1月号

司祭のことば 今月の予定 ご報告 その他

司祭のことば
 人の目はどうして前についているか

 謹賀新年。
 さて、突然ですがドラえもんの話です。
 私の好きなドラえもんのエピソードに次のようなものがあります。
 のび太くんがテストで悪い点を取って教室でひとりうなだれていると、先生が近寄ってきてのび太くんに語りかけます。
 「人の目はどうして前についているか、わかるかい?それは、前に向かって進んでいくためだよ。いつまでも後ろを見てクヨクヨしていてはダメだ。」
 のび太くんはこの言葉にじ〜んときます。読んでいた私もまたじ〜んとなってしまいました。
 年初にふさわしいすてきな話だと思いますがいかがでしょう。そうでもないですか。「じ〜んとくるほどの話でもない、目で見ることができる前の方に向かっていくのは当たり前だ、人生も同じで前へ前へと進んでいくものだ」、そんな感想でしょうか。
 確かに私たちは、基本的に前を向いて歩んでいるようにみえます。少なくとも日本人の多くは新年を迎えて、「さぁ、この一年をどのように過ごそうか」と考えるのでしょう。元日に、過ぎ去った一年を振り返るだけで終わる人はあまり多くないように思います。
 しかし、すべての人が前を向いて生きているかというと、そうでもないようです。世界には私たちとは違った発想の人たちがいます。たとえばユダヤ人は、「後ろ向きで歩く」といわれています。常に過去に目を向けることで神の計画における我が身の立ち位置を確認し、進路を見定めているのです。しかもその過去とは、個人の人生をはるかに超えた民族の悠久の歴史です。ユダヤ人の目は後ろについているかのようです。
 そもそも、私たちが前を見て進んでいるとして、それはどれくらい前の方なのでしょう。実は、前というほど遠くを見ているのではなく、すぐ足下を見ているのではないでしょうか。とりあえず明日のこと、この一月のこと、今度の夏休みのこと、この一年間。あるいはせいぜい「学校を卒業したら」とか「結婚したら」とか「退職したら」といったレベルでしょう。一生を見通している人など、そうはいません。
 しかし、私たちキリスト者が目を向けるべきは、もっともっと先の方です。限りあるこの地上での生涯だけではないはずです。自分自身で歩む人生の道程のその先にある、神とともにある永遠のいのちを見晴るかすことこそが、私たちにとって真に前に向かうことなのではないでしょうか。
 キリスト者の目が前についているのは、足下だけでなく、後ろだけでもなく、光り輝くはるか前方を見据えて歩んでいくためなのです。
助任司祭   伊藤 淳  

TOPへ


今月の予定


元日ミサ   1月 1日(日)
 神の母聖マリア・世界平和の日 0時(英語)、7時30分、10時、12時(英語)、17時です。
10時のミサ後アンセルモホールでお屠蘇をどうぞ。
一粒会献金   1月 1日(日)
 今月は1日、第1日曜日のミサ献金の半分を神学生養成のための一粒会献金といたします。ご協力ください。
初金ミサ   1月 6日(金)
 10時より小聖堂にて行います。
新年会   1月 8日(日)
 10時のミサ後、新年会をアンセルモホールで行います。皆様お誘い合わせの上、多数ご参加下さい。
(パーティー担当はA地区)
新成人の祝福   1月 8日(日)
 10時のミサで新成人の祝福を行ないます。
 1991年4月2日から1992年4月1日までに生まれた方々にはすでに往復はがきでご案内いたしましたが、もし別の数え方で該当する方がおられましたら、遠慮なく教会事務所に申し出て、ご参加下さい。ご連絡は早めにお願いいたします。
信徒総会   1月22日(日)
1月22日 10時のミサ後、信徒総会を行います。
2011年度の活動報告、決算報告 および2012年度新委員の承認、予算の承認等を行います。皆様どうぞご参加ください。
カトリック児童福祉の日   1月29日(日)
 子どもたちが使徒職に目覚め、思いやりのある人間に成長することを願って制定されました。この日はまず第一に、子どもたちが自分たちの幸せだけでなく世界中の子どもたちの幸せを願い、そのために祈り、犠牲や献金をささげます。毎日のおやつや買いたいものなどを我慢してためた子供たち自身のお小遣いの中から献金することが勧められています。日本では、各教会だけでなく、カトリック系の幼稚園や保育園の大勢の子供たちがこの日の献金に協力しています。
 この日の献金は全世界からローマ教皇庁に送られ、世界各地の恵まれない子供たちのために使われます。
ご協力ください。
    
TOPへ


ご報告

 
  ご報告
 11月20日のミャンマー教会のための献金179,610円は、11月28日に、12月4日の宣教地司祭育成献金179,750円は12月12日大司教館へ送金いたしました。ご協力ありがとうございました。
クリスマスミニバザー報告
 11月27日(日)のクリスマスミニバザーには多くのご協力をいただきましてありがとうございました。123,520円もの収益がありました。白河教会「みみずく」の皆さまへ活動支援金として送らせていただきました。          
アミティエ & 日曜学校 
チャリティーコンサート報告
 12月17日(土)のチャリティーコンサートに多くの皆さまの参加ありがとうございました。お陰様で175,000円のご寄付が集まりました。福島から東京に避難してこられた世帯をサポートしているネットワークグループ「きらきら星ネット」へ活動資金として送金いたします。ご報告、お礼申し上げます。
運営委員会 

TOPへ


その他

事務所からのお願い
 12月29日(木)から1月5日(木)まで 事務所は休みます。各種手続きは1月5日以降にお願いします。
よろずの部屋からのお知らせ
あけましておめでとうございます。
よろずの部屋はどなたでも自由に様々なお話合いが出来る憩いの部屋です。今年もお気軽にご利用ください。お待ちしています。
 毎月・第2日曜日10時のミサ後13時まで
 場所・司祭館一階応接室
オリーブの会  
病人、高齢者への訪問
 病気のため、高齢のために教会にいらっしゃることができない方たちのために、御聖体をおもちいたします。ご希望される方、またそのような方をご存じの方は司祭までご連絡ください。交通費などのお心遣いは必要ございません。

受洗 転入 3名
結婚 転出 2名
帰天 1名   住所・その他変更 3件
詳細は、お知らせ1月号(印刷版)をご覧ください



このぺージTOPへ
各号へジャンプします
2011年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2010年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2009年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2008年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2007年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号  12月号
2006年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2005年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2004年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2003年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2002年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2001年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2000年 10月号 11月号 12月号