2月号

司祭のことば 今月の予定 ご報告 その他

司祭のことば
 かっこいいボケ方

 こんな話を聞きました。
 戦後の混乱期、O神父は困窮者に配給するための物資を、修道院を廻って集めていました。ある修道院で物資をたくさん受け取り、お礼を言って辞したところが、しばらくしてひとりの修道士が「神父さ〜ん、これも持って行ってよ〜」と叫びながら追いかけてきました。見ると腕いっぱいに食料を抱えています。やっと追いついたその修道士は腕の中のものをどさりとO師にあずけると、「ちょっと待ってて」と言い残して修道院に戻り、再び腕いっぱいの物資を持って来て神父に差し出したのでした。それは自分たちのための蓄えのほとんど全てだったようです。
 その後も修道士は、O師が訪ねるたびにありったけの物資を「これも持って行ってよ、これも、これも」と拠出してくれました。
 やがて何十年もたって、修道士も歳をとり、ボケて寝込むようになりました。様子を聞いたO師はお見舞いに彼の病床を訪ねました。修道士は、訪問者が以前親しかったO師であることも全く分かっていない様子でした。ぎこちない会話が続き、間がもたなくなってきたので、O師は挨拶して部屋を出ようとしました。その時、背後から修道士が大きな声を上げました。
 「これ、持って行ってよ!」
 振り向くと、修道士は枕元にあった見舞いの品や身の回りのものを全部つかんで、O師に差し出していたそうです。
 ボケてまで自分のものをひとにあげようとするなんて、こんなかっこいいボケ方があるでしょうか。修道士のそれまでの行動が欺瞞や虚栄心からのものではなかったことをはっきりと証ししています。あるいは、修道士の生き方が長い間に結晶して彼の本性となったのかもしれません。どうせボケるなら、この修道士のようなかっこいいボケ方をしたいものです。
 しかし、私には絶対無理です。私がボケたら、他人のものを自分のものだと言い張ったり、「ものがなくなった!盗まれた!」と騒いだりするに違いありません。本性があらわになってしまうと思うと今から恥ずかしくなります。
 ただ、こんな私にもひとつだけ希望があります。それは、かっこ悪いボケ方を今から恥じてこれまでの生きざまを悔いる私を、神様は決して見捨てられない、ということです。どんな恥さらしな、どんなみっともない人生であっても、主に立ち返りさえすれば、主は喜んで迎え入れて下さる、これが私たちの信仰です。取り返しのつかない過去と思い通りにならない未来の狭間で、今できることといえば、そんな慈しみ深い天の父をただただ信じることしかないのです。そして、ただただ信じさえすればいいのです。
助任司祭   伊藤 淳  

TOPへ


今月の予定


初金ミサ   2月 3日(金)
 10時より小聖堂にて行います。
一粒会献金   2月 5日(日)
 今月は5日、第1日曜日のミサ献金の半分を神学生養成のための一粒会献金といたします。ご協力ください。
典礼連絡会   2月 5日(日)
 11:45より司祭館1階集会室で行います。関係者はご出席ください。
地区集会 A地区の皆様   2月 5日(日)
 2月5日(日)10時ミサ後、親睦会と新年会の反省会をコーヒーサンデーの会場で行いますのでご出席ください。
    
TOPへ


ご報告

 
  新年会のパーティー報告
 1月8日(日)10時のミサ後、約80名の方の出席のもと恒例の新年会パーティーが行われた。A地区により沢山のお料理が準備され、にぎやかでなごやかな会となった。
ペットボトルのキャップ 第38回目の回収報告

  ポリオワクチン 65人分
  CO2削減 409.5kg

  これは、昨年12月13日に回収された分の報告です。

平成20年に始めたこの小さな活動も5年目に入ります。
この間、多くの方々がいつも変わらずご協力くださったおかげで続ける事が出来ありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。
ヌヴェール愛徳修道会 目黒共同体  

TOPへ


その他

よろずの部屋
 よろずの部屋はどなたでも自由に様々なお話合いが出来る憩いの部屋です。
今年もお気軽にご利用ください。お待ちしています。
    毎月・第2日曜日10時のミサ後13時まで
    場所・司祭館一階応接室
オリーブの会  
共助組合からのお知らせ
 当教会では1985年7月より日本共助組合のカトリック目黒教会支部として活動しています。
 教育資金や急な出費などお困りの事がありましたらご相談ください。
 また、引き続き組合員の募集、出資金の増資も受け付けております。毎週日曜日10時ミサの前後司祭館1階奥のコピーのある部屋で開いておりますのでお立ち寄りください。
病人、高齢者への訪問
 病気のため、高齢のために教会にいらっしゃることができない方たちのために、御聖体をおもちいたします。ご希望される方、またそのような方をご存じの方は司祭までご連絡ください。交通費などのお心遣いは必要ございません。

受洗 2名 転入 3名
結婚 転出 1名
帰天 3名   住所・その他変更 3件
詳細は、お知らせ2月号(印刷版)をご覧ください



このぺージTOPへ
各号へジャンプします
2012年 1月号
2011年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2010年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2009年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2008年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2007年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号  12月号
2006年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2005年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2004年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2003年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2002年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2001年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2000年 10月号 11月号 12月号