1月号

司祭のことば 今月の予定 ご報告 その他

司祭のことば
  教会の土台

 「わたし(パウロ)は、神からいただいた恵によって、熟練した建築家のように土台を据えました。そして、他の人がその上に家を建てています。」(コリントI 3-10)
 聖パウロは、福音を広める宣教活動を表わすのに、家を建てるイメージを使っています。教会は、まず土台が、そして床、壁、屋根を必要とする霊的な建物であります。聖パウロ自身が、地中海沿いの多くの都市にキリスト教共同体の基礎を据えていった、要となる福音建築家でありました。そして他の弟子たちが、パウロの基礎の上に建築をし大きくしていったように、この共同体を支持し励ましていったのです。勿論この時代には教会の建物はありませんでした。共同体は川岸の、特に迫害の時代には洞穴の個人の家に集まっていたのです。教会は先に共同体に現れて、そしてそれから建物の形をとっていきました。
 目黒教会の建物を想うとき、私は精神面の建築家であるヒルデブランド神父と、聖堂と幼稚園の実際の建築家であるアントニン・レーモンド氏を想いうかべます。ヒルデブランド神父は、目黒小教区の基礎を築く為に計り知れない勇気と、忍耐と、そして信仰を必要としました。すべての物が欠乏していた戦後の苦難の時代に、ヒルデブランド神父は新しい小教区を造り、東京の失意の人々に福音をもたらそうと堅く決心したのです。彼のイニシアチブと力強さにより、土地を購入し、修道院をたて、そして私達の小教区の霊的基礎を築くことができたのです。
 レーモンドが最初に日本に来たのは1919年で、そして日本の伝統的建築に大きな感銘をうけました。この古いスタイルと近代的な資材との結合に、彼は偉大なオリジナリティと勇気をみせ、新しい建築様式の先駆者となりました。戦時中彼はアメリカにいましたが1948年に日本に戻り、すぐに東京の再建を手伝う超多忙人になりました。彼は多才な人間で、特に教会の建築に関して、多大の引合をうけました。
 私はヒルデブランド神父にもレーモンド氏にも会ったことはありません。しかし想像するに彼等は多くの面で似ていたのではないかと思います。二人とも中部ヨーロッパの出身で強い個性をもっています。彼等はイニシアチブ(主導権)とビジョンをもつ強いリーダーです。二人とも日本で長く働いた経験を持ち、そして目黒での新しい教会が彼等を引合せました。私は彼等が建物や建築について幾つかの(たぶん多くの)議論をたたかわせたであろうと容易に想像できます。しかし、この二人の建築家のおかげで私達は典礼と祈りのための神聖で美しい場所をもっているのです。
 基礎が偉大な二人によって据えられました。そして私達は、目黒に神の教会を作り上げていくことを、続けていかなければならないのです。   
 主任司祭    レオ・シューマカ  

TOPへ


今月の予定


元旦ミサ(守るべき祝日)   1月 1日(金)
 神の母聖マリア・世界平和の日 0時(英語)、11時です。11時のミサ後アンセルモホールでお屠蘇をどうぞ。
初金ミサ   1月 1日(金)
 今月は1日ですので元旦ミサにお与りください。
一粒会献金   1月 3日(日)
 今月は3日、第1日曜日のミサ献金の半分を神学生養成のための一粒会献金といたします。ご協力ください。
新年会   1月10日(日)
 10時のミサ後、新年会をアンセルモホールで行います。皆様お誘い合わせの上、多数ご参加下さい。(パーティー担当は第1地区、第4地区)
新成人の祝福   1月10日(日)
 10時のミサで新成人の祝福を行ないます。
 1989年4月2日から1990年4月1日までに生まれた方々にはすでに往復はがきでご案内いたしましたが、もし別の数え方で該当する方がおられましたら、遠慮なく教会事務所に申し出て、ご参加下さい。ご連絡は早めにお願いいたします。
カトリック児童福祉の日   1月31日(日)
 子どもたちが使徒職に目覚め、思いやりのある人間に成長することを願って制定されました。この日はまず第一に、子どもたちが自分たちの幸せだけでなく世界中の子どもたちの幸せを願い、そのために祈り、犠牲や献金をささげます。毎日のおやつや買いたいものなどを我慢してためた子供たち自身のお小遣いの中から献金することが勧められています。日本では、各教会だけでなく、カトリック系の幼稚園や保育園の大勢の子供たちがこの日の献金に協力しています。
 この日の献金は全世界からローマ教皇庁に送られ、世界各地の恵まれない子供たちのために使われます。
ご協力ください。
信徒総会   1月31日(日)
 1月31日 10時のミサ後、信徒総会を行います。
2009年度の活動報告、決算報告 および2010年度新委員の承認、予算の承認等を行います。皆様どうぞご参加ください。
    
TOPへ


ご報告

 
  ご報告
 宣教地司祭育成献金170,025円は12月15日、大司教館へ送金いたしました。
ご協力ありがとうございました。

TOPへ


その他

事務所からのお願い
 12月30日(水)から1月3日(日)まで 事務所は休みます。各種手続きは1月4日以降にお願いします。
「よろずの部屋」を開設します
 今月(1月)より毎月第2日曜日(10時のミサ後)司祭館応接室にて、「オリーブの会」が教会で誰かとゆっくり気軽に話し合える場として「よろずの部屋」を開くことに致しました。どうぞ、お気軽にお立ち寄りください。詳細は聖堂入り口に置きます、チラシをご覧ください。
 「オリーブの会」は11月の教会委員会で報告のあったとおり、病気・高齢の方々への訪問やご聖体をお届けする活動を行っています。
担当:シスター三浦(ヌヴェール愛徳修道会)  
病人、高齢者への訪問
 病気のため、高齢のために教会にいらっしゃることができない方たちのために、御聖体をおもちいたします。ご希望される方、またそのような方をご存じの方は司祭までご連絡ください。
交通費などのお心遣いは必要ございません。

受洗 転入 4名
結婚 転出 1名
帰天 1名   住所・その他変更 2件
詳細は、お知らせ1月号(印刷版)をご覧ください



このぺージTOPへ
各号へジャンプします
2009年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2008年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2007年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号  12月号
2006年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2005年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2004年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2003年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2002年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2001年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2000年 10月号 11月号 12月号