11月号

司祭のことば 今月の予定 ご報告 その他

司祭のことば
 追憶の月

 窓から外を眺めますと、木々の葉が色づき始めたのを見ることが出来ます。司祭館の中庭では、もみじは既に赤く染まり、桜の葉は茶褐色となっています。蚊は行き去り、鈴虫の音がときたま聞こえてきます。優しい季節が中庭にきたのです。長い暑い夏のあと、この庭で楽しむことはなんと快適なことでしょうか。今、この涼しい夕刻になると、私は、ゆっくりするように、熟考するように、そして祈るようにと誘われているように感じるのです。多くの人たちにとって、秋色をみることは昔の思い出につながるのではないでしょうか。さらに、秋は年の瀬が近づいてくるサインでもありますので、この一年何が起こったのか思い起こしてみるのはどうでしょう。それはまた、その昔の秋を思い起こし、私たちの生活の変化を見直すための誘いでもありましょうから。
 今年、私にとって最も意義深い変化は、3月に管区長になったことでした。それは私にとってもっと多くの会議に出席し、もっと多く日本中を旅行するということでした。私は九州、関西、そして関東で働いている宣教師たちを訪問しなければならなかったのです。さらにまた、それは8月と9月にロサンジェルスで行われた総会に出席するということでした。私も一員である聖コロンバン宣教会の指導者と会うことは、貴重な経験になりました。いろいろの国で宣教会が直面しているチャレンジを聞くことは非常に興味深いことで、出席した14地域のなかにパキスタン、ペルー、中国がありました。ミッション(派遣・宣教)について話し合うと全てが非常に異なっており、各国の日々の生活はとくに違いますが、福音を述べ伝える必要性は全く同じでした。カトリック教会に多くの制約があったとしてもです。この総会は6年ごとに行われますので、そこで私たちは多くのことを議論しなければならず、また新しいリーダーチームも選ばなければなりません。このチームは4人のメンバーで構成されますが、今回は4つの異なった地域、オーストラリア、アメリカ、フィリピン、アイルランドが選ばれ、香港に本部が置かれました。ということは、私は近いうちに香港にいかなければなりません。もっと多くの旅行、もっと多くの会議です。
 今年はまた、私の司祭職25年目になります。そしてこの期間を全て東京教区で過ごしました。これが多分、いま私が回顧ムードになっているもう一つの理由ではないかと思います。1988年、私は語学学校に通いながら豊島教会の司祭として働き始めました。それ以来私は他の4つの教会で働き、そしていま目黒でほぼ10年となります。長い時間です。しかし私は、司祭になるということはどういうことかについて、今も学んでいるのです。
 ご存知のように、11月は教会にとって、帰天なさった方々へ思いを馳せる月でもあります。冷涼な夕刻と秋色は、私に身近であった亡くなった方々を思い出させるようです。祈っていると、私はこの方々の声を聞き、この方々が私のために祈っているのを感じるのです。今年10月は堅信の準備のため忙殺されていました。そしてもちろん12月は目一杯の活動しなければならない月です。この二つの月の間にある11月は追憶の月なのです。
主任司祭   レオ・シューマカ  

TOPへ


今月の予定


諸聖人の祭日  11月 1日(木)
  ミサ7:30
死者の日  11月 2日(金)
 当教会の追悼ミサは11月4日(日)に行います。
物故者追悼ミサ  11月 4日(日)
 10時のミサで、この一年間に亡くなられた方々と、故人となられた皆様のご家族、ご友人を記念して目黒教会共同体全体で特別に祈ります。また、ミサに引き続き、ご遺骨が納骨堂に安置されておられる方々のために、納骨堂で祈りを捧げます。
一粒会献金  11月 4日(日)
 今月は4日、第1日曜日のミサ献金の半分を神学生養成のための一粒会献金といたします。ご協力ください。
典礼連絡会  11月 4日(日)
 10時ミサ後の納骨堂にて祈りの後、集会室(2)にて行います。
東京教区合同追悼ミサ  11月 4日(日)
 11月4日(日)午後2時より
 (1) 東京カテドラル聖マリア大聖堂
 (2) カトリック府中墓地・納骨堂内聖堂
 (3) カトリック五日市霊園 あきる野教会聖堂
*車でのご来場はお控えください。
七 五 三  11月11日(日)
 10時のミサで、七五三を迎える子どもたちとミサに参加する子ども全員に祝福をいただきます。七五三を迎えるお子さまには下記の範囲の方々に往復葉書でご案内しました。違う数え方で該当する方がありましたら、事務所にお申し出ください。準備の都合上、ご連絡は早めにお願いいたします。
  ・7才 : 2004年11月15日 から 2005年12月31日 までに生まれた方
  ・5才 : 2006年11月15日 から 2007年12月31日 までに生まれた方
  ・3才 : 2008年11月15日 から 2009年12月31日 までに生まれた方
   (但し、昨年終わった方は除外)
ミャンマーデー  11月18日(日)
 この日の祈りと献金はミャンマーの神学生養成に使われます。
    
TOPへ


ご報告

 
ご報告
 世界難民移住移動者の日の特別献金156,900円は、10月5日大司教館に送金いたしました。9月中の主日に行いました東日本震災支援プロジェクト募金109,463円の内の10万円を10月24日大船渡のシスター野上に送りました。ご協力ありがとうございました。

TOPへ


その他

山浦先生ミニ講演会
 11月11日(日)10時のミサ後、「ケセン語訳聖書」で有名な大船渡出身の医師山浦玄嗣先生が目黒教会にいらっしゃり、聖堂で30分ほど講演をしてくださいます。当日は書籍の販売も予定されています。
ブックセール
 11月18日(日)10時のミサ後、毎年恒例となりました女子パウロ会のブックセールを行います。
 書籍の他カード、グッズなども販売します。クリスマスプレゼントにいかがでしょうか。  
図書グループ   
オリーブの会よりお知らせ
■ 病人・高齢者の訪問
 「オリーブの会」では、病気や高齢のため教会に来られない方の訪問・お便りによる交流をしています。ご希望があればご聖体もおもちいたします。教会事務所までご連絡ください。交通費などのお心遣いは必要ございません。
■ よろずの部屋
 どなたでも自由にさまざまなお話しが出来る憩いの部屋です。お気軽にご利用ください。お待ちしています。
 毎月・第2日曜(11月は11日)10時のミサ後13時まで。
 場所・司祭館1階応接室
オリーブの会  
東日本震災プロジェクトより
■ 被災地を訪ねるバスツアーについて
 11月17日(土)にいわき「もみの木ベース」、久の浜などを訪問する日帰りバスツアーは、定員になりましたので締め切らせていただきました。
■ 大船渡生活必需品支援募金
  9月に行いました募金では109,463円集まりました。ご協力ありがとうございました。カリタスジャパン、シスター野上宛お送りいたしました。12月、3月にも予定しております。
■ 福島やさい畑
 11月は4日(日)8:30〜です。ご協力よろしくお願いいたします。
インターナショナルコミュニティーより
 10月14日のチャリティー・コーヒー・アンド・フッドの収益は、寄付金を含めて20,150円で、次回の準備金を引いて教会会計に預けました。ご協力ありがとうございました。
次回は11月11日(日)です。
 サンデースクール中高生クラス   

受洗 転入
結婚 4組 転出
帰天   住所・その他変更 4件
詳細は、お知らせ11月号(印刷版)をご覧ください



このぺージTOPへ
各号へジャンプします
2012年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号
2011年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2010年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2009年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2008年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2007年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号  12月号
2006年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2005年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2004年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2003年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2002年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2001年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2000年 10月号 11月号 12月号