な出来事は、カテドラルで行われた森一幸神父の叙階でした。助祭として森神父は一年間目黒を助けていただき、そしてこの復活祭に初ミサを私たちとともに捧げられます。森助祭が私たちの小教区で奉仕していただいたことは大きな賜物ではありましたが、でも私たちは、今度は森師が司祭として目黒にきていただくことを熱望しています。司祭になるための修練期間は6年におよび、その間、神学、聖書、倫理、哲学など多くのことを学ばなければなりません。更にこれらの全ての勉強を通して、司祭になるにはキリストに従い、キリストにより選ばれた人々に奉仕するということを学ばなければなりません。このことが森神父にとりまさしくそうであろうということを知るのは、私たちにとってとても嬉しいことだと私は思います。
 復活祭はまた、新しいメンバーを洗礼を通してカトリック教会に迎えるときでもあります。目黒には木曜日と土曜日の二つの入門講座があり、ここで昨年から12人の方々が聖書、ミサ、そしてカトリック教会について勉強してきました。勉強は非常に重要ですが、しかし入門式で志願者はどれだけ覚えたかをテストされたのではありません。志願者は「あなたは何をお望みですか」と聞かれ、「キリストに従う者になりたい」と答えているのです。
 三月は、目黒のそして世界の教会にとって新しい事の月でした。四旬節および復活祭は私たち全てのものにとって常に見直しのときであります。私たちは、新教皇の選出を、新司祭の叙階を、新信徒の受洗を目のあたりに確認しますが、これら全てが、私たちの中心である主イエス・キリストに、私たちを戻すように導いていくものなのです。復活祭の祈りは「われわれはまことにキリストに従う者」であり、私たちはこれを謙虚で愛をもった精神でおこなうことであります。                          
主任司祭   レオ・シューマカ  

TOPへ


今月の予定


一粒会献金   4月 7日(日)
 今月は7日、第1日曜日のミサ献金の半分を神学生養成のための一粒会献金といたします。ご協力ください。
川口神父歓迎会   4月 7日(日)
 10時のミサ後、アンセルモホールで行います。皆さまご参加ください。準備は教会委員会で行います。
聖アンセルモの祝日   4月21日(日)
 当教会の保護の聖人、聖アンセルモの祝日です。
    
TOPへ


ご報告

 
ご報告
 四旬節愛の献金102,755円は3月28日大司教館に送金しました。ご協力ありがとうございました。
半日黙想会報告
 3月10日(日)サレジオ会の辻家直樹神父を指導司祭におむかえし、半日黙想会を行ないました。テーマは回心、神は苦しむ人と共にいる。自分に起こる出来事を神の国への準備として心を神にゆだねていくことが大切であるといったことを、ときおりご自分の体験や本や映画のお話を交えながら、とても分かりやすくご講話してくださいました。

TOPへ


その他

オリーブの会よりお知らせ
■病人・高齢者の訪問
  「オリーブの会」では、病気や高齢のため教会に来られない方の訪問・お便りによる交流をしています。ご希望があればご聖体もおもちいたします。教会事務所までご連絡ください。交通費などのお心遣いは必要ございません。

■よろずの部屋
  どなたでも自由にさまざまなお話しが出来る憩いの部屋です。お気軽にご利用ください。お待ちしています。
 毎月・第2日曜 10時のミサ後13時まで。
 場所・司祭館1階応接室
目黒川さくらまつりに協賛しました
お花見のおりに当教会のぼんぼりをさがしてください。(太鼓橋の際)
東日本震災支援プロジェクトより
■福島やさい畑 復興プロジェクト
  次回の野菜販売は4月7日(日)8:30〜ご協力よろしくお願いいたします

■大船渡支援への募金ご協力ありがとうございました。
  3月に行いました岩手県大船渡市の被災者支援のた めの募金では約11万円集まりました、ご協力ありがと うございました。カリタスの大船渡ベースのシスター 野上にお送りし活用していただきます。

■参加者募集 被災地訪問旅行
  5月18日(土)から19(日)にかけて、岩手県大船渡市を1泊2日で訪問する旅行を企画しています。3月31日(日)から参加者を募集いたしますので、ぜひご参加ください。
 出発日:5月18日(土)朝7時30分ごろ東京駅集合新幹線で一ノ関まで行き、そこからはバスで巡ります。
 訪問先:支援先のカリタスの大船渡ベースを中心に、被災地を訪問します。
 募集期間:4月14日(日)まで。

■三陸のわかめ生産者を応援しませんか
 岩手県大船渡市末崎町のわかめ養殖の生産組合「北浜わかめ組合虹の会」では全国から「わかめサポーター」を募集しています。わかめサポーターで集まった支援金は共同作業船の修理や冷蔵倉庫整備に役立てるそうです。
【目黒からわかめサポート 募集】
 虹の会のわかめサポーターは「1口10,000円」で申し込むと、わかめの収穫、加工が終わる5月頃に1口あたり10袋の塩蔵わかめが届きます。このわかめサポーターに参加しやすいように、今年も共同参加を企画しました。
〔募集内容〕
募集期間:4月21日(日)まで10時のミサ後に受付を行っています。
A.目黒からわかめサポート(ラージ):10,000円/1口わかめは直接ご自宅に届くように手配いたします。  1口につき10袋です。
B.目黒からわかめサポート(スモール):1,000円/1口(最大9口まで)わかめはまとめて受取り、1口につき1袋お渡し致します。
地下室倉庫のお掃除
 5月11日(土)13:00より、司祭館地下倉庫の片付けをいたします。物を置かれている方は片付け、掃除へのご参加をお願いいたします。
詳しくは運営委員にお尋ねください。

受洗 1名 転入 2名
結婚 転出 2名
帰天 1名   住所・その他変更 2件
詳細は、お知らせ4月号(印刷版)をご覧ください



このぺージTOPへ
各号へジャンプします
2013年 1月号 2月号 3月号
2012年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2011年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2010年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2009年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2008年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2007年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号  12月号
2006年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2005年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2004年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2003年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2002年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2001年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2000年 10月号 11月号 12月号