3月号

司祭のことば 今月の予定 ご報告 その他

司祭のことば
 慰めよ、慰めよ

 この言葉をもって、第二イザヤは神の使いとしての宣教を始めています。彼が教えを話しかけた人たちは、甚大な災害を蒙っていました。数年間にわたる戦争の結果、国はバビロンによって侵略され、エルサレムと神殿は完全に破壊され、王は殺され、人々は囚われの身になっているかもしくは難民となっていました。イスラエルの人々は自分たちを、国も神殿も指導者もなく近いうちに歴史上から消えていく民だと思っていました。
 そこへ預言者イザヤは立ちあがり、「慰めよ」と呼びかけました。過去は災害と滅亡をもたらしたが未来がある。多くのものが破壊されたが、それはもっと重要なものは何であるかを再確認する機会なのだ。寺院にではなく心の中に本当の信仰があるのだ、王や長老聖職者を信じるのでなく自分の希望を直接神に委ねるのだ、自分だけが神の愛を受けるという自分本位の考えでなく全ての人々とともに神の愛を見出しわかちあうという気持ちを持つのだ。イザヤは殆ど全てのものを失った人々にこう諭し、神はいまでも皆とともにいると告げました。
 3月11日は東日本大震災の一年目にあたります。地震が襲った昨年のこの日、皆さんは自分がどこにいたかよく記憶されているでしょう。私は世田谷の聖コロンバン会の本部にいました。そのとき地震はそれほど大きいとは思えませんでしたが、電車が止まってしまったので私は目黒まで歩いて帰らざるをえませんでした。帰り着いてそしてテレビを点けたときに初めてこの災害の大きさを知ったのです。多くの町全体が消し去られ、そこにいた人たちにはまったく将来がないように見えたほど破壊は凄まじかったのです。
 このような大惨事のなかで、一つの希望のシンボルは陸前高田市高田松原にある奇跡の一本松です。高田松原には7万本の松が有りましたが一本だけが生き延びあとは全て失われました。もう一つの希望の印は東北に出かけた何千何万というボランティアです。彼らは片づけをおこない、生存した人々を気遣い、再建を手伝いました。荒廃のなかに新しい木が植えられ、家屋が再建され、コミュニティが戻ってきています。おしまいではありません、神様はいまも私たちとともにおられるのです。
 第二イザヤが説教の最後にこういっています。
「茨に代わって糸杉が生える。これは、主に対する記念となり、しるしとなる。それはとこしえに消し去られることがない。」(イザヤ55-13)
主任司祭  レオ・シューマカ  

TOPへ


今月の予定


愛の募金   
 四旬節中、愛の実行として行われる募金活動にご協力をお願いします。聖堂入り口の特設献金箱にお入れください。
十字架の道行   
 四旬節中、2月24日(金)から3月30日(金)まで毎週金曜日、午後7:00から、ご復活祭をより良く迎える準備として十字架の道行きを行います。
初金ミサ   3月 2日(金)
 10時より小聖堂にて行います。
一粒会献金   3月 4日(日)   
 今月は4日、第1日曜日のミサ献金の半分を神学生養成のための一粒会献金といたします。ご協力ください。
D地区(旧第4・7地区)の皆様へ
 3月3日(土)の聖堂清掃はD地区の担当で9時半からです。多くの方のご協力をお願いいたします。雑巾をお持ちください。
 3月4日(日)10時のミサ後コーヒーサンデーの会場でイースターパーティーの打ち合わせを致します。お声がけの上、是非ご参加くださいますよう宜しくお願い致します。          
   D地区委員  
東日本大震災追悼の集い
 東日本大震災から1年にあたり追悼と復興を願う共同祈祷集会を行います。音楽と祈りで希望と慰めと勇気を被災者に届けたいと思います。宗教に関わらずどなたでもご参列いただけます。私たちの思いと祈りが被災された方々と一つに結ばれますように。
   日時:3月11日(日)14:30〜15:10
   会場:カトリック目黒教会、聖堂
    
TOPへ


ご報告

 
  司牧実習生
 東京教区ではこの春、3人の神学生の助祭叙階を予定しています。その内の、森一幸さんが今年度の司牧実習に目黒教会に来ることが決まりました。
ご報告
 カトリック児童福祉献金186,260円は2月20日大司教館へ送金いたしました。ご協力ありがとうございました。
種の会報告
 2月18日(土)、目黒教会で結婚式を挙げた方々をお招きして家庭を祝福する祈りの集いを行い約30組のご家族が参加されました。祈りの部では聖歌隊にもご協力いただき、充実した集いになり、この後の茶話会では手作りのケーキとレオ神父のクイズコーナーで楽しいひと時をすごしました。その中から一問。
(問題)「コロサイの信徒への手紙」あなたがたは神に選ばれ、聖なる者とされ、愛されているのですから、_ 、_ 、_ 、_ 、_ を身に着けなさい。 
この文章の_に次の言葉を正しい順番に入れて下さい。
A.謙遜、B.寛容、C.憐れみの心、D.柔和、E.慈愛
種の会  

TOPへ


その他

四旬節と聖週間の典礼
 3月11日(日)四旬節第3主日 
     14:30〜15:10 東日本大震災追悼の集い
 4月1日(日)受難の主日 7:30、10:00、17:00
         枝の行列(10時ミサ中)
   5日(木)聖木曜日
         主の晩餐の夕べのミサ 19:00
   6日(金)聖金曜日 主の受難 19:00
         *大斎・小斎
   7日(土)聖土曜日 復活の徹夜祭 19:00
             光の式、洗礼式
   8日(日)復活の主日 7:30、10:00、17:00
         10時ミサ後パーティー

 十字架の道行 四旬節中の金曜日 19:00〜
 ゆるしの秘跡 毎日曜日 10:00と17:00ミサの15分前
よろずの部屋
 よろずの部屋はどなたでも自由に気軽にお話が出来る憩いの部屋です。
 個別のお話や相談も出来ます。
どうぞ、ご利用ください。お待ちしています・・・
 毎月・第2日曜日10時のミサ後13時まで
 場所・司祭館一階応接室
オリーブの会  
病人、高齢者への訪問
 病気のため、高齢のために教会にいらっしゃることができない方たちのために、御聖体をおもちいたします。ご希望される方、またそのような方をご存じの方は司祭までご連絡ください。交通費などのお心遣いは必要ございません。

受洗 転入 6名
結婚 転出
帰天 1名   住所・その他変更 2件
詳細は、お知らせ3月号(印刷版)をご覧ください



このぺージTOPへ
各号へジャンプします
2012年 1月号 2月号
2011年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2010年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2009年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2008年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2007年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号  12月号
2006年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2005年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2004年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2003年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2002年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2001年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2000年 10月号 11月号 12月号