12月号

司祭のことば 今月の予定 ご報告 その他

司祭のことば
  待降節―神の無償の愛を発見する時期

 毎年 教会はクリスマスの準備として、その前の四週間の間に待降節を祝います。この季節の祭服は紫です。この色は、希望と質素を意味します。この時は、待ち望み期待する時期です。教会はイエズスキリストを信じようとする人に救いの約束します。信者は“将来”に平和、正義、連帯感、愛、真理が実現される神の国を信じ待ち望んでいますます。イエズスは追放された人、盲人、歩けない人、病気の人に癒しと救い, 又豊かな命を約束されます。私の中で又国、人類の中でその癒しと豊かな命、そして罪と悪の解放を“必要”とするなら この待降節の間に善を行い全ての悪と戦いながら 心の大望の声を聴く時です。でも現代の多くの人は“今日だけ”の繁栄に心を取られています。満足している人はイエズスに何も希望しません。
 さて、待降節間に どのような態度をとればいいでしょうか。
1.希望に目覚める事
 信者は神の恵み(神の国)を待ち望み そしてそれが実現するように戦い 苦しんでも悪に抵抗し、そして何よりも約束することを実現する神様を信頼します。神様が全ての悪から良い恵みを生じることを信じます。これはクリスチャンの希望です。
2.主の道を整える事
 このメッセージはイザヤ預言者を通して与えられています。「あなたたちは今苦しみと沈黙のうちに国を離れて生きています。その間 自分の罪又神様を離れた事を反省して苦しんでいる。けれども“喜びなさい”神様があなた達を愛しあなた達を国に戻すように約束しました。信仰をしっかり守って忠実に生きるようにがんばって下さい。神様があなた達と共にいらっしゃいます」。
3.喜ぶ事
 社会のクリスマス時期は特に消費主義と見せ物を通して楽しむ時ですが、クリスマスの時に喜ぶのは神様が私達と共にいて下さるからです。信者は自分の貧しさ、弱さ、小ささ、罪の深さを自覚しながら 神の愛を深く味わいそして自分の中にある悪よりもその愛は強いものだと確信しています。そういう訳で喜びます。自分の生活又歴史の中で結局神様の愛が勝つことになります。
4.祈る事
 この祈りは 主祷文などを繰り返すよりも、自分の人生を自覚して祈ることです。神様の前で私の弱さ、苦しみ、罪、乏しさをもたらして、そしてその私の生活の中で神様が“既に”働いていることを黙想することです。つまり、現実の中で私の惨めさと私への神の強い愛のしるしを見分けることです。
5.忍耐を学ぶ事
 この忍耐は農夫と妊娠した女の忍耐に似ています。種を蒔いて実りを待ち望みます。農夫は激しく働き実を待ちます。妊娠した女は細かい配慮をし準備しますが、全て天(神様)によるものです。その希望は、緊張と不安に満ちた希望で、苦悩と苦しみも耐え忍びます。現代の人はこの忍耐を学んでいません。インスタント(即座、即席)の繁栄を望んでいます。
待降節の人物
聖霊。
 聖霊の働きによって私達は自分の罪を認め, 同時に強く神様に愛されていることを実感させられます。そして現実の中でより良い将来のために働くように導いて下さる方です。
神の言葉。
 聖書はイスラエルの罪の歴史でありながら、イスラエルへの神の愛の歴史を物語っています。みことばを黙想しながら自分の姿がイスラエルに反映されています。
マリア様。
 彼女はみことば(イエズス)を受け入れ奉仕し、自分の全てをそれに奉げます。
預言者達と洗礼者ヨハネ。
 彼は、質素な生活をしながら、他人(イエズス)をさして「あの方は栄え、私はおとろえなければならない」と教えました。
 “待降節“は自分の人生を祈りながら、それを見分けることです。自分の歴史、又教会、人類の中でも、神の国が神様のみ業によって”既に”来ている事を自覚することです。  
ヘロニモ

TOPへ


今月の予定


宣教地司祭育成の日の特別献金 12月 3日(日)
この日の献金はローマ教皇庁に集められ、全世界の宣教地の司祭育成のために援助金として送られます。
 一粒会献金は 今月はお休みいたします。
クリスマスツリーの飾りつけに参加して下さい! 12月15日(金)18時〜
目黒教会の大きな木の飾りつけは、楽しくまた大変な仕事です。高いはしごに登れる若い方(特に男性)のご協力をお願いいたします。 
日時 12月15日(金)18時から
半日黙想会 12月17日(日)
指導:後藤文雄神父(神言会)
場所:聖堂およびアンセルモホール
プログラム:10:00 ミサ、11:15個別のゆるしの秘跡、12:00昼食、 13:00講話(アンセルモホール)、14:10聖体賛美式
主の降誕(クリスマス)を迎える準備としてどうぞご利用下さい。
昼食は各自でご用意ください。

TOPへ


ご報告

世界宣教の日の献金
世界宣教の日の献金197,299円は11月7日大司教館へ送金いたしました。ご協力ありがとうございました。

TOPへ


その他
施設使用についてのお願い
アンセルモホール、メリーホール、旧幼稚園職員室の改装が終了しました。今後、施設を使用する場合には事務所にそなえつけの「施設使用申込書」を使って事前に申し込んでください。口頭での申し込みは原則として受け付けません。なお、すでに定期的に施設を使用しているグループも申込書をご提出ください。しめきりは11月末日です(厳守)。よろしくご協力お願いします。    主任司祭
CTICよりお願い
外国人の方の自立を助けるためにベルマークを集めています。どうぞご協力ください。ベルマークは教会事務所にお届けください。

受洗 1名 転入 4名
結婚 1組 住所・その他変更 1件
帰天 1名


このぺージTOPへ
各号へジャンプします
2003年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
2002年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2001年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2000年 10月号 11月号 12月号