6月号

司祭のことば 今月の予定 ご報告 その他

司祭のことば
  それから

 就職ということを具体的に考えなければならなくなったとき、以前、多摩ブロックの寺西神父様から言われた「神学校に行かないか」という言葉が、真っ先に頭に浮かびました。神父!それは当時の私にとって、憧れの職業(あえて職業と言っておきます)でした。しかし、それと同時に、私のようないい加減な人間がなってはいけない職業だとも感じていました。
 結局、周囲の仲間と同じように企業に就職し、サラリーマン生活を始めたのですが、じきに、自分が企業に不向きであることが明らかになってきました。どうしても必死になれなかったのです。
 ではどうするか。単なる転職では結果は同じだ。自分にとって、生涯をかけるべきものは何なのか。そう考えたとき、再び司祭職が頭に浮かんできました。しかし、この時も自信が持てませんでした。
 そこで思いついたのが、カトリック学校の教師という職業でした。神父ではないけれど、神父の仕事に似ていて、神様について語り伝えることのできる職業として、それはうってつけのものでした。
 さっそく大学に戻って教員免許を取得し、ある中高一貫校に勤めることになりました。
 教師は私にとってやりがいのある職業でした。福音宣教の喜びも沢山ありました。しかしやはり、神父とは似て非なるものでした。カトリック校であることから受験校であることへと学校のアイデンティティが変わっていき、志を同じくする仲間の教師たちが次々と職場を去っていく状況に直面したとき、私もまた、自分の立ち位置をはっきりさせなければならなくなりました。「塩に塩気がなくなれば、その塩は何によって塩味が付けられよう。」そもそも司祭を理想とした上で、擬似的なものとしてカトリック学校教師になったのであれば、いまや目指すものは司祭以外に残されていませんでした。もう迷いませんでした。迷っている暇もありませんでした。
 こうして、学生時代に寺西師に声をかけられてから、長い長い逡巡と放蕩の末に、私はようやく司祭の道を歩み始めたのです。
 助祭叙階式で寺西師にお礼を述べると、その後のスピーチで寺西師はニヤリと笑いながら、「伊藤に声をかけたかどうか、覚えていない。あの頃は、男には皆に声をかけていたんだ。」などと、身も蓋もないことを仰るのでした。
 助任司祭   伊藤 淳  

TOPへ


今月の予定


初金ミサ   6月 4日(金)
 10時より小聖堂にて行います。
一粒会献金   6月 6日(日)
 今月は2日、第1日曜日のミサ献金の半分を神学生養成のための一粒会献金といたします。ご協力ください。
2010年バザー   6月 6日(日)
 テーマ「心をひとつに、みんなの為に」
 日時:2010年6月6日(日)午前11時〜午後3時
 主催:目黒教会バザー委員会(インターナショナル
    共同体グループ共同開催)
 目的:@国内外の団体への支援活動
    A教会信徒、近隣コミュニティ・団体、宣教
     協力体との親睦・交流の促進
    Bカトリック目黒教会への献金
聖ペトロ使徒座への献金   6月27日(日)
(聖ペトロ 聖パウロ使徒の祭日の直前の日曜日)
 教皇は毎年、世界各地を訪問します。そして、人々の苦しみや悩みを聞き、優しい笑顔で力づけ、数々の援助を与えます。キリストの代理者、教会の最高牧者である教皇は、祈りと具体的な支援を通して全世界の人々にいつも心を注いでいるのです。この教皇に心を合わせて、わたしたちも世界中の苦しんでいる人々のために祈りと献金をささげます。教皇のこうした活動のために充てられる聖ペトロ使徒座への献金は、8世紀ごろイギリスで始まった、大人も子どもも一番小さなお金である1ペニーを毎年教皇に献金する運動がもとになって世界中に広まったものです。
    
TOPへ


ご報告

 
  ご報告
 広報の日の献金180,070円は5月18日大司教館に送金いたしました。ご協力ありがとうございました。

TOPへ


その他

フォローアップ講座
 2007年度以降に洗礼を受けた新信者の方々を対象に5月より、毎月第1、第3日曜日、12:30〜14:00、司祭館集会室にて開きます。対象の方はご出席下さい。
納涼☆ビアパーティー
   10年ぶりに復活!!
 8月15日(日)5時ミサ後、司祭館中庭にて。
 会費:1,000円、子ども500円
 楽しいパーティーを計画中です。皆様お誘い合わせの上ご参加ください。
前売り割引のチケットをコーヒーサンデーの会場で販売します。詳しくはコーヒーサンデーのスタッフにお尋ねください。
  なお、準備はコーヒーサンデーと有志で行います。
よろずの部屋
 毎月第2日曜日10時のミサ後、15時まで開いています。場所は司祭館応接室、どうぞお気軽にお立ち寄りください。    。
オリーブの会   
ペットボトルのキャップ第24回目の回収報告
 今回は4月5日に回収された分のお知らせです。
  
  ポリオワクチン 75人分
  CO2削減 471kg

 3月18日朝日新聞の『ひと』の欄に途上国の子どもたちにワクチンを届ける元・日航マン新井俊郎さんのことが出ていましたその記事の抜粋です。

 一日に4,000人、予防可能な感染症のため命を落とす子どもの数だ。数十円、数百円のワクチンがあれば助けられる。認定NPO法人「世界の子どもにワクチンを 日本委員会」の事務局長として国内外を駆け回る。善意の募金はワクチンに替え、途上国に直接届ける。 支援先に頻繁に足を運ぶ。2月にはミャンマーの農村を訪れた。村の小さな保険施設があった。生後数ヶ月の赤ちゃんを抱え遠くからやってきた母親が予防接種の順番を待っていた。注射に子どもがわっと泣き出す。母親はあやしながらほっとした表情を見せる。支援を続けてよかったとその時思う。
 
 小さな支援ですが皆様のご協力で続けていけることを嬉しく思います。
これからもよろしくお願い致します。
ヌヴェール愛徳修道会 目黒共同体
病人、高齢者への訪問
 病気のため、高齢のために教会にいらっしゃることができない方たちのために、御聖体をおもちいたします。ご希望される方、またそのような方をご存じの方は司祭までご連絡ください。
交通費などのお心遣いは必要ございません。

受洗 転入 3名
結婚 1組 転出 1名
帰天 3名   住所・その他変更 6件
詳細は、お知らせ6月号(印刷版)をご覧ください



このぺージTOPへ
各号へジャンプします
2010年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号
2009年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2008年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2007年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号  12月号
2006年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2005年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2004年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2003年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2002年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2001年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2000年 10月号 11月号 12月号