8月号

司祭のことば 今月の予定 ご報告 その他

司祭のことば
 ワールドカップと神の国の建設
  世人のようには流行に踊らされないことをもってよしとする私ではありますが、今回のサッカー・ワールドカップに関しましては、少なからず興奮し感動してしまいました。面目ありません。
 しかしそこはヘソ曲がりの私、何よりも感動したのは、本田選手の決勝ゴールでも川島選手のファインセーブでも岡田監督(大司教様とはアカの他人)の采配の妙でもなく、パラグアイとの戦いに敗れた後の日本代表チームの姿でありました。
 PK戦となり、跪いて肩を組み祈っていた日本選手たちは、敗北が決まると組んでいた肩から腕を下ろし、それぞれうなだれたり、突っ伏したり、顔を覆ったりしてしまいました。ところが直に、控え選手たちがうずくまる正選手たちに声をかけ始め、抱き起こし、肩をたたき、やがて全員が胸を張って横一列に並んだのです。
 日本代表になりながらワールドカップ本戦のひのき舞台に立つことができず、正選手の活躍をベンチで見守るしかなかった彼ら控え選手たちが、明るく優しく慰め励ます姿に、私は神の国の建設の姿を見る思いがしました。
 ワールドカップを成り立たせているのは、ピッチを駆け回る選手だけではありません。控え選手や監督、コーチなども不可欠な存在です。審判もいなくては試合になりません。さらに、競技場を整備する人、観客のために働く人など、直接間接の関係者がそれぞれの役割をきちんとこなすことによって、初めてワールドカップは成立するのです。派手か地味かの違いはあっても、重要性に差はありません。控え選手が正選手を妬んだり、主審が副審を見下したりしていては、素晴らしい大会にはならないでしょう。
 同様に、人はそれぞれに与えられたもの、すなわちタレントで神の国の建設にたずさわります。タレントが個々に異なり、一人ひとり働きが違うのは事実です。しかし、それぞれがそれぞれのタレントをもちいて誠実にその役割を果たし、お互いに支え合い助け合うことでこそ、神の国は豊かさに満ち溢れるものに仕上がってゆくのだと思います。そして、その完成のとき、慈愛に満ちた神はすべての誠実な働き手を抱きしめておっしゃるでしょう。
 「忠実な良い僕だ。よくやった。お前は少しのものに忠実であったから、多くのものを管理させよう。主人と一緒に喜んでくれ。」(マタイ25:21、23)
 助任司祭   伊藤 淳  

TOPへ


今月の予定


一粒会献金  8月 1日(日)
  今月は1日、第1日曜日のミサ献金の半分を神学生養成のための一粒会献金といたします。ご協力ください。
初金ミサ  8月 6日(金)
 10時より小聖堂にて行います。
聖母被昇天の祭日  8月15日(日)
ミサは7:30、10:00、12:00(英語)、17:00
平和旬間2010
「平和を実現する人々は幸い」
− 非暴力による平和 −
2010年8月6日(金)〜15日(日)

平和旬間2010にあたって
 1981年、教皇ヨハネ・パウロ2 世は広島の地で「戦争は人間の仕業です。戦争は人間の生命の破壊です。戦争は死です。」と訴えられました。この広島での平和アピールにこたえて日本の司教団は平和旬間を定めました。広島に原爆が投下された8月6日から8月9日の長崎の原爆投下をはさんで太平洋戦争敗戦に至る8月15日までの10日間を、とりわけ平和のために祈り、平和について学び、行動する期間としています。
 2010年は戦後65年。昨年のオバマ大統領のプラハ演説以降、核兵器廃絶に向けた動きが全世界の注目を集めています。この動きのなかで、2005年の司教団メッセージ「非暴力による平和」の精神を思い起こして、東京教区の平和旬間委員会は今年のテーマを「非暴力による平和」としました。※行事の詳細はパンフレットまたは掲示板をご覧ください。
納涼☆ビアパーティー
8月15日(日)5時ミサ後、
司祭館中庭にて。
会費:1,000円、子ども500円
楽しいパーティーを計画中です。
 皆様お誘い合わせの上ご参加ください。 
前売り割引のチケットを販売しています。詳しくはコーヒーサンデーのスタッフにお尋ねください。
 なお、準備はコーヒーサンデーと有志で行います。
    
TOPへ


ご報告

 
  ご報告
 聖ペトロ聖座への特別献金202,440円は、7月6日大司教館へ送金いたしました。ご協力ありがとうございました。
ペットボトルのキャップ第26回目の回収報告
 今回は6月22日に回収された分です。

  ポリオワクチン 60人分
  CO2削減 380.5kg

 いつもご協力ありがとうございます。
 お願いがございます。
キャップはPPと表示されているものに限ります。近ごろ、アルミのものとか、その他いろいろのものが混ざっていることが多くなってきました。その点どうぞよろしくお願い申し上げます。
ヌヴェール愛徳修道会 目黒共同体  

TOPへ


その他

港・品川宣教協力体合同堅信式
 10月17日(日)岡田大司教司式のもと10:00より高輪教会でおこなわれます。
 中高生の対象者には堅信勉強のご案内と申込書、2006年以降の成人受堅対象者には申込書をすでに発送いたしました。申込締切日8月29日(日)までに、必要欄をすべて記入の上、事務所にご提出ください。締切日厳守です。その他の受堅希望者は、聖堂うしろに用意しました説明書をお読みになり事務所にお申し込みください。
教会事務所の夏休み
教会事務所は8月の水曜日、木曜日と11日(水)から20日(金)までお休みいたします。種々の手続きは、この期間を除いた日にお願いします。この期間中、維持費はミサ中に廻される献金籠の中に入れるか、司祭に直接お 渡しください。
病人、高齢者への訪問
 病気のため、高齢のために教会にいらっしゃることができない方たちのために、御聖体をおもちいたします。ご希望される方、またそのような方をご存じの方は司祭までご連絡ください。交通費などのお心遣いは必要ございません。

受洗 5名 転入 1名
結婚 1組 転出
帰天 1名   住所・その他変更 5件
詳細は、お知らせ8月号(印刷版)をご覧ください



このぺージTOPへ
各号へジャンプします
2010年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号
2009年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2008年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2007年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号  12月号
2006年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2005年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2004年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2003年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2002年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2001年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2000年 10月号 11月号 12月号