10月号

司祭のことば 今月の予定 ご報告 その他

司祭のことば
 はじめまして。
イエズス会神学生の村山兵衛と申します。東京中野区出身で27歳です。2004年に東京の初台教会で洗礼を受けました。2年半前に聖フランシスコ・ザビエルでおなじみのイエズス会に入会し、2年間の修練期(修業期間)を経て今年3月に清貧・貞潔・従順の修道三誓願を立てて、現在は中野区にあるイエズス会の神学生の共同体の家で約15人の神父、神学生たちと共に生活し、上智大学にかよって勉強しています。
 今年4月から目黒教会で日曜日10時のミサに奉仕者の一人として参加しております。レオ神父さまや伊藤神父さまの司式されるミサに、侍者の皆さんと一緒の席でミサにあずかっております。一番幸せに感じるのは、ご聖体をお配りになる神父さまの横に立っている時です。教会の皆さんと一緒にミサにあずかるたびに、自分の召命の原点を確認し、実感させていただいているからです。
 10時のミサ後は、12時の英語ミサに来るこどもたちのための日曜学校をお手伝いしております。大勢の子どもたちの名前を覚えるのは至難の業。何度も名前を間違えて、子供たちに怒られてしまうこともしばしば。こどもたちはみんな元気で、わたしも元気をいただいております。彼らから、いろいろなことを教えてもらっています。
 この夏休みには、8月6日から8日まで那須にて、麻布、高輪、目黒の3教会の中高生会の合宿にも参加させていただきました。伊藤神父さまやリーダーたちの綿密な計画のもとで凝縮した体験をした中高生たちの幸せそうな笑顔が印象的でした。8月31日の夕方には納涼会も開かれ、スイカ割りや花火をして夏の最後の余韻を楽しみました。本当に貴重な体験をさせていただいているのだと思います。
 しばしばお会いした方から「いつ神父になりますか」と質問されます。実際は勉学を始めて間もない哲学一年生(神学を4年勉強する前の2〜3年にわたる哲学勉強の1年目)ですので、残念ながらまだまだ先のことです。何よりも、こればっかりは神さまの恵みとお支えがなければ続けられない信仰の勉学の道です。自分の力の限界に日々向き合わされながら、多くの方の祈りと犠牲に支えられて、感謝のうちに、頭を悩ませながら勉強しております。貧しく弱い者、欠点だらけの人間をもちいて素晴らしいことをおこなわれるのは、神さまのいつものやり方です。小さな存在ですが、皆様に手とり足とり教えていただきながら、いつかイエズス会の神父になって日本の、世界のカトリック教会のために微力をつくして働きたく思っております。教区司祭や修道司祭になる神学生や、ブラザー、シスターを目指す若者が教会の中から生まれますようにご一緒に祈りましょう。
 感謝と喜びのうちに。 
 イエズス会 村山 兵衛  

TOPへ


今月の予定


初金ミサ  10月 1日(金)
 10時より小聖堂にて行います。
一粒会献金  10月 3日(日)
 今月は3日、第1日曜日のミサ献金の半分を神学生養成のための一粒会献金といたします。ご協力ください。
港・品川宣教協力体合同堅信式  10月17日(日)
 岡田大司教司式のもと10:00より高輪教会でおこなわれます。
世界宣教の日特別献金  10月24日(日)
 キリストを伝えること、宣教は、神の子ども、キリストの弟子となったわたしたち皆に与えられている使命です。この日の献金は、各国からローマに送られ、世界中の宣教地に援助金として送られますが、日本の教会は、未だに海外から多くの援助を受けています。日本の教会が外国からの支援に頼るのではなく、経済的に恵まれない国々での宣教活動を支援することができるところまで成長するためにもご協力ください。
    
TOPへ


ご報告

 
  ご報告
 9月12日のパキスタン洪水救援募金は54,910円でした。教会会計より寄付援助費をプラスして200,000円を主任司祭にお渡しし、近々送金の予定です。ご協力に感謝いたします。
「人生の実りに感謝する集い」パーティー報告
 招待者、その他の方々合わせて約80名ほどの参加があり着席式で和やかに行われた。例年通り聖歌隊の皆様の歌「ビゼーの小さな木の実」など美しいハーモニーも楽しませていただいた。
 担当地区は4・5地区でメニューの品数や量も丁度良く手際よく準備が整った。
ペットボトルのキャップ第28回目の回収報告
今回は8月5日に回収された分です。
  
  ポリオワクチン 60人分
  CO2削減 378kg

 今回の分は大半が8月1日に権之助坂商店街が目黒駅前でおこなわれた盆踊り大会で集めてくださったものです。
 いつも皆様のご協力に感謝しております。これからもよろしくお願い致します。
ヌヴェール愛徳修道会 目黒共同体  

TOPへ


その他

「死者の日」
  当教会の物故者追悼ミサは、11月7日(日)10:00より行います。なお、10月10日(日)より、聖堂うしろに用紙を置きますので、皆様の故人となられたご家族、ご友人(受洗されてなくてもかまいません)で祈ってほしい方の御名前を書いて、教会事務所までお持ちください。
よろずの部屋
 10月10日(日)10時のミサ後から13時まで、司祭館応接室です。どうぞお気軽にお立ち寄りください。
オリーブの会  
病人、高齢者への訪問
 病気のため、高齢のために教会にいらっしゃることができない方たちのために、御聖体をおもちいたします。ご希望される方、またそのような方をご存じの方は司祭までご連絡ください。交通費などのお心遣いは必要ございません。

受洗 1名 転入 2名
結婚 1組 転出 1名
帰天 3名   住所・その他変更
詳細は、お知らせ10月号(印刷版)をご覧ください



このぺージTOPへ
各号へジャンプします
2010年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号
2009年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2008年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2007年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号  12月号
2006年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2005年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2004年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2003年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2002年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2001年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2000年 10月号 11月号 12月号