11月号

司祭のことば 今月の予定 ご報告 その他

司祭のことば
 堅信準備合宿

  10月17日、港・品川宣教協力体の合同堅信式が高輪教会にて執り行われましたが、それに先立つ10月2〜3日、中高生受堅者のために堅信準備合宿を行いました。
 指導者は私。けれども、この合宿を実際に切り盛りしてくれたのは麻布・高輪・目黒三教会の青年リーダーたちでした。彼らは参加者によりよい体験をしてもらうべく、食事の献立からゲームの内容、分かち合いの方法、ミサの歌、掃除の分担まで、ありとあらゆることを考えてくれました。
 そんな真心こもった合宿でしたから、神様の愛もたっぷりと注がれたようで、様々な場面で聖霊の働きを感じることができました。
 たとえば、分かち合いを前に思いがけず時間が空いたときのことです。ひとりのリーダーが中高生に「みんな、神様を信じてる?」と突然問いかけました。あまりに単純素朴な問いだったので私は面食らいました。当然のことながら中高生たちは「信じてる」と答えます。するとリーダーは次の質問を発しました。「じゃ、お父さんやお母さんを信じてる?」中高生たちは再び「うん、信じてる」。その答えを聞いてリーダーは「両方『信じてる』って言ったけど、両方同じ意味の『信じてる』かなぁ」と訊ねます。中高生は考え込んでしまいました。彼女は続けます。「みんなが『神を信じてる』って言うのは、神の“存在”を信じてるっていう意味なんじゃないかな?でも『親を信じてる』って言うときはどぉ?親の“存在”を信じてるの?そうじゃなくて“信頼してる”って意味なんじゃない?」
 「お〜、ナルホドッ!」と私(心の中で)。堅信を受けるということは、“神の存在を信じる”レベルから“神を信頼する”レベルへと信仰を深めることだと言えるかもしれません。なかなか上手なたとえです。私は彼女を称賛しました。ところが当人は「咄嗟のことで何を話したらいいか分からなかったけど、パッと思いついたことを話しちゃった」と言うのです。
 これぞ聖霊のお導き!ならば私も!と、それまで使っていた堅信準備用テキストを思い切って捨て、聖霊に委ねて、心に浮かんだ最も単純で最も核心的なことだけを中高生に伝えることにしました。つまり、堅信の秘跡を受けるということは、洗礼を受けて神の“子”となった人が、今度は信仰において“おとな”になるということであり、これまでは信者で“ある”ことすなわち“be”でよかったのが、堅信を受けた以上は信者として“する”ことすなわち“do”が求められるのだ、ということを、繰り返し話したのです。
 このアイデアは、準備したものではなくその場で思いついたものだったのですが、思いがけず中高生たちの心に残ったらしく、彼らの分かち合いや堅信式でのスピーチに反映されていました。(beとdoの例は中学1年生にはよく分からなかったようですが・・・。)
 青年リーダーの話も私の話も、人間の思考や計画を超えて聖霊が導いてくださった結果なのでしょう。秘跡を通して神様が働かれるということに、あらためて思い至らされた堅信準備合宿でした。               
助任司祭   伊藤 淳  

TOPへ


今月の予定


諸聖人の祭日  11月 1日(月)
 ミサ7:30、19:00(奏楽)
死者の日  11月 2日(火)
 当教会の追悼ミサは11月7日(日)に行います。
初金ミサ  11月 5日(金)
 10時より小聖堂にて行います。
物故者追悼ミサ  11月 7日(日)
 10時のミサで、この一年間に亡くなられた方々と、故人となられた皆様のご家族、ご友人を記念して目黒教会共同体全体で特別に祈ります。また、ミサに引き続き、ご遺骨が納骨堂に安置されておられる方々のために、納骨堂で祈りを捧げます。
一粒会献金  11月 7日(日)
 今月は7日、第1日曜日のミサ献金の半分を神学生養成のための一粒会献金と致します。ご協力ください。
典礼連絡会  11月 7日(日)
 10時ミサ後の納骨堂にて祈りの後、司祭館1階集会室にて行います。
東京教区合同追悼ミサ  11月 7日(日)
午後2時より
 @東京カテドラル聖マリア大聖堂
 Aカトリック府中墓地・納骨堂内聖堂
 Bカトリック五日市霊園 あきる野教会聖堂
※車でのご来場はお控えください。
七 五 三  11月14日(日)
 10時のミサで、七五三を迎える子どもたちとミサに参加する子ども全員に祝福をいただきます。七五三を迎えるお子さまには往復葉書でご案内しました。違う数え方で該当する方がありましたら、事務所にお申し出ください。準備の都合上、ご連絡は早めにお願いいたします。
ミャンマーデー  11月21日(日)
 この日の祈りと献金はミャンマーの神学生養成に使われます。
    
TOPへ


ご報告

 
  おめでとう −受堅−
 10月17日(日)港・品川宣教協力体合同堅信式が岡田大司教司式により高輪教会で行われ目黒教会からは9人の方が受堅なさいました。
ご報告
 世界難民移住移動者の日の特別献金218,185円は、10月5日大司教館に送金いたしました。ご協力ありがとうございました。

TOPへ


その他

奉納祈願について
 司祭による祈りへの招きと奉納祈願の間は『ミサ典礼書』の原則にそって、会衆は沈黙のうちに祈るようにお願いします。混乱を避けるため、目黒教会では「神の栄光と賛美のため・・・」という祈りは唱えないように統一いたします。
第1地区ならびに第3地区の皆様
 12月4日(土曜日)午後6時より第1地区と第3地区の合同親睦会をメリーホールで開催いたします。料理は皆様の持ち寄りとし、飲み物代として500円程度頂く予定です。同親睦会の準備のための簡単な打ち合わせを11月21日(日曜日)10時のミサ後のコーヒーサンデーの場をお借りして行いたいと思います。お時間のある方は奮ってご参加くださいますようお願いいたします。
第1地区・第3地区委員  
ほっとする時を過ごせるよろずの部屋のご案内
 毎月第2日曜日(11月は14日)10時のミサ後、13時まで。司祭館応接室で開いてます。皆様のお立ち寄りをお待ちしてます。
オリーブの会  
病人、高齢者への訪問
 病気のため、高齢のために教会にいらっしゃることができない方たちのために、御聖体をおもちいたします。ご希望される方、またそのような方をご存じの方は司祭までご連絡ください。交通費などのお心遣いは必要ございません。

受洗 転入 4名
結婚 転出
帰天 3名   住所・その他変更 1件
詳細は、お知らせ11月号(印刷版)をご覧ください



このぺージTOPへ
各号へジャンプします
2010年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号
2009年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2008年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2007年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号  12月号
2006年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2005年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2004年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2003年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2002年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2001年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2000年 10月号 11月号 12月号