1月号

司祭のことば 今月の予定 ご報告 その他

司祭のことば
  神の愛に希望をおいて生きる

 神のいのちが人間のいのちとなって生まれてきたことを信じる信仰をお祝いするのがクリスマスです。なぜ、神のいのちが人間のいのちとなって生まれてきたのでしょうか。それは神が人間を愛しているからです。
 神が人間を愛しているとはいったいどういうことなのでしょう。
 作家の向田邦子さんの短いエッセイに次のようなものがあったように記憶しています。「ゆでたまご」からの連想で彼女は小学校の頃の運動会を思い出すと書いていました。
 「同級生に足の不自由な女の子がいました。歩くと体全体が波打つような感じでした。女の子の家は貧しい暮らし向きとみえて着ている服の襟や袖は垢でピカピカ光っていました。性格もひねくれていてクラスの皆から疎まれていました。悪いとは思いながらも、彼女にやさしく接することはありませんでした。
 運動会。足が不自由なので徒競走に出ても彼女はいつもとびきりのビリでした。友だちがゴールインしてもまだひとりで走っていました。そんな自分の姿が惨めに思えたのでしょうか、女の子は途中で走るのをやめようとしました。そのとき突然、一人の女の先生が飛び出してきて女の子と一緒に走りはじめました。口うるさいということで生徒たちに一番人気のない先生でした。」
 「やむにやまれぬ衝動、それが愛ということでしょうか。」向田さんはエッセイの最後をそのように結んでおります。
 愛とはやむにやまれぬ衝動。愛とは人の痛みや苦しみや悲しみに共感する心です。人を愛するとは相手の痛みや苦しみや悲しみを自分のこととして受けとめ手をさしのべていくことです。
 日々の生活のなかで悩んだり苦しんだり倒れてしまいそうになるわたしたち人間の現実の姿を黙って見ていることができなくて、神のいのちが人間のいのちとなって生まれてきました。「わたしはいつもあなたと一緒に走っているよ。だから人生をあきらめないで」と励ますためにです。神が人間を愛しているとはそういうことではないでしょうか。
 わたしたちはどうしようもない自分を見ることがあります。人を愛せなかったり、ゆるせなかったり、過ちを犯してしまう自分。また、世界の悲惨な現実もあります。人と人とが憎しみ合ったり、奪い合ったり、差別したり、いじめたり。そのような自分や世界を目の当たりにするとき絶望的な気持ちにさせられます。しかし、わたしたち一人ひとりのうえにも、この世界にも神の愛はたしかにそそがれているということをあの幼子の誕生をとおして信じることができるとき生きる力と勇気が与えられます。わたしたちキリスト信者はイエス・キリストをとおして示された神の愛に信頼と希望をおいて生きるのです。
立花 昌和

TOPへ


今月の予定


元旦のミサ  神の母聖マリア・世界平和の日  1月 1日(月)
午前0時、午前11時(日本語・英語共通)
ミサ後アンセルモホールでお屠蘇をどうぞ。
新年会・誕生会・成人祝賀会  1月 7日(日)
10時のミサ後、新年会、神父様方の誕生会、成人の祝賀会を兼ねてアンセルモホールでパーティーを行います。皆様方お誘い合わせの上多数ご参加ください。
  信徒総会  1月28日(日)
10時のミサ後、信徒総会を行います。
2000年度の活動報告、決算報告および2001年度新委員の承認、予算の承認等を行いますので多数ご参加ください。
カトリック児童福祉の日  1月28日(日)
 子供たちが使徒職に目覚め、思いやりのある人間に成長することを目的として制定されました。子供たちが自分たちの幸せだけでなく世界中の子供たちの幸せを願い、そのために祈り、犠牲や献金をささげます。毎日のおやつや買いたいものなどを我慢して貯めた子供たち自身のお小遣いの中から献金することが勧められています。ご協力ください。

TOPへ


ご報告

  CTICを支援するための講演とクリスマス・コンサート
12月16日18:30よりCTIC所長大原神父の講演とクリスマス・コンサートが開催され180名以上の方がお越しくださいました。第一部の大原神父の「滞日・在日外国人の方々の問題は私達の日々の悩みと何等変わることはない」というお話は私達に気付きと反省と共感を促してくださいました。第二部のコンサートは、ハープ、フルート、バイオリン、オルガンなどの楽器と共に、男性、女性、大人、子供、外国人、日本人の区別なく、すばらしい歌声がライトアップされた聖堂に響きわたり、第一部のお話の「ともに生きることをめざして」というテーマがしっかりと心に刻まれた待降節の夕べとなりました。
 なお、当日集められた献金は150,466円でした。皆さまのご協力に感謝いたします。献金は大原神父をとおしてCTICに寄付いたしました。                   カトリック目黒教会聖歌隊  クワイヤ「近隣在住の子供達」  全員による合唱
写真をクリックすると大きく表示されます
  世界宣教の日の献金
宣教地司祭育成の日の特別献金238,416円は12月12日大司教館へ送金いたしました。ご協力ありがとうございました。

TOPへ


その他
  朝7:30のミサ
新年1月2日(火)〜6日(土)まで朝7:30のミサはお休みになりますのでご了承ください。
  事務所からのお願い
12月28日から1月5日まで事務所は休みます。各種手続きは1月6日以降にお願いします。
病人、高齢者への訪問
病気のため、高齢のために教会にいらっしゃることができない方たちのために、御聖体をおもちいたします。ご希望される方、またそのような方をご存じの方は司祭までご連絡ください。
CTICよりお願い
外国人の方の自立を助けるためにベルマークを集めています。どうぞご協力ください。ベルマークは教会事務所にお届けください。
活動グループに参加しましょう
当教会には下記のような活動グループがあります。どこに参加するのも、何ヶ所に参加するのも自由です。年度がかわりましたので興味のある方は担当委員に申し出てください。
祭壇奉仕,聖歌隊、聖堂案内、香部屋、照明音響、清掃、冠婚葬祭、日曜学校、広報、コーヒーサンデー、発送、小布、共助組合、納骨堂
2001年度委員などの詳細は、お知らせ1月号(印刷版)をご覧ください

受洗 1名 転入 3名
転出 2名 住所・その他変更 4件
帰天 1名


このぺージTOPへ
各号へジャンプします
2003年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
2002年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2001年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
2000年 10月号 11月号 12月号